図解 日本の装束 (F-Files No.018)

  • 143人登録
  • 4.00評価
    • (8)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 池上良太
  • 新紀元社 (2008年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775306536

図解 日本の装束 (F-Files No.018)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵描きの資料としてオススメ

  •  このシリーズは優れものが多いですね。本当に「図解」の名にふさわしく、詳細に図示されています。服装の細かい部分の名前など「これが知りたい」と思うことが見つかります。ただ、探すのには少し苦労することも。関連ページを併記してくれると、もっと使いやすくなるのですが・・・

  • いろいろな時代の装束について詳しく書かれていたけど、ちょっとつくりが不親切。せめて同じ装束(狩衣姿とか)なら全部見開き2ページのなかに、とはいかなくてもある程度まとまってすべての衣装の解説があったらよかったのに。中のこの服の解説はどこだっけ…?とか、和装に詳しくないわたしには探すのが大変。

  • すっごく簡単な内容なんだろうなーって思ったらば、簡単に手に入って手軽に買える金額の本としては内容がしっかりしていたので、買い!
    こっからさらに深い知りたいところ調べていく、出発点の本にいいんじゃないでしょか。

    しかし図説資料は絵だけなので、写真資料があったらなぁと思わずにはいられない。

  • 抹茶色と黒の二色刷り、250ページほどで1300円と良心的な本。

    基本的に左ページには文章による解説を、
    右ページにはその解説に描かれた内容を絵で図説。
    服飾の主な部位を説明していて、着付けは詳しくない。

    著者もふれている様に、この本は省いていることが多く、
    図説が少々分かりづらいことがあるので、
    京都にある風俗博物館のHP内、日本服飾史資料ページの
    カラー写真を見つつ読むと分かりやすい。

    右側にもルビを振っていてくれればもっと読みやすかった以外は
    基本的なことを知るには良い本だと思う。

  • なんとなく、歴史ドラマとかでも、服装を見ればどの時代かわかるような気がします。最近は、幕末と戦国しか、あんまり目にしませんが……。
    けっこう、平安時代とかも、ドラマにしたらおもしろそうだ。

    服地自体は、なんぼ図で見ても、やっぱり着てみないとどういうものか、わからないですよねぇ。想像がつきにくいです。

    この服のせいで、こんなことを困っていたみたいなエピソードがあれば、おもしろかったのにと思いました。

  • よく見たら某方が持ってたのと同じだった…

  • 古代古代!と求めて買ったものの役に立ったり立たなかったり。
    (活かせてないともいう)
    図解されてもわからんもんはわからん。
    3次元で眺めたいです。

  • いわゆる専門書に行くまえに読んでおくと理解しやすくなると思う本(と、著者の人も言っている)

  •  古代から現代まで、和装についての情報を時代別に見開き二ページで収めきった良書。
     もちろん、各時代で細かくツッコんでいったら、食い足りない部分は出てくるけれども、それでもこの情報量は、本のサイズと価格を考えたら、破格ではないだろうかと思う。

     時代に関係なく、装束に興味がある人、日本の古装が好きな人は、持っていて損はない! と、力いっぱい勧めたい良書。

全11件中 1 - 10件を表示

図解 日本の装束 (F-Files No.018)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解 日本の装束 (F-Files No.018)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解 日本の装束 (F-Files No.018)の作品紹介

図解で分かる、平安貴族や武家の衣装。

ツイートする