中世ヨーロッパの武術

  • 122人登録
  • 4.15評価
    • (8)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 長田龍太
  • 新紀元社 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (671ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775309469

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
國分 功一郎
ジェームス W....
マシュー・ベネッ...
J・E・カウフマ...
ペトリ サルヤネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中世ヨーロッパの武術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 力任せのぶん殴りと思っていた中世ヨーロッパのソード扱いにこんな技の体系があったとは。
    当初の読み物部分は兎も角、実際の技の解説は手に取り返しては何度も読めるところだろう。
    これ読んで、勿論実践出来るわけでもなければなんと言うことも無いと言えば無いが、それでも価値のある一冊。

  • RPGやってればよく目に付く武器防具の使い方や体術が簡単な図解で読める本。ざっと挙げると、ロングソード、ダガー、レイピア、ポールアックス、フレイル、大鎌、ハルバート、バックラー、ヒーターシールドなどなど。
    これからはゲームで出てきてもイメージをがつかめるはず。
    最も近頃のゲームは武器防具もリアルに再現できるのだろうけど。

  • 武器ごとの技紹介、ヨーロッパ武術の概略や概念、章末のコラム、どれを読んでも面白く、600ページ以上のボリュームで2800円という価格もよかった! どのページを開いてもワクワクする本☆

  • ブログ「火薬と鋼」にて紹介されていて興味をもったので購入.かなりの分厚さのためじっくり読もうと思ったら,面白くて一気に読了.格闘技,中世ヨーロッパの歴史,ファンタジー小説,RPGなどに興味のある方にはたまらない一冊となるだろう.今はルネッサンス以前のヨーロッパを暗黒時代とする見方には否定的となっているそうだが,本書もそれを裏付けるものである.オススメ.

  • 本書はマンガや映画などで見かけるロングソード術やレスリング、レイピア術など、中世・ルネッサンス期における剣術・格闘術のすべてを図解したものです。筆者の執念を感じる仕事には本当に敬服します。

    本書はある方に資料として勧めたときに、いい機会だから自分でも読んでみようかと思い、手にとって見ることにいたしました。僕は中世ヨーロッパの武術に関してはほとんど知識はなかったのですが、筆者の執念にも似た膨大な資料と、ある技術は失伝して技術が途絶えていることを認めつつもこうして一冊にまとめてくれたことを感謝します。

    ここに記されているのは、マンガや映画などでおなじみとなったロングソード術や、レイピア術だけでなく、某連続殺傷事件で有名となったダガーナイフとはまた別なルーツを持つダガー術に加えて、日本の古流柔術などと比べてもなんら遜色もないレスリング術、さらには日本の戦場における鎧組討を髣髴とさせるような、鎧を着たレスリング術など、中世ヨーロッパの戦闘教本を解説したものになっております。これはおそらく日本で発行された初めての書籍でしょう。

    僕はその辺の事情はよくわかりませんが、俗説として近世より遅れていると思われ続けたといわれる中世ヨーロッパの武術が、当時いかに発展していたかを知ることのできる一冊であると思います。

    特に自分が興味を持ったのはレイピアなどの剣術やスタッフと呼ばれる棒術は無論のことですが、ダガーを使った戦闘術は、お互いの間接を取り合ったり、けり技などの当身を交え、さながら日本の竹内流に代表されるような古流柔術を彷彿とさせるもので、『いかに相手を仕留めるか?』というおおっぴらに語るにはある種のタブーが付きまとう知識や話題でありますが、その技術の精緻さに思わず舌を巻いてしまいました。

    さらに、戦場における最後の手段である鎧を着た状態でのレスリングは、武装の隙間を攻撃したり、組み伏せたあとに頭部をダガーで一突きして止めをさす描写を書いた絵と解説を読んだときも興味深いものをおぼえました。これは当時のことを知る貴重な資料であるとともに、これを参考にして物語を作るときなどにも使え、多様な用途を持った一冊であると確信をしております。

  • 資料ID:21204591
    請求記号:789.023||O

全6件中 1 - 6件を表示

中世ヨーロッパの武術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中世ヨーロッパの武術の作品紹介

中世ヨーロッパの戦闘教本。ロングソード術やレスリング、レイピア術など、中世・ルネッサンス期における剣術・格闘術のすべてを図解。

中世ヨーロッパの武術はこんな本です

ツイートする