図解 近代魔術 (F‐Files No.001)

  • 125人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (7)
    • (24)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 羽仁礼
  • 新紀元社 (2005年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775304105

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

図解 近代魔術 (F‐Files No.001)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔術に関してかなり浅く広い記述がされた本。ゲームであるとかライトノベルなどの【フィクションで扱われている魔術】以上の知識を持たず、全くの魔術に関する予備知識が無いひとが取り敢えずの全体像を俯瞰するには良い本でしょう。

    ただ「日本を理解するために日本地図を眺めている」ような態度であることは記憶しておいてください。

  • 実践的ではありませんが、魔術の成り立ち、基礎についてが詳しく載っています。最初の歴史から、現代付近までを順序よく説明してくれるので飽きずに楽しく読めます。実践的なことには一切触れられていませんが、これから魔術をやるかたにも最初の予備知識としては最適だと思います。他のこのシリーズも気になります。

  • 引用しました。

    カバラと西洋魔術 (2015/10/20)
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1777

  • ちょっと、この書き方は読みにくいなぁと思いましたが、けっこう網羅的で楽しめました。

    シュタイナー魔術師だけならまだしも、秘密の首領の正体になっているという話は、けっこう楽しめました。

    あと、ウィッカって古い魔法なのだと思っていましたが、けっこう新しい魔法の流れなんですねぇ。しらなかったです。

  • 知識や一般教養として、近代魔術がどのようなものであったのかなどということを知るうえでは有用な書です。とくにファンタジー世界を寄り奥楽しむために最低限の知識を得るうえでは。

  • 広く浅く、まあ初心者向け。

  • 魔術の教科書という感じ・・・ここで興味を持ったのを専門的なやつで調べるのがいいかも

  • 見やすく、解りやすくて、
    入門書?案内書?としては、とっても良いのじゃなぃかと想います〜。

全9件中 1 - 9件を表示

図解 近代魔術 (F‐Files No.001)に関連する談話室の質問

図解 近代魔術 (F‐Files No.001)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図解 近代魔術 (F‐Files No.001)のKindle版

ツイートする