つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門

  • 29人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岡嶋裕史
  • 技術評論社 (2015年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774173436

つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門の感想・レビュー・書評

  • 表に書いてあったように簡単で楽しいし漢字が読めなくても、ふりがながふり仮名がふってあって、とても意味がわかりやすいです。

  • 2017.8.市立図書館(ぼーず?)
    文科省の肝入りらしい子ども向けのプログラミング教育用アプリケーションの解説本。
    ぼーずと次女が本を参考にしながらじっさいにプログラミングをして遊んでいる。楽しそう。

  • [墨田区図書館]

    何のプログラミング言語かと思って一応借りて来たら、文部科学省開発?後援?の「プログラミン」という名前のGUI言語だった。

    これの方が更にスクラッチよりも言葉に近く、分かりやすそうでもあった反面、下から上に書いて行く手法の言語なのと、逆に言葉チックになりすぎな面がちょっと…と感じたので、、、、

    よほどでない限り、プログラミンは使わないかな、と判断する材料となっただけだった(笑)

  • 小中学生のためのプログラミングの本。

    1章 パソコンと友だちになろう
    2章 どうぶつをうごかしてみよう
    3章 アニメを作ってみよう
    4章 思いどおりにうごかしてみよう
    5章 音楽やセリフを出してみよう
    6章 天敵が登場
    7章 天敵にエサをあげてみよう
    8章 なかよくなって完成させよう
    ふろく みんなに見せてみよう

    もくじはこんな感じ。
    文部科学省HPから検索して`プログラミン`という子供用プログラミングのHPにログインします。
    ログインするところもわかりやすく順をおって説明してくれる。


    ただ、全編を通して会話で説明してくれているので
    わかりやすいような・・・わかりにくいような。

    学校の授業や、パソコン部で、はじめてのプログラミングをやってみる!というにはいいのでは。

  • 文科省のサイトにプログラミンというプログラミング教育のツールがある。その使い方を紹介。
    自由に作る(試行錯誤して作る)vsひな形にそって作る
    のでは定着までの時間は違うのか,活動しているときのモチベーションはどうなのか。
    仲間と一緒に作るとどうなのか。その状況設定が大切なのかも。
    いろいろ可能性を感じさせてくれる。

  • 文部科学省が運営する、こどものためのプログラミング体験用WEBアプリケーション。ヒダリン、ジャンピン、スケールン、キガエルン、ナンカイン、トケイン..の絵パーツを組み合わせる。さいせいで実行。

    プログラム用パーツのつくりやネーミングになるほど。文部科学省がんばってる。「素晴らしい」サンプル集を整備だ。

全6件中 1 - 6件を表示

岡嶋裕史の作品一覧

岡嶋裕史の作品ランキング・新刊情報

つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門を本棚に「読みたい」で登録しているひと

つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門の作品紹介

「プログラミン」は、文部科学省が運営する、こどものためのプログラミング体験用ウェブアプリケーションです。かわいいモンスターの形をした「プログラミン」を組み合わせて、アニメやゲームを簡単に作ることができます。「プログラミン」で遊ぶことで、コンピュータがどういうものなのか理解し、コンピュータを道具として使いこなす第一歩を踏み出すことができます。また、ものごとを筋道立てて考える力、試行錯誤しながら最後までやり遂げる力を伸ばすことができます。何よりも、自分で作ったプログラムを思い通りに動かすのはとても楽しいことです。さあいっしょに、プログラミンを始めましょう!

つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門はこんな本です

つくってあそべるプログラム こどもが楽しむ「プログラミン」入門のKindle版

ツイートする