神様の子守はじめました。〈3〉 (コスミック文庫α)

  • 23人登録
  • 3.83評価
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 霜月りつ
  • コスミック出版 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774729411

神様の子守はじめました。〈3〉 (コスミック文庫α)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神子たち、すくすく成長!

    なんでもない日常がかわいい。それぞれの個性も強くなってきて、また梓や紅玉、翡翠の過去のエピソードも出てきて、どんどんキャラクターが濃くなっていく。それにしても表紙のホットケーキにかぶりつく玄輝かわいすぎる。

    「神子たち、花見に行く」どうなることかと思ったけれど、梓は父親にも会えて、いい話に落ち着く。桜が幻を見せるのは、色々な話で取り入れられているよね。「しゃばけ」にもあった気がする。

    「神子たち、ホットケーキを食す」親バカ極まるというか、ホットケーキって失敗するものだっただろうか……でも、こんなに期待されて、こんなに幸せそうに食べてくれるのなら、私もいくらでも焼く。そして、子どもにとってホットケーキは意外とおなかが膨らむ。

    「神子たち、モノノケ退治する」鏡のモノノケはともかく、神子たちがかわいい。女子と男子でケンカするのがかわいい。どんどん個性が出てきていますね。

    「神子たち、遊ぶ」四神それぞれにスポットを当てたお話。押し花を作る朱陽も、オーガミオーにこだわる蒼矢も、とってもかわいい。白花も玄輝ももちろんかわいい。

全1件中 1 - 1件を表示

神様の子守はじめました。〈3〉 (コスミック文庫α)はこんな本です

ツイートする