ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 井上林子
制作 : イシヤマ アズサ 
  • くもん出版 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (133ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774325422

ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3)おれのバトル・デイズ 10月7日伊地知一秋
    4)ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶
    5)ぼくたちのみらい 3月31日四季和也

    コメントは「おれのバトル・デイズ」でご覧ください。

    2017/04/11 更新

  • 内気な主人公が元いじめっ子の子と仲を深めていく話。おばの映子ちゃんの存在感がスゴい。
    児童書なのにいい事たくさん書いてあった。もちろん噛み砕いてだけど。心がほっこりした。

全2件中 1 - 2件を表示

ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)を本棚に登録しているひと

ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)の作品紹介

11歳をむかえる5人の友情、成長を描いた「11歳のバースデー」シリーズ。巻を追うごとに、5人の人間関係がドラマチックに見えてくる。魔法の美少女戦士リップちゃんに憧れる春山ましろ、美人で頭もいいけれど孤独をかかえた夏木アンナ、学校一の問題児・伊地知一秋、家庭の事情で人と距離を置く冬馬晶、不器用で勉強は苦手だけれどやさしい四季和也。思春期手前の5人が迎える11歳の誕生日は……?

[思春期手前、無口なぼく。ぼくの家族にはひみつがある、けど――]
ぼくのまわりには、いろいろな風景がある。
家の風景、通学路の風景、学校の風景、映画館の風景。
そして、おじいちゃんといる風景。
映子ちゃんといる風景。

友だちといる風景は、まだ見えない。

ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 (くもんの児童文学)はこんな本です

ツイートする