マーメイド・ロマンス (セシル文庫)

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 天花寺悠
制作 : 秋山 こいと 
  • コスミック出版 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774724805

マーメイド・ロマンス (セシル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セリはマーメイドの王と人間の間に生まれたハーフ。
    家族からみそっかす扱いされていたが、ある日突然兄から呼び出され、人間の国の情勢の内偵を命じられる。
    そのために女装をして、王子の花嫁候補として城に潜入する。
    正体を隠して陸に上がったセリだったが、肝心の相手には出会えないまま、相手の弟と名乗る第二王子に迫られる。
    街で助けられた神出鬼没・大胆不敵な男のことが気になりだして……

    という話でした。
    ちょっとぶあつめですが、思ったよりもすんなり読めて一安心しました。
    話のテイストとしては、おとぎ話風味、ハッピーエンド。
    間で人魚であることがばれて、捕まって殺されそうになっちゃったり、塔に幽閉されたり、いろいろな大変な目にあったりもします。
    ただ、みそっかす扱いされてると思っていた家族の愛情には実は裏があることもわかって、「よかったねー」と言いたくなるシーンも盛り込まれていたりして悪くないです。

    ちょっと分厚くなったのは家族とのシーンが入ったからなんだろうなあ……と思ったりもしますが、表紙から受ける印象そのままの話で、かわいい話が好きな方にはオススメします。

  • マーメイドと人間のハーフの受と傲慢攻の王子様
    差別問題が出てちょっと痛い話。でももちろんハッピーエンドだし、甘々です。

全2件中 1 - 2件を表示

マーメイド・ロマンス (セシル文庫)はこんな本です

マーメイド・ロマンス (セシル文庫)のKindle版

ツイートする