選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティング

  • 114人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (11)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 武井則夫
制作 : 「元気が出る本」出版部 
  • 現代書林 (2013年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774514413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
佐々木 圭一
リチャード・P・...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人は理由があれば行動する。
    そして理由があれば選ばれる。
    だから「選ばれる理由」をこちらが用意する。
    売上は粗利益額を得るための手段である。
    見せ筋・売り筋・売れ筋

    あなたの会社はお客様から「○○な会社」と記憶されたいですか?

    人は必ず比較して選びます。→比較しなければ選べない。
    色・形・デザイン・素材・価格・・・・意識的にも無意識にも比べている。

    お客様が選ぶ基準を知っていて、自分のウリそこに合わせ、そのウリを磨き続ける。
    価格競争から価値競争へ。

  • 人は理由があれば行動する。そして理由が伝われば選ばれる。だから「選ばれる理由」をこちらが用意する。売上=値段×数量、値段も数量も高める実務。


    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50102498&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 2014/6/23読了。会社の課題図書として。
    読みやすい本でした。そしてわたしがいかに日頃感情に揺さぶりをかけられてるかを実感。とても納得した。が、自分の仕事にどう活かすかは悩み中。以下メモ。
    選ばれる理由
    第1章
    ・人は必ず比べる。初めて見る商品であっても、必ず過去に経験した何かと比較をする
    ・期待感
    →ディズニーの期待値コントロールの話。常に期待を上回るクオリティ
    ・最初の値付けが肝心(うなぎの値段の話)
    ・変動費が0もしくはとても低い
    ・マインドシェアを高める
    →簡単に高められちゃってる件
    ・人はいい買い物をしたい!
    →お金を出して買うものだけではない。日々の仕事のプレゼンテーションでも同じことを意識する
    第2章
    ・30秒でウリを言えるか
    ・橋爪自動車商会の例
    ・オーケーの例
    →オーケーがあるなら家賃が1万円高くてもいい!
    ・97ページ、チェックリスト
    第3章
    ・102ページ、リスト
    ・事例12 ホテル五龍館のコピーは惹かれる。わかるーって感じ。明確なプロファイリング。
    ・使っている姿を想像させてあげること。想像しやすくなるお手伝いをすること。
    ・美味しそうに見せること、美味しいものを作ること。両立させること。
    →期待を裏切らないこと。人は勝手に期待するね
    ・ルールに従って競争する人より、ルールをつくり出す人のほうが勝つものです
    第4章
    ・振り子理論、感情の揺さぶり
    →感動ストーリーに弱い件
    ・サービスにマニュアルはない。ホスピタリティサービスとは、相手が喜ぶ、相手中心の臨機応変なサービス対応のこと。
    第5章
    ・常に選ばれ続ける仕組み
    ・AIDMAとAISAS
    ・情報がありすぎて選べない問題
    ・宣言マネジメント
    →有言実行、やらなければという意識、クレド
    ・幽体離脱してみる

  • ======================================
    ★まとめ★
    ======================================

    ◯我々は情報によってものを買う
    ◯売上は粗利を得るための手段
    ◯売上=値段×数量
    ◯松竹梅の値付けだけで購買行動はかわる
    ◯ユーザーはアイテム数の多さ=品揃えがいいとは感じない。いくつかの選択肢から自分が選んだ満足感と選びやすさ大事
    ◯一見不要に見える選択肢が重要な意味を持つ
    1、Web版だけの購読 6000円
    2、印刷版だけの購読 12500円
    3、1、2両方のセット購読 12500円
    →3が多かった。2の選択肢をなくすと1が
    多くなった。3を魅力的に見せる囮
    ◯人は比較する生き物、選ぶ、買う理由を用意する
    ◯伝えたいユーザーは誰か具体的にしてプロファイリング
    ◯ユーザーは2度評価する。買う前、買った後。
    ◯男はスペック、女は美しい、可愛い、印象、感情
    ◯ユーザーから比較される土俵を変える。争いは同じ土俵にいるからおこる
    ◯事前期待を超える事後評価が感動を生む
    ◯宣言マネジメント、言いふらすことで達成のモチベーションを上げる
    ◯AIDMAからAISASへ
    ======================================

  • 本屋で表紙に惹かれ購入。
    マーケティングの本は初めて読んだ。

    選ばれるには理由がある。逆に選ばれるには理由が必要で、その理由を伝えなくてはならない。また、その理由を用意しなくてはならない。
    これがベースで、実例を挙げながらわかりやすく説明されている。
    以下、印象に残った点
    ・松、竹、梅で値段を決めるには狙いがある
    ・プレゼンテーションでは、最初の提案を基準に、いいのと悪いのと交互に見せて、誘導する。
    ・不要な選択肢が、比較するのに重要な役割を示す(WEB版、紙面)
    ・No1、オンリーワン、日本初をみつける
    ・社内に浸透している「理念・哲学」を見つける
    ・伝えたい人はだれか絞る
    ・お客様は二度評価する
    ・ぶれることのない「理念・哲学・思い」を伝える

  • マーケティングのおさらいという感じ。なぜ買ったんだっけか??

    冒頭にある通り「人は理由があれば行動する。そして理由が伝われば選ばれる。だから「選ばれる理由」をこちらが用意する」がテーマ。

    理由の探し方・作り方、伝え方が事例とともに学べる。

    〈伝え方〉
    1、伝えたいお客様は誰か
    2、お客様を「プロファイリング」
    3、さとらせ系アプローチ
    4、姿や状況を思い浮かべられる表現
    5、お客様は必ず「二度評価する」
    6、性別による好き嫌いの違い
    7、見せる数字の原則
    8、必然的に勝つ「教えるマーケティング」

  • ■選ばれるリユウ

    A.「ウリの原石」を見つけるための切り口は、次の4 つである。
    ①どこにも負けない「商品」「サービス」「技術」を見つける
    ②どの会社にもない「No.1 」「オンリーワン」「日本初」「世界初」を見つける
    ③心が惹かれる感動的な「ストーリー」「人」を見つける
    ④社内に浸透している独特の「理念・哲学」を見つける

    B.ウリの原石を「選ばれる理由」にするには、お客様の利益につながるかどうか、という視点でチェックする必要がある。

    C.選ばれる「ウリ」がないから、「値段」に目が行く

  • 凄く正攻法なマーケティング術

  • ■書名

    書名:選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティング
    著者:武井 則夫

    ■概要

    ◆「商品が売れない……」とお悩みの中小企業ビジネスパーソン必読!
    お尋ねします。あなたなら、次の3つのリンゴのうち、どれを買いますか?
    98円のリンゴ、120円のリンゴ、300円のリンゴ。
    どれも青森県産のふじで見た目で違いはわかりません。
    もちろん、どれを選んだから正解・不正解ということはありません。
    ただ、ひとつ確認してください。
    あなたは、なぜ、そのリンゴに決めたのでしょうか?
    「値段が安いから」「高いから」「中間だから」ですか?
    あるいは、「美味しそうだから」「値段の割に美味しそうだから」でしょうか?
    人は必ず比べています。私たちは「情報」によって、買うモノを決
    めています。(本文より)

    ◆お客様に商品を買う「理由」を用意すれば、どんどん売れる!
    高額でも飛ぶように売れる商品もあれば、いくら値段を下げても売
    れない商品もあります。
    お客様が列をなす会社もあれば、どんなに頭を下げて売り込み行っ
    ても売れない会社もあります。 この差を生みだすのが「理由」な
    のです。
    「お客様が買う理由」を伝えれば、選ばれる。
    だから、企業は「選ばれる理由」を用意する必要があります。
    これが、著者が提唱するどうしても売上と利益が増えてしまう心理
    マーケティングです。
    数千人の経営者と交流してきた著者が満を持して著した本書では、
    「選ばれる理由」のつくり方、伝え方、仕組みにする方法について、
    20の企業事例を挙げながら、実践的に紹介します。
    (From amazon)

    ■気になった点

    ・私たちは理由があれば行動する。

    ・違いがなければ、より安価なものを選ぶ

    ・「~~力」「~~性」といったあいまいな言葉では伝わらない。

  • 人は理由があれば行動する
    顧客が価値を感じるウリ 選ぶ理由となるように伝える
    想像しやすくなるお手伝い
    実在する人の顔が思い浮かぶまで絞る
    朝食ルームサービス 朝寝坊の朝食はスッピン
    フォローが固定客
    比較される土俵を変える
    ヤマサ醤油

全14件中 1 - 10件を表示

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングを本棚に「積読」で登録しているひと

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングはこんな本です

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングのCD

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングのKindle版

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングのAudible版

ツイートする