図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)

  • 251人登録
  • 3.54評価
    • (20)
    • (22)
    • (63)
    • (2)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 大波篤司
  • 新紀元社 (2005年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775304327

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
市川 定春
新紀元社編集部
有効な右矢印 無効な右矢印

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銃の事がよく分かる本。
    基礎的な弾の種類~有効射程距離まで書かれていて、小説を書くには読んでおいた方が良書。おすすめ。
    このシリーズ自体、おすすめ。

  • 今は、あんまり鉄砲に愛はありません。
    うーん、昔は、それでも、「44マグナム」とかいってよろこんでいたのですが……。

    しかし、これを読んではじめて、そういえば、クルッとまわるところのある鉄砲と、クルッとまわるところのない鉄砲があるなぁと朧気に思っていたけど、そういうことだったのかとはじめてをわかりました。

    ということは、以前も、それほど気にしていたわけではないということですねぇ。

    松本零士とか、喜んで読んでいる割には……。メカの説明とか、とばして読んでいるだろう……。

  • 銃器のことが全く分かってない私を見かねて、兄が勧めてくれた解説書。それほどマニアックでないし、基礎的なことが詳しく載っているので助かる。

  •  〝図解〟とはいえ、銃の画像数は控えめ。
     実物の写真ではなく、簡単な絵だけなのもつまらない。

     だからこれから銃の登場する映画やアニメを観て、その辺りを補完していこうと思います。基礎知識は頭に入ったので、いつもと違う見方ができそうで楽しみ。

  • 銃の世界は奥深い…ってなもんじゃない!
    単語分からない、イメージがそもそもつかない、ということで、まずは入門書的なこちらから読み進めることにしました。

    ときおり、ルパンとか出てくるのですが(笑)
    こういうのを知って、銃が出てくるアニメを見るとまた楽しいです。

  • 一生握ることはないと思うがなかなか面白かった。

  • ナツメ社の図解雑学シリーズみたいで、僕はあれ解説が下手なのが多いから、図解だけ立ち読みすることが多いんですけど、新紀元社も同じようでいて解説がひたすらわかりやすかった。ビジュアルや動画やwikiなどネットで補完しながら読むことで、今までまったく知らなかった火器類の入門に成功したと思えた。著者の方は他にも何冊かだしてるようで、そちらも楽しみです。ちなみにナツメ社のやつも「図解雑学・世界地図」はおもしろかったなあ。

  • テスト期間中に、息抜きで読んでました。漫画に出てくる「ジャムった」という言葉の意味をこの本で知りました。

  • ※未読※
    キャラに銃器持たせるの結構好きなので、いつか買いたいです。

  • 拳銃とかライフルとかい、印籠とか??? 真面目な本だったのに関連用語集でおかしくなった。変な項目と変な解説が混じってますよ、と。

全25件中 1 - 10件を表示

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)のKindle版

ツイートする