コンピューターで「脳」がつくれるか

  • 83人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (12)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 五木田和也
制作 : 青木健太郎 
  • 技術評論社 (2016年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774184104

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

コンピューターで「脳」がつくれるかの感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた。まあ人はまだ超えられない

  • AIには特化型と汎用型がある、といった概論から
    ほぼAIとイコールで語られるDeepLearningの簡単な解説などが網羅されており、「AIってよくわからないけどどんなものか知りたい」という人にはうってつけの一冊。

  • 本書を読むことで汎用AIという言葉を初めて知り興味を持てた。

    人間の脳と機械学習に使われているアルゴリズムの比較など絵や図もあるためとても分かりやすかった。

  • 機械学習の勉強を始める前に、まずはこの本で用語の意味を理解するところから始めるといいでしょう。
    自分は順番が逆だったので、あれの意味はこういうことだったのかと思う場面もありました。

    現在巷で人気なのは特化型AI。
    鉄腕アトムのような汎用AIとは別物で、こちらはまだまだ将来のこと。

  • 今流行している人工知能と人間のような人工知能はまったく別ものである。たとえば、飛行機は1903年にライト兄弟が発明してから100年以上が経ち、今では500人を乗せて時速1000kmで飛ぶことができるようになるまで進歩した。しかし、どんなに高性能な飛行機ができても月には行けない。月に行くには、飛行機ではなくロケットを使う必要がある。これは、目的が違い、その目的に必要な技術がまったく異なるからである。
    今流行している人工知能は、何か特定の作業に特化したもので、特定の作業を自動化したいという目的をもった特化型AIである。これは、現在の技術の延長で実現が可能である。しかし、弱肉強食の大自然にうまく適応して生き残っていくという目的から生まれた、あらゆる問題に柔軟に対応する人間と同じような知能を持った汎用AIについては、今までとはまったく異なる理論や技術が必要であり、研究もこれからである。汎用AIの研究を進めるには、大脳新皮質、大脳基底核、小脳といった脳の仕組みを解き明かし、それと現在の特化型AIで進化した技術を組合せ、実装することで実現が可能になるのではないか。

  • 強い人工知能の入門書。ディープラーニングについても軽く触れる。勾配消失問題のたとえ話はわかりやすい。

    あくまでも入門書なので細かな解説はない。

  • 人工知能は趣味で遊ぶ程度なんですが、あんまり本気ではないので取り立てて深掘りすることはやってません。

    自分があんまり学がないので脳の構造は全然知らなかったので勉強になりました。内容は平易ですが中級レベルのプログラマでもインスピレーションは得られるのではないかと思います。

  • AIは2種類あって特化型AIと汎用型AIがある
    特化型AIが発達したせいでシンギュラリティなどSF的な
    話題になっているが実際は違う 特化型AIを支える技術が
    脳科学などの発達により色々な機械学習の手法が使われるようになったのは事実ではある とんでもなく賢いプログラムができても 汎用型AIはゴキブリや動物レベルのものもむつかしい 特化型AIを制御するであろう汎用型AIのレベルがゴキブリレベルではロボットが恐ろしくて使えたものではないだろう これからも特化型AI発展しつづけ 汎用型AIは科学者のおもちゃレベルの時代がしばらくつづくのかもしれない 脳科学の発展が進まないと発展はないだろう

全10件中 1 - 10件を表示

コンピューターで「脳」がつくれるかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンピューターで「脳」がつくれるかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コンピューターで「脳」がつくれるかを本棚に「積読」で登録しているひと

コンピューターで「脳」がつくれるかの作品紹介

本当の人工知能の実現に機械学習アルゴリズムはどこまで近づいているのか!?汎用AIとは何なのか?予備知識なしで読める人工知能の入門書。

コンピューターで「脳」がつくれるかはこんな本です

コンピューターで「脳」がつくれるかのKindle版

ツイートする