クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面 (Role&Roll Books)

  • 36人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 内山靖二郎
  • 新紀元社 (2006年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775305010

クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面 (Role&Roll Books)の感想・レビュー・書評

  • 1930年代の東京を舞台としたクトゥルフTRPGのリプレイ。
    るるいえシリーズで時々名前が見えていたので、気になって買ってしまいました。
    読む前は買わされた感になんだかなーと思っていたんですが、実際に読んでみると必読というわけでもなく、せっかく作った設定を再利用しているだけという雰囲気。単品でも楽しめて得した気分です(現金)。
    戦前の日本も魅力的なステージでもっと勉強しとけばよかったなーと改めて思う。
    コズミックホラーとしてもドロドロといい感じだったし、ゲームとしてもピンチにハラハラしたりと、満足度高いです。

  • 2010年4月29日読了。1920~30年代の日本を舞台にした「クトゥルフと帝国」なるTRPGのリプレイ。謎の少女・カナを巡り暗躍する「佐比売党」の幹部の面々と、党を陰から支配する宇宙的存在に探索者たちが立ち向かう。もともとTRPG「クトゥルフの呼び声」は禁酒法時代のアメリカを舞台にしており、モノクロの映画を観るように当時の雰囲気を楽しむのがそのプレイの大きな魅力でもあったのだが、何しろ我々は日本人。松本清張の小説の真相は、実は旧支配者の陰謀だった!などの設定の方がロールプレイにも熱が入るというもの。脚注も多く、編集されたリプレイと現場の違いや自分たちのローカルルールなどを丁寧に説明しているあたり、キーパーの真面目さや仕事の質の高さを感じる。久しぶりに読んだリプレイだったが、なかなかに楽しめた。

  • 根強い人気を誇るホラーTRPG「クトゥルフ」の、1920〜30年代日本サプリメント「クトゥルフと帝国」をベースにしたリプレイ。秘密結社「佐比売党」を震源地として起きる奇怪な事件を3回のセッションを費やしたキャンペーンとして描く。

  • TRPGとはなんぞや?
    見たいなところから入ったのですが、「テーブルトークRPG」なのね。
    もの凄くやりたくなったし、関連作品も読んで見たくなったワ。

全4件中 1 - 4件を表示

クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面 (Role&Roll Books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面 (Role&Roll Books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面 (Role&Roll Books)の作品紹介

世界的な人気を誇るコズミックホラー「クトゥルフ神話」を扱ったテーブルトークRPG『クトゥルフ神話TRPG』(エンターブレイン)。そのソースブックとして、1920〜30年代の日本をモチーフにした『クトゥルフと帝国』(エンターブレイン)が刊行された。本書は、その『クトゥルフと帝国』を用いたリプレイである。物語の主人公となる4人の探索者は、それぞれ異なる立場にあったが、やがて秘密結社・佐比売党をめぐる奇怪な事件に巻き込まれていく…。帝国ホテル、豪華客船・氷川丸、そして帝都・銀座の地下-を舞台に、探索者たちは宇宙的恐怖に立ち向かう。

クトゥルフと帝国リプレイ 白無垢の仮面 (Role&Roll Books)はこんな本です

ツイートする