半導体が一番わかる (しくみ図解)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 内富直隆
  • 技術評論社 (2014年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774164571

半導体が一番わかる (しくみ図解)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トランジスタまでは良かった。FETからは斜め読み。後半はデバイスの紹介。

  •  非常に分かりやすくまとまっていた。半導体がなぜ電気を通したり、通さなかったりするのかという仕組み部分の説明はこれまで読んだ半導体関連の書籍では一番わかりやすかった。この他の部分についても図を中心にした説明でイメージがしやすい。また、「半導体の仕組み」では省略されがちな製造工程、加えてシリコンインゴットの製造過程までもしっかりと書かれている。応用の分野ではオプトエレクトロニクスと発電素子という現在の主流とも言える分野をきっちりと押さえている。伝奇的な特性だけでなく工業製品としての半導体まで広くカバーしており、最初の一冊として勧めることのできる内容となっていた。

全2件中 1 - 2件を表示

半導体が一番わかる (しくみ図解)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

半導体が一番わかる (しくみ図解)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

半導体が一番わかる (しくみ図解)を本棚に「積読」で登録しているひと

半導体が一番わかる (しくみ図解)はこんな本です

ツイートする