レンタルおばけのレストラン

  • 42人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : スギヤマ カナヨ 
  • 教育画劇 (2014年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774613604

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
tupera t...
マージェリー カ...
酒井 駒子
苅田 澄子
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印

レンタルおばけのレストランの感想・レビュー・書評

  • ふかい山奥にふるいお寺がありました。そこに住みついているたくさんのおばけたち。
    おばけたちは大好きなおしょうさんたちにかまってほしくて、いたずらしたり、あまえたり…。ついにおこったおしょうさんはおばけたちをお寺から追い出してしまいます。反省したおばけたち、自分たちの力を人の役に立てようと「レンタルおばけ」の仕事をはじめます。おばけたちのはじめての依頼はつぶれかけのレストランを立て直すこと。さて、レストランはお客さんを増やすことができるのでしょうか。

  • 978-4-7746-1360-4 32p 2014・6・1 初版

  • 図書館より
    2015.6.3

  • お寺に和尚さんが一人で住んでいた。
    けれど、実は周りには妖怪がいっぱい。
    みんな和尚さんのことが大好きで和尚さんの邪魔をしてばかりでうるさがられてばかりでとうとう追い出されてしまう。
    そんなとき、レンタルDVDやレンタカーの広告を見て、おばけたちはそれぞれの特性を生かしてレンタルお化け屋を始めることにする。
    宣伝をしていると、お客さんがあまり来ない自分の家のレストランを手伝ってほしいという依頼が女の子が来る。
    行ってみるとぼろくて繁盛していさそうなレストランだった。
    おばけたちはまずレストランをお化け屋敷っぽく改装して、お化け屋敷レストランを開店する。
    一旦木綿は自分の体を濡らして雑巾掛け。
    物知りの天狗の考えたメニューはお化け風。
    河童は皿洗い。
    砂掛けばばあは調味料係り。
    雪女は暑くなったお客さんを冷やす係り。
    そうして、お化け屋敷レストランは大繁盛。
    これからは自分たちの力でやっていくと言う店主さん。
    おばけたちは儲かったお金で和尚さんのボロ寺を修理するように和尚さんにお金を渡す。
    ところが、和尚さんは自分たちのお金は自分たちのために使いなさいと、自分はこのお寺で十分、とお寺の隣に立派なお化け屋敷を建ててくれる。
    おばけたちにも住む場所が出来たのだ。
    ところが、おばけたちはまたお寺に住んで和尚さんにうるさいと言われる日々だったのだった。

    おばけたちの能力現代でも通用するようにアレンジしているのが面白い。
    見返しにはレンタル妖怪たちのどんな能力があるかが書かれていて楽しめる。

    いろいろなお化けのメニュー、どれも工夫されていて食べてみたい。

    和尚さんがうるさい!と怒るのはあまり好きじゃなかったけれど、それ以外は好き。

全4件中 1 - 4件を表示

レンタルおばけのレストランを本棚に「読みたい」で登録しているひと

レンタルおばけのレストランを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レンタルおばけのレストランを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レンタルおばけのレストランを本棚に「積読」で登録しているひと

レンタルおばけのレストランの作品紹介

おばけの力おかしします〜レンタルおばけ、いちどかりたらやみつきになるよ〜。

ツイートする