GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

  • 513人登録
  • 3.90評価
    • (27)
    • (42)
    • (34)
    • (2)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 大塚弘記
  • 技術評論社 (2014年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774163666

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「Pull Requestの送り方」について書かれた記事や書籍は良く見かけるのですが、受け取った後にすべきこと(例えば拒否したい場合など)についてちゃんと書かれたものは意外に少ないように思います。この本では、Pull Requestを受け取る準備からコードレビューを経てマージするところまで、丁寧に解説されています。

    タイトル通り、単純なリファレンスだけでなく実例に沿った解説が多くとても参考になりました。GitHubをこれから使う方、またはすでに使っているけどもう少し実践的な使い方を学びたい人におすすめの一冊です。

  • 普段はSourceTreeを使っているのでコマンドは覚えておらず、コマンドしか使えない環境に行ったときには手元に置いておきたい本。

  • 背中に青色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • gitのもやもやしたものが解消できた気がする。
    gitの機能だけでなく、実際にチーム開発におけるgitフローなどを実例を元に解説してくれていたので、良かった。
    かなり理解の助けになった。

  • 噂のギフハフらしい。まあ、使い方は分かりやすかったかも

  • gitとgithubを触った事が無い人向けの本。
    柔らかい内容でマイルドな印象。

  • Git/GitHubの使い方(スクリーンショットで丁寧に)が内容の多くをしめていて、開発フローに関する深い話を期待していたのだが期待外れだった。

    もうちょっと抽象的で深い話を読みながら自分でGitHubをいじるくらいの方がためになると思う。

  • Git を触ったことがあって、Github をそんなに活用していない人向け。Github でのショートカットや hub コマンド、1章まるまる Git flow / Github flow に充てているところがよかった。

  • ”GitHubの入門”と表紙に書かれた本は何冊かありましたが、読み比べた結果この本が一番真面目な本だったため購入。
    GitHubを使うにはまずGitが操作できないと意味がないのですが、この本はGitHubだけでなく、Gitの操作についてもしっかり押さえてくれています。もちろんGitHubの各種機能も説明してくれていて、自分はこの本を読む前からGitHubのアカウントを持っていましたが、機能について全く知らなかったことも分かりました。
    さらに、GitHubと連携するモダンな開発を支えるサービスについても多数紹介していて、直近で使うつもりがなくても「こんなサービスがあるんだ」と参考になりました。GitHubの基礎を学ぶならこの本でしょう。

  • 中村さんが図書部で発表していたため読んだ。
    GitHubの基本的な機能を改めて知る事が出来て良かった。特に以下は覚えておきたい。
    過去のコミットを変更する
    git rebase -i
    コメントの引用は、選択してrで簡単にコメント記法で挿入される

全36件中 1 - 10件を表示

大塚弘記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)に関連するまとめ

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)はこんな本です

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)の作品紹介

良いコードを迅速に生み出す快適な共同開発。手を動かして身に付ける、実用的なワークフロー。

ツイートする