闇市 (シリーズ紙礫)

  • 21人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : マイク・モラスキー 
  • 皓星社 (2015年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774406053

闇市 (シリーズ紙礫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 必ずしも闇市が主題になっている作品ばかりではないのだが、戦中から戦後にかけてなんらかの形で闇市を関わりながら広がりを見せる作品集。有名作家の作品ばかりで読みごたえがあるが、特に関西が舞台になっているものがしっくりとくる気がする。野坂の作品は秀逸。

  • 太宰や坂口安吾などの闇市についての短編小説集。面白そうだなと思って読んだのですが、闇市だけに、どれも暗かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

闇市 (シリーズ紙礫)の作品紹介

戦後の焼け跡に、非合法の市場「闇市」ができてから70年。
食料、衣類、雑貨、生活に必要なものは何でもあった闇市で、人々はどのような日常を送り、
敗戦後の混乱に満ちた時代を生き抜いたのか?

「闇市」をめぐる、初めてのアンソロジー!!

闇市 (シリーズ紙礫)はこんな本です

ツイートする