キャベツがたべたいのです

  • 224人登録
  • 3.94評価
    • (26)
    • (31)
    • (22)
    • (3)
    • (1)
  • 39レビュー
  • 教育画劇 (2011年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774611945

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
くすのき しげの...
やぎ たみこ
かがくい ひろし
ジョン・クラッセ...
平田 研也
tupera t...
岡田 よしたか
有効な右矢印 無効な右矢印

キャベツがたべたいのですの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【読み語り6分〜・年長〜】幼児の多い図書館読み語り用に。小学校では鉄板のこの絵本、虫が嫌いな小さな子どもは怖いかな…と心配したけれど、評判どおりの鉄板本でした。最初、未就園児数名はママのお膝へ戻ったり歩いたりと落ち着かない様子でしたが、最後には全員かぶりつきで聴いてくれました。この絵本はもちろん、図書館の方が用意してくれた他のキャベツ関連絵本もすべて貸し出しに。ヤオヤのおじさんになった秘密は種明かしせずに、お家で楽しんでもらうことにしました。(導入 手遊び「キャベツのなかから」)

  • ちょうちょの気持ちがわかるかも?

  • H29.2.8 おはなし会 6年1組

  • 24年度1年 ⑫1年  ⑫

  • シャッキリムシャムシャとキャベツが食べたくなる絵本。ナンセンスでストーリーはあってないようなものだけど、でもハッピーエンド?!キャベツ嫌いのお子様に。

    どの版もそうかはわからないけれど、自分が買ったのには、蝶達の顔が印刷された小さな紙がおまけでついていました。切り取ってセロテープで貼ると指にはめて遊べるのです。

  • 2015.5.30

    八百屋のオヤジがふえるふえる
    ふえるキャベツかオヤジか!?

    シャキシャキキャベツ美味いよね。

  • ボワンて(笑)。


    前二作とは一味も二味も違った切り口と展開。

    期せずしてそうなってしまった表情がすごく好き。
    そしておじさんがたくさんちゃんと仕事しているのがウケる(笑)。

  • シゲタサヤカさんの絵本はハズレなしですね。
    八百屋のおじさんが不思議なジュースを作って問題解決してくれるという設定が何とも言えません。

  • 2014/7/1 2ー3

  • たくさんのチョウチョが、はなのみつをおいしそうにすっています。しかし、はなのみつをきらい、あおむしじだいにたべていたキャベツを、もういちどたべたいとねがうチョウチョもいたのです。しゃっきりとさわやかな、みずみずしいあのキャベツを。ただ、ストローみたいなくちでは、キャベツをたべることができません。こまったチョウチョたちをみて、やおやのおじさんがあるものをつくってくれて──。
    とくせいジュースをのんでなんでこうなるの!www思わず目を見開いたわ。最後はウォーリーを探せ状態なのも面白い。おすすめです!

全39件中 1 - 10件を表示

キャベツがたべたいのですを本棚に「読みたい」で登録しているひと

キャベツがたべたいのですを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キャベツがたべたいのですを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする