ぼくとおかあさん (くもんの絵童話)

  • 31人登録
  • 3.79評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 宮本忠夫
  • くもん出版 (1996年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774300412

ぼくとおかあさん (くもんの絵童話)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おかあさんといたずらなくまのこ、いいこといいこじゃないの繰り返し。
    でも産まれてきてほしかったという愛情はつたわっているのかな
    C8793

  • [墨田区図書館]

    くもんの絵童話シリーズは設定されたのがやや旧いのかな?装丁も、絵柄も、内容的にもやや古さを感じさせるものが多いような?でもでも、合間を見て読み続けていこう。

  • こどもをしかる母熊の様子がなんともいえません。

  • 二歳二カ月時(201301)、借りてきて読みました。
    『ぼくとおとうさん』という本もあります。
    熊の母子の会話がとても微笑ましく、また、お母さんが子どもがお腹に居た時の頃の述懐は、かつて自分が妊娠していた頃の事を幸せな記憶として呼び起こしてくれました。
    我が子ももう少し口が達者になると、こういう会話が展開されるのかなぁ、と期待する一方で、これから手を焼くのだろうなぁという少々の心配も生まれます。

  • おかあさんグマの受け答えが素敵。
    (読んだ時期:2歳10ヶ月)

  •  「おかあさん、ぼくがすき?」とこぐまがきくと、「ええ、すきよー」とおかあさんぐまは、こたえてくれます。でもおかあさんぐまは、いいこのこぐまがだいすきみたいです。そして、こぐまはこぐまはいいこのときばかりじゃないみたい。そんなとき、おかあさんぐまは、「いいこをうんだのよ」と言って、こくまが、おなかのなかにいたときのことを話してくれます。
     とってもユーモラスな表情のこぐまとお母さんぐま。ふたりのやりとりに、思わずぷっと笑ってしまいます。「いけないこね」とこぐまをたしなめるおかあさんぐまからも、やさしさと愛情が伝わってきて、母と子のひとときを過ごすのにいい絵本です。
     「おとうさんのめを」、じーとじーとみてごらん」とおとうさんぐまがこぐまに、何か大切なことを伝えようとする『ぼくとおとうさん』もすてきです。2冊一緒にどうぞ。

  • お母さんとぼくの掛け合いがまるで我が家のようです。生意気だけどとってもかわいい息子さんとママ向け。

全7件中 1 - 7件を表示

宮本忠夫の作品

ぼくとおかあさん (くもんの絵童話)はこんな本です

ぼくとおかあさん (くもんの絵童話)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくとおかあさん (くもんの絵童話)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする