くものこくーとそらのなかまたち

  • 34人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
  • 教育画劇 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774611334

くものこくーとそらのなかまたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろいろなくもに隠れてかくれんぼするくーをさがしのが楽しいです。

  • 空遊びにつながるえほん。

  • ママの病院にて読む

  • くものこくーが、そらをとんでいるときに、あかいふうせんが
    とんできて、その中でるだしてだしてーと、こえがして
    ひもをほどくと、ふーにであったおはなしです。

    のりもののかたちのくもがあって、くーがかくれんぼを
    はじめました。
    ずんずんくろいくもたちがやってきて、くーがつかまっちゃって、
    あめあめざーざーかみなりごろごろ、くーはいまにも
    つぶされそうです。
    そのときふーは、おひさまをつれてきました。
    あたりいちめんゆうひいろになりました。

    ふうせんからふーがでてきて、あっ、くーのともだちだ、
    とおもった。
    くーがつかまっちゃったところは、どきどきだーとおもった。

  • 絵がかわいくてきれい

    くーが赤いふうせんからかぜのこふーを助け出して一緒にあそぶ。
    たくさんのかわいい形の雲が出てきて、「これなあに?」遊びが楽しいです。
    後半の雨雲⇒お日様⇒夕焼け、とお話が進んでいくと、ドキドキ感とかわいい友情が描かれ、夕暮れから夜へと変わる空の美しい絵に魅了されました。

  • 雲が色々な形に変わる。

    絵がかわいい。
    いかにも最近の絵本という感じ。

全6件中 1 - 6件を表示

くものこくーとそらのなかまたちはこんな本です

ツイートする