あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ (くもんの児童文学)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 井上林子
制作 : イシヤマ アズサ 
  • くもん出版 (2016年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774325392

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ (くもんの児童文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とてもおろしろかったのですが、少しお値段が高いので星をひとつへらしました。

  • 「11歳のバースデー」シリーズ
    1、あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ
    2、わたしの空色プール 8月10日夏木アンナ

    凄いよ。
    久しぶりに面白い児童書を読みました。
    五年生のクラスの、ある班の四人組のそれぞれの誕生日の出来事を通じて、みんながお互いを理解し仲良くなっていく物語ですが、まず第一に文字が大きくて読みやすい。
    うまい文章と展開と、ほどよい長さ。

    一月に続編の三冊がでるそうなんで、来年の新学期にはセット売りになるんでしょう。
    イラストその他、いまの子どもたちに気に入ってもらえるかどうかまだわかりませんが、売れるといいなぁ。
    だってホントにいま、出せる本、ないんだもの。
    一期一会の後がまになってくれますようにーー。

    2016/12/15 更新

全2件中 1 - 2件を表示

あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ (くもんの児童文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ (くもんの児童文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ (くもんの児童文学)の作品紹介

11歳をむかえる5人の友情、成長を描いた「11歳のバースデー」シリーズ。巻を追うごとに、5人の人間関係がドラマチックに見えてくる。魔法の美少女戦士リップちゃんに憧れる春山ましろ、美人で頭もいいけれど孤独をかかえた夏木アンナ、学校一の問題児・伊地知一秋、家庭の事情で人と距離を置く冬馬晶、不器用で勉強は苦手だけれどやさしい四季和也。思春期手前の5人が迎える11歳の誕生日は……?

[11歳。思春期手前。 夢見るあたしじゃ いられない?]
あたし春山ましろ。小学5年生。
そうだよ、あたし、人生がわかっちゃった。
根性はないし、しんぼう強くもない。とくべつかわいくもない。
そんなあたしの人生は、きっと、とてもたよりない。
あーあ、まんがの『スマイル・リップ』に出てくる、魔法の美少女戦士リップちゃんみたいに、
スペシャルスゴイ力があればいいのに・・・・・・。

あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ (くもんの児童文学)はこんな本です

ツイートする