ブクログ大賞

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法

  • 204人登録
  • 3.75評価
    • (15)
    • (24)
    • (17)
    • (7)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 日野瑛太郎
  • 技術評論社 (2013年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774159768

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法の感想・レビュー・書評

  • 自己評価を高めてくれます。
    それだけでなく、本当に自分はそれだけの価値があるか。自分の人生の中で何が本当に大切か考えさせられます。
    仕事は起きている時間の半分くらいかもしれません。それがどう自分を作り上げ、自分の好きなことをやっている時の時間とバランスを保っているか。
    自分の働き方を変えたいと思っている人にはオススメです。

  • 結構当然のことが書いてある(慣習的に当然ではないのだが)。図書館で借りて斜め読み

  •  すっと肩の力が抜ける本。phaさんと似た匂いがするな〜と思ってたら、やっぱり影響を受けたと書いてあり、納得。
     1章でまとめられていた「脱社畜の思考法」は9割以上同意できる内容で、「ああ、わたしもこういうことを考えていたから会社勤めができなかったんだ!」と、自分の頭の隅で考えていたことが綺麗に言語化されているように感じた。会社に必要とされるために自分の形を変えて、健康や家族を犠牲にする生き方は、わたしにはできないし、これからもするつもりはない。
     でも、偉そうなことを言っても今のわたしには稼ぐ力が乏しい。だからこそ、いろんな迷いがある。
     この本のすばらしいところは、そんなわたしに救いの手を差し伸べてくれているような第4章のプライベートプロジェクトに関する記述だ。
     やろうと思えば何でもできるのに、できない理由ばかり探していたことを恥じる。早速コーディングの勉強を始め、本当の意味での「脱社畜」を目指したいと思う。

  • 【No.54】「休むことはとても大切なことだ。人間はアクセルを踏みっぱなしで進むことはできない。休まないと仕事の能率だって下がる。休むことは、全然悪いことではない」「労働時間の長さから、その人が頑張っているかどうかを判断するのは不可能。長時間労働をすればそれで認められるというのであれば、業務を効率化して早く帰ろうという意識は働かなくなってしまう。こういう状態がまかり通ると、単位時間あたりの生産性がどんどん落ちていき、社員のためにならないばかりか、会社にとってもマイナスでしかない」「会社に強い帰属意識を発揮しても、あまりいいことはない。ただの”使いやすいやつ”で終わるのがオチだ」「会社に必要以上に帰属意識を持つということは、会社に強く依存するということでもあり、こういう生き方をするのはこれからの時代にあまりにもハイリスクすぎる」「大切なことは絶対に更新をやめないことだ。はじめの半年から一年ぐらいは、反響なんて木にせずに、淡々と更新を続けてみよう」「ブログやサイト制作が魅力的なのは、長く続けていくことで”積み上がり”を実感できるようになるということだ。記事の数が100、200と増えていくと、普通はそれにともなって検索エンジン経由のアクセスも増えていく。続ければ続けただけ結果が返ってくるというのは、なかなか気持ちがいいもの」

  • 中央部の会社を建てたとこをもうちょっと深く掘り下げて欲しかった。
    起業の部分で一冊書いて欲しい。

    書いてることは社畜思考をやめよう!ってこと。

  • 「脱社畜ブログ」でおなじみの日野氏の著書。
    東大工学部、同大学院卒後WEBサービスを立ち上げて企業、その後一般企業に入社、再度退職して現在に至るとのこと。
    ずっとブログが好きでちょこちょこ見てたんですが、なんとわたしと1歳しか変わらないという想像以上の若さに驚いた。

    【本書の紹介】
    「精神的脱社畜」を目標とし、現在の日本企業の大半がおかしな常識に支配されていることを指摘し、その後著者自身の経歴紹介、プライベートプロジェクトのすすめ、そして今後の展望についても述べられている。

    【全体の感想】
    会社に入って数年経った今に読んで本当に良かったと思った。
    元々ブログが好きだっただけあって、内容も8割以上は共感。
    ただ入社したばかりの頃なら本書に書いてあることを両手放しで賛同して終わりだったと思う。「とりあえず3年」という言葉があるように、会社の仕組みがなんとなくわかってきた今読むからこそ、いろんな考えを巡らせることができた。
    あとブログが元ということもあり、非常に読みやすい。

    【雑感】
    ・序盤の日本企業批判は正直「見えない敵と戦ってる」感があった。そんな企業本当にあるのかしら、みたいな。

    ・成長した結果どこに向かおうとしているのか、という言葉が響いた。僕も就職した頃は成長厨のいわゆる「意識高い系」を同じ論理で小馬鹿にしてたと思ったのに、気づいたらそっち側に立ってたことが少しこわい。

    ・プライベートプロジェクトの項は非常に面白い。まずはちゃんとブログを書き続けようと思った。

    ・5章はちょっとボリューム不足な感じがした。ページが倍ぐらいあったら空想を超えたもうちょっと具体的な議論ができたのかな。

    しかし良い本でした。

  • 脱社畜という考え方がよくわかる。
    会社に染まって凝り固まった価値観をリセットするのに役立つ。
    思っているほどネガティブな内容ではないし、人のことを馬鹿にしているような内容でもない。
    プライベートプロジェクトについての章が、特に前向きでよかった。

  • 読書時間 2時間30分(読書日数 8日)

    起業と就職の両方を経験した筆者が、現在の日本の労働環境の矛盾に気づき、それに対して「脱社畜」という言葉を使って、これからの仕事に対する向き合い方を解説した本

    この著書に書かれている内容は、今の「サラリーマン」や「派遣社員」「パート・アルバイト」として働いている方々なら、本当に「あるあるネタ」である。自分も就職した時は「何の疑問も持たずに」残業とかしてたし、それが貢献でもあると思っていたから。
    ただ、それは使う側(雇用者)の問題で「残業するのが当たり前」とかになると「時間を窃盗していることと同じ」になる。こういう認識を持っている管理職の人たちか少ないと思う。
    また、労働者側も勉強していないことが多いこともあって、いいようにこき使われているし、とくに「耐えることの美学」というものを強く言い過ぎているのではないか。
    また「プライベートプロジェクト」をやるといいというが「ただでさえ、こき使われているのに、そんなこと出来るわけない」とか言う人も多いと思われる。
    そこから自分が真剣に変われるかどうか。それがポイントだと思うし、そのためには「脱社畜」の考え方が持てるかが自分の今後の人生の幸せに繋がるのではないかと思った。

  •  書かれていることはすごくまっとうでよくわかるようなことばかりでいろいろと考えさせられることばかりなのだが結局最終的な働き方はネット依存になってしまうのが少し気になる。

     ネット関連の商売はそんなに簡単なものなのだろうか自分にはよくわからない。

  • ●日野瑛太郎『脱社畜の働き方』2013

    東大出身ながらニート気質にあふれ、「脱社畜ブログ」で大評判をとった著者の仕事観。
    起業失敗→社畜→再度起業という経験から、会社員への過剰要求の矛盾を突く。

    ○僕は、こういった「残業前提」のスケジュールを立てて涼しい顔をしている経営者やマネジャーを見ると、激しい怒りに駆られる。こんなスケジューリングをした時点で、彼らが自分たちの仕事をちゃんとこなしていないことは明確だ。…残業前提のスケジュールは、もはやスケジュールと呼べる代物ではない。

    ○体や心を壊してまで果たさなければならないような責任なんて基本的にはない。それに、体や心を壊してしまったら結局責任だって果たせない。

    ○しかし、実際起業をした立場で会社員としての待遇を考えてみると、これはどう考えても割に合わないということに気付く。だって、バカバカしいじゃないか。「経営者目線」を持って会社のために行動しても、本当に経営者がもらえるだけの見返りは、決してもらえることはないのだから。

  • 働くということについてどれほど固定観念で縛られているのか、考えさせられます。我慢が美徳?仕事がつらくて当たり前?働けているだけで幸せ?仕事は我慢料?もう世間が【社会人】に求める水準は異常です。どれだけ思考が侵され会社にとって都合いいものになっているのか、不安にもなります。そんなきっかけをくれる本でもあります。また、プラーベートプロジェクト(会社以外でも働く)方法についても実に詳細に、また具体的に参考の本やサイトを紹介されています。オススメの本ですね。

  • サラリーマン社会に違和感を感じる人にはうってつけ。

  • ブログを読んでいる時から読みやすい文章だなと思っていたけど、東大卒で小説も書いたりしていた経歴があるとのこと納得。
    本書では「仕事中心の価値観」を徹底的に相対化して、多様な価値観が認められる社会を目指そうじゃないかと提言している。
    「価値観が多様化した社会ではある意味皆がマイノリティ」「そんなカオスな社会が面白いのではないか」という著者の言葉が印象に残った。
    著者は否定するが、会社という共同体に対しては偏った見方の表現がある。でもそこはこの本のテーマを伝えるためにはその位の強さで書かないといけないんだろうな。

  • 書いてあるようなことは大体知っていたり、考えていた所。

    優秀な人なら、そのように出来るとも思いますが、現実問題として大半の平凡以下の人は難しそうな気がします。

    とは言っても、会社に依存しない行き方は大事だと思うので、昭和的なサラリーマンから一歩出ようと思っている方は読んでみると良いかも。

  • 技術革新があっても、労働時間が減らないというのは新しい考え方だった。労働者が奪われるという意見が大半のなかで、ロボットにやらせて浮いた時間を何に使うか?を主張する筆者。脱仕事中心で考えられるから、こういう発想になるんだ。

  • たまたま脱社畜ブログと出会って何度か記事を読む機会があり、
    今の自分の境遇と一致する内容に共感を覚えていて、度々ブログを読んでいました。
    そんな脱社畜社畜ブログの管理人が本を出されたのですぐ購入して読みました。ちょっと読むのに時間がかかりましたが、普通なら2日もあれば余裕で読める内容です。

    構成としては大きく3つに分かれており、
    著者の日本の労働環境に対する考え方と、その考え方に至るまでの経緯、そして今後どのように仕事と付き合うべきかという内容です。

    なかでも仕事とは別に自分だけのプライベートプロジェクトを始めるという内容は、ちょうど私も同じようなことをやろうと思っていたこともあり、参考になりました。

    この辺りの内容に興味を惹かれた方は、次に技術的な面について勉強すればいいのではないかと思います。
    本書のなかにもありましたが、まずは向き不向きよりも始めてみることが肝心だと思います。
    そして私もそうしようと思いました。

  • プライベートプロジェクトというものの考え方は参考にしたい。
    もっと楽に生きられるんじゃないかなぁ、と思える一冊でした。

  • プライベートプロジェクトは参考になった。

  • はてなの人気ブログ「脱社畜ブログ」の管理人、日野瑛太郎氏の(紙媒体では)初めての著作。会社に依存しないで生活する「脱社畜」のスタイルを、自身の体験や価値観と併せて紹介している。

    著者によれば脱社畜のあり方は二段階あり、一つは「会社を絶対視しない考え方」を身につけた「精神的脱社畜」の状態。これは価値観のレベルで、会社(あるいはそれを中心とした日本企業的価値観)から自由になること。
    この具体的なレッスンとして、日本の企業社会でよしとされる価値観(ex 「社会人としての意識」)のあれこれを取り上げて、その問題点を批判している。

    そしてもう一つの「脱社畜」とは、「会社に頼らなくてもよいような経済的基盤」が確保された「経済的脱社畜」の状態。会社とは別の部分で収入が確保されていけば、(それが必ずしも高額でなくとも)相対的に自分が勤めている会社の重要度は低下し、「なんとしてでも会社にしがみつかなければ」という意識から解放される。もちろん、会社勤めをしなくても済むような収入が得られるようになれば、万々歳である。
    著者は、そのための方法の一例として、ネットなどを活用した「プライベートプロジェクト」(会社とは別にお金を稼ぐ)の重要性を説いている。

    また、著者自身が大学院在学時代に友人達と起業し、ソーシャルゲームをリリースした体験談などもおもしろい。自分たちで立ち上げた会社における経営者としての経験と、その後、就職した一般企業における従業員としての体験の両方が、日本の企業慣行を批判する言葉に説得力を持たせている。

    そして、この人の文章は、書き方が上手い。

    ブログの方もそうなのだけど、無駄がないというか、余計なことは書かないし、感情的でなく、押し付けがましくもない。至極真っ当なことを淡々と書いてるので、多くの人の共感を呼ぶものなんではないかと思う。
    もっとも「それがいい」という意見と、「だから物足りない」という意見があるかもしれないが、とりあえずその読みやすさに関しての異論はないだろう。

    提示される脱社畜のやり方(特に経済的脱社畜としてのプライベートビジネス)もスマートで、無理がない。いきなり「会社なんか辞めろ」などと言うことはないし、「自分もプライベートプロジェクトやってみようかな」と思いたくなる(同時に、そうしたアプリ開発などのプライベートプロジェクトを絶対視して「こうすれば儲かる!」などという詐欺まがいの夢物語を決して提示しない、という態度も誠実である)。

    つらい職場環境で苦しんでいる人や、これから就職する若い人などに読んでもらいたいと思うような本だった。


    ところで、個人的にちょっと気になったことを以下に。

    この人の話は、日本のクソ労働システムを批判しながらも絶対に「組合が」といったことは言わない。「労働組合」とかいうものが世の中に全く存在しないかのような語り方には、やはり疑問をおぼえる。
    いま多くの会社で存在する組合が、経営陣の意向に沿った御用組合(しかも正社員限定)みたいなのばかりなので、「労組なんて」という意識が広まるのはわかる。しかし、だからといって労組自体がどうでもいいものだってことにはならないし、それはそれで必要なのだ、ということは思う。

    この本の取り扱う射程を超えるので仕方ないとも言えるが、日本の社畜慣習やシステムを批判するのなら、なぜそれが成立してきたのか、という歴史的視座は必須であるだろう。
    クソ労働システムが日本で成立してきた背景の一つには、国家権力が資本と組んで積極的に加担して進められてきた労働運動つぶし(国鉄解体と大量解雇といった国家ぐるみの不当労働行為や、公務員のスト権剥奪など)が間違いなくある、ということを僕は思ってる。また、経済的な背景や、職能給採用などとい... 続きを読む

  • 労働の相対化は必要なことだと思うし、積極的に絶対化側に組みさないようにしていきたいと思うが、未来予想についてはどうだろうか、と。機械による労働の代替によっておこることはそう明るくはないのでは。労働供給が増えてるわけだから単価は下がるし、機械導入で発生した利益を労働者に還元する必要はないし。法人税からベーシックインカムで還流させるにもタックスヘイブンをどうにかせんといかんし。ざっくり考えただけなのであってるかは不明。プライベートプロジェクトに関しては投資を行いたいものです。

  • 『脱社畜ブログ』の有名ブロガー・日野氏による、脱社畜な働き方、ひいては生き方について書かれた本。
    1章、2章はブログで日頃から書かれている内容が多いが、3章では、日野氏自身の起業体験について書かれており、初公開の内容だ。
    脱社畜ブログを解説する経緯についても書かれており、非常に興味深い内容だった。

  • 30分くらいでサラっと読めて良いです。
    そして僕は今までずっと案外自由な感じで仕事をしてて幸せですなぁと再認識。
    電車で通勤してた頃も「このまま海行くかぁ」くらいな気分で会社に行ってたし、未だに社畜って言葉を使おうとも思わない感じで会社と距離感持ってるのでフムフムという感じでスラスラ読めた。

    ひとつ目から鱗だったのは、108ページの人生における仕事時間の計算で「人生において仕事なんて1割」って話。
    「まぁ半分くらいは仕事なんだから好きなこと仕事でやるよ」って感覚だったのだけど、ちゃんと計算するとそんなものなんですね。何が変わるわけではないけど人に対して「人生の半分くらいは仕事」とは言わないようにしようと思いました。

全24件中 1 - 24件を表示

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法を本棚に「積読」で登録しているひと

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法の作品紹介

東大卒、起業、就職を経て、日本の労働の矛盾に気付いた「脱社畜ブログ」著者が本音で語る。

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法はこんな本です

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法のKindle版

ツイートする