アリクイの口のなぞが、ついにとけた! (動物ふしぎ発見)

  • 26人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山本省三
制作 : 遠藤 秀紀  喜多村 武 
  • くもん出版 (2009年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774315973

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ビバリー ドノフ...
なかがわ ちひろ
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
ユージーン トリ...
ヨシタケシンスケ
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

アリクイの口のなぞが、ついにとけた! (動物ふしぎ発見)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの細長い顔(口)は、長~い舌を出し入れするのに最適なかたちだった。
    研究成果が分かりやすく、興味深く読みました。

  • 動物園のアリクイのエサの時間は15時。でも人気があるとはいえないコーナーだ。だからこそゆっくりみれる。蟻ではなくペースト状のオリジナルなエサだけど。
    監修の解剖男、遠藤先生は子どもの頃、人気のあるパンダをさけて、人のいないアリクイをいつまでも見てたそうだ。それが今の仕事に繋がっているのだから、好奇心を育むのは意外とこういうマイナーな動物かもしれない。…とご本人も仰っている。
    素通りしてしまいそうな一角に興味をもったら、他の人が気付かない何かすごい発見があるかも。動物園へ行く楽しみが増えるシリーズ。

  • [墨田区図書館]

    題名からして、ややマイナーな動物&内容が小学生以上向けなどの字ばかり、説明ばかりの本かもしれないな~と、一抹の不安を感じながらも切り絵ばりの絵柄とその題名の答えに惹かれて借りてきた一冊。

    でも思った以上に子供も引き込ませる語り口の内容と、段々と類似や違いの提示から「なぜか」と解き明かしていく説明から、無理なく最後まで読むことが出来た。

    惜しむらくは、一番肝心の「下あごの骨が左右に平べったく二つに分かれている」という状況を読み手自身が気付けるように描かれた見開きのページ。ここばかりは写真かもう少しタッチの違う絵でないと大人も絵が良くわからなかったし、説明を理解した後でも、ややどこがどの絵なのか自信をもって絵を読み解くことが出来なかった。

    けれどもとても良かったので、このシリーズ、続けて読んでみよう!

  • ゾウ、ペンギンに続いて読んだ動物ふしぎ発見シリーズ。
    なぜだろうと思うこと、どうなってるんだろうとじっくり観察すること、こうなんじゃないかと推察することの大切さを教えてくれます。動物への興味が増すこと間違いなし。

全4件中 1 - 4件を表示

山本省三の作品一覧

山本省三の作品ランキング・新刊情報

アリクイの口のなぞが、ついにとけた! (動物ふしぎ発見)はこんな本です

ツイートする