量子論はなぜわかりにくいのか 「粒子と波動の二重性」の謎を解く (知の扉)

  • 34人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 吉田伸夫
  • 技術評論社 (2017年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774188188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
広江 克彦
有効な右矢印 無効な右矢印

量子論はなぜわかりにくいのか 「粒子と波動の二重性」の謎を解く (知の扉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほとんど数式は使われず、言葉による説明。対象は場の量子論も含んだ量子力学を一通りまなんだ者向けか。
    思いの外手強い。それは量子論の手強さなのだが、原理的な問題なので、応用上はあまり関係がないだろう。理論の意味とイメージをより根源的に考えたい人向けだ。

  • 請求記号 421.3/Y 86

全2件中 1 - 2件を表示

量子論はなぜわかりにくいのか 「粒子と波動の二重性」の謎を解く (知の扉)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

量子論はなぜわかりにくいのか 「粒子と波動の二重性」の謎を解く (知の扉)を本棚に「積読」で登録しているひと

量子論はなぜわかりにくいのか 「粒子と波動の二重性」の謎を解く (知の扉)はこんな本です

量子論はなぜわかりにくいのか 「粒子と波動の二重性」の謎を解く (知の扉)のKindle版

ツイートする