ジョニーのクリスマス

  • 34人登録
  • 3.62評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 教育画劇 (2005年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774606880

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルース・ボーンス...
A.トルストイ
なかがわ りえこ
三浦 太郎
酒井 駒子
谷川 俊太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョニーのクリスマスの感想・レビュー・書評

  • 中古購入
    シリーズもの

    ジョニーはクリスマスのプレゼントに文句ばかり
    ついにママにクリスマスはしないと言われてしまう
    そうは言っても本当はするんでしょ?
    あれれ本当に何にも準備をしないの??
    子どもあるあるのこの展開
    なぜかこういう時は
    大人しく聞いてるんですよね(笑)
    それで読み終わって安心してから
    こうなると思ったとか言い出す
    でもこのお話はちょっとひねりがあるかな
    うちの子もやりたいとか言いそう

    全体的にデザインがとてもいい
    帯の折り返したところも
    メッセージカードになるので
    捨てちゃいけない
    この話とは関係ないけど
    この方の絵を見てると紅茶が飲みたくなる(笑)

  • 欲しいプレゼントがもらえないからとクリスマスのお菓子をけなしてママを怒らせたジョニー。何ともかわいらしい子どもの考えと行動ですが、怒ったママはジョニーと真っ向から対立します。
    「これから ジョニーには クリスマスは ありませんよ。」

    えぇー、本当にやらないの?どうなっちゃうの??
    物語の先行きを心配する一方、母親としてはちょっとうらやましい気がする一シーンです。同じようなことがあっても、言ってしまっても、"クリスマス"という行事ともなれば、現実には結局親もその言葉を流し去ってしまうもの。でもこの本では本当にお母さんは毎年恒例の親族パーティーはもちろん、クリスマスの支度自体をせずに日を重ねるのです。

    でもここで訪れる転機は飼い猫ガルドン(普通にしゃべってます…)がジョニーにした質問。
    「ところで ジョニーは みんなに どんなものを あげたいんですか?」
    もしかして今時の子どもたちは、このジョニーと一緒でプレゼントとはもらうもの、という感覚なのかもしれませんね。でもジョニーはここでプレゼントをあげることを思いつくのです。

    さぁどんなクリスマスになるのかな…?

  • 希望するプレゼントがもらえないから
    クリスマスを拒否する主人公。
    その先がどうなるのか娘は興味津々でした。
    3歳10ヶ月

  • いつもプレゼントもらえる立場だったジョニーがママからクリスマスを取り上げられて、初めてプレゼントをあげる立場になろうとする姿が描かれています。

    プレゼントをあげる人を思い浮かべながら、「どんなプレゼントをあげたら喜んでくれるかな?」そんなジョニーを自分に重ねてしまったり・・

    プレゼントって何をあげようか考えるのってワクワクしませんか?
    もらうのはもちろんうれしけれど、相手がとびっきりの笑顔を返してくれるプレゼントを考えるのって本当に楽しい♪
    そんな気持ちを描いた絵本、ぜひ読んでみてください^^

  • ジョニーときたらもらうばかりのクセにプレゼントには文句ばかり! 怒ったママが「今年クリスマスはありません!」と宣言。さあ、どうなるジョニーのクリスマス! もてなすこと、喜んでもらうことの楽しさ・素晴らしさを優しく教えてくれる本。

全5件中 1 - 5件を表示

ジョニーのクリスマスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジョニーのクリスマスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョニーのクリスマスを本棚に「積読」で登録しているひと

ジョニーのクリスマスの作品紹介

プレゼントってもらうだけ?「もっとぼくのほしいものをちょうだい!」ジョニーは、クリスマスプレゼントにもんくをいいました。すると、おこったママはジョニーからクリスマスをとりあげたのです…。

ジョニーのクリスマスはこんな本です

ツイートする