コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)

  • 827人登録
  • 4.05評価
    • (56)
    • (87)
    • (35)
    • (6)
    • (0)
  • 63レビュー
著者 : 西尾泰和
  • 技術評論社 (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774156545

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある意味、プログラミング言語についての歴史本。
    なぜ自分がオブジェクト思考についてわからないかがよく分かった。そもそも、言語によってその定義が違うそうだ。そりゃ分からないはずだ・・・。
    それにしても、いろいろなプログラミング言語が登場した本だった。この著者はどれだけのプログラミング言語を使えるのだろうか。

  • 今までなんとなく理解したつもりになってた事や、何回調べても曖昧で理解できなかった事が、恐ろしく平易で分かりやすく書かれている。著者のファンになりました。

  • プログラミング言語を構成するコンセプトひとつひとつを丁寧に解説する本.そのため,プログラミング言語の進化の歴史の俯瞰と,進化の流れで生まれた複数の言語の比較を行います.
    バイナリツリーやオブジェクト指向など,プログラミング言語の習得や実装スキルの向上をする上で避けては通れないコンセプトをひと通り扱っているので,それこそ新人研修で読むべき内容だと思いました.
    大学の授業に例えて言うなら,専門科目に入る前の「概論」の授業に当たるのがこの本かと.
    特に,去年の今頃, RDB 理論の解説本のインデックス周り (B-Tree Index とか) をすげー苦労して読んでいたので,前もってこういう本で概論を押さえてたら楽だったなぁ,と思います.
    また,この本を読むと,自分が学んでいる言語の仕様が当たり前のものでなく,いろんな意図があるということが分かって理解が進む,といういう効用もあるかと思います.
    一つだけ残念なのはタイトル.「技術」というより「概念」の本なのになぁ,と.

  • 筆者の考え方には共感できるが、内容としてはプログラム言語の各構文についていくつかの言語の例を交えて順に説明していくというごく平凡なもので、私にはあまり役に立たなかった。C, C++, Java, Perl, Python, Ruby, JavaScript のうちの半分程度の言語をある程度知っている人、計算機科学の教育を受けたことがある人には不要だと思う。

    もう少し関数型言語の例を挙げれば、プログラミング言語の様々な側面を説明できると思うのに、なぜか挙げられている言語は手続き型・オブジェクト指向言語ばかり。これから手続き型orオブジェクト指向言語を学ぼうと入門書を読んだものの、仕様がよく理解できず挫折したというような人には有用なのかもしれない。

  • 説明がとてもわかりやすい。
    一つ一つのことは知っていることだけど、それを歴史や比較から説明してくれるので理解が深まる。
    対になる処理を確実に行いたい話(finallyなど)、例外の話がよかった。
    何かラクをするためにプログラミング言語があって、何をラクと考えるか、何をラクにしたいのか、言語を発明する人によって違うから、いろんな言語があるというのはおもしろいなと思った。また、ある事柄に対するアプローチも言語によって違うので、そういうことを考えながらいろんな言語を学ぶと楽しそうだなと思った。

  • プログラミング言語の歴史を紐解き,現代のモダンな言語設計の背景を解説する.出版社公式( http://bit.ly/ZLVtxa )には“一通りコードを書けるが,きれいなコードを書けている自信は持てない社会人1~2年目の新人プログラマ,学生”とある通り,難しいアカデミックな話は少な目.普段から複数のプログラミング言語を使用している人なら,既に知っている話がほとんどだと思う.
    第10章「並行処理」や第11章「オブジェクトとクラス」は,いろんなプログラミング言語を横断してきれいに解説していて,とても読み応えが合った.並列処理のアセンブリレベルでの解決はスルーされていたり,Mixin/Traitの具体例が少なかったりと,あくまでの概要レベルでの話に落ち着いている.今のモダンな言語設計とその背景を効率よく学べる良書だと思う.
    各言語でのnull/nilの扱いくらいはあってもよいのでは?と思った.

  • プログラミング言語の成り立ちを深いところから再確認できる内容。
    文章が読みやすく短期間で読むことが出来ました。
    ベテランとプログラミング初心者のどちらからでも異なる視点で読めるのが面白いかも。
    個人的にはエラー処理と型の章が面白かったです。
    プログラムが好きな人は楽しめると思います。

  • 広く駆け足にプログラミングをざーっと流す感じ。正解がないを繰り返しはっきり書いてるのが良かった。読み易くて、出てくる話題も言語も多くて、飽きずに読み切れた。

  • WEB+DBでオススメされていたのをみて購入しました。IDEまわりの話なのかなと思ってましたがそうではなく、言語についての本です。
    この本のいいところはサブタイトルにあるように、

    ・なぜこういった言語設計になっているのか
    ・どういった経緯で今の機能になったのか

    のように特定の言語に関係なくプログラミング言語を支える共通の知識、歴史がまとまっている点です。

    個人的には特にオブジェクト指向に関する話がよかったと思っています。何冊もオブジェクト指向に関する書籍は読んできましたが僕にとってはこの本の説明が一番しっくりきました。

    初学者というよりはコーディングを数年してきたエンジニアの方にはちょうどいい本かと思います。

  • ブログラムがなぜ動くか、プログラミング言語の成り立ち、発展の仕方から学ぶことあ出来ました。
    色々な言語が生まれた背景をしることによって、その言語の特性を理解することができると思います。リストの仕組みや継承、動的、静的型付けなどの特性を言語ごとの仕組みで丁寧に解説されていてわかりやすかったです。
    個人的にコラムが言語勉強に役立ちそうとう印象が残ってます。

全63件中 1 - 10件を表示

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)に関連するまとめ

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)の作品紹介

なぜ言語設計者はこの文法を作ったのか。言語に共通の知識を身に付ける。

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)はこんな本です

ツイートする