おえどのおなら

  • 27人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : おちのりこ
制作 : まきの いさお 
  • 教育画劇 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784774611143

おえどのおならの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お江戸の長屋のかたすみで、
    赤ちゃんがおっきなおならをプー
    おかみさんが ブウッ、
    おしゅうとめさんがプヒー、
    おもての飛脚がププッ プッ プッ、
    でっちこぞうがブーッ
    ・・・
    ・・・
    ・・・
    お江戸のみんなが、オナラ。
    ただそれだけの絵本なのだけど、読み聞かせでは低学年が喜びそう。

  • おなら好きな三歳の息子に見せるもそれほど反応なく。

  • おならのバリエーション、その音と状況にあった絵がぴったり。
    おならの雰囲気がよく表現されていて、この絵を描いた人は思いっきりこのおならに浸って描いているんだろうな、と感動すらおぼえた(笑)
    かぶきやくしゃの音と、おじょうちゅうの音絵共に特に感動。けらいのおならの表情も素晴らしい。見えないけれど、どんなおならか想像が膨らむ。
    最後のオチがちょっと拍子抜けだったかなあということで星4つ。

  • ごいんきょさんのおならは?

  • ★★★☆☆
    くちゃい(‐▼‐)
    (まっきー)

  • 2010/5/11 5-1 3分
    いろいろなおならの音が楽しいお話。
    5年生には、つまらなかったようです。1・2年生には、受けそうな話です。

    2010/11/09 2-2
    2年生にはウケました。

    2011/4/19 5-2

    今年の5年生にはウケました。

    2011/10/18 1-2

  • 江戸の色んなシチュエーションでのおならの音。
    子ども達は「おなら」とか大好きですね(笑)
    一番最後の御隠居さんのおならに
    娘は息も出来ないほど笑い転げていました。
    4歳1ヶ月

  • ★図書館

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする