シノビガミ悪 七人の悪魔忍者 (Role & Roll Books)

  • 20人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 七原 しえ 
  • 新紀元社 (2013年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775310311

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シノビガミ悪 七人の悪魔忍者 (Role & Roll Books)の感想・レビュー・書評

  • 悪意の齋藤高吉、悪趣味の速水螺旋人、悪ノリのびぃえむ、悪女のシナコ、唯一の良心、魚蹴と、圧倒的に悪いひとたちでした。
    プレイングも悪いぜ。

    いろんな思惑がまぜこぜになっていて、ミドルフェイズの混乱っぷりは追いきれないくらいすごかった。

    でも最終的には何となく落ち着くところに落ち着いたような気がするのは、みなさんの実力か、負けロールプレイのうまさか。

    それにしても、びぃえむさんはひどい。

全1件中 1 - 1件を表示

河嶋陶一朗の作品一覧

河嶋陶一朗の作品ランキング・新刊情報

冒険企画局の作品一覧

冒険企画局の作品ランキング・新刊情報

シノビガミ悪 七人の悪魔忍者 (Role & Roll Books)の作品紹介

私立御斎学園を訪れた鴉の前に、時坂菊之助を名乗る少女が現れ、記憶を失う前のもう一人の鴉-怪炎の真実を知っていると告げた。そして、時空忍法「時渡り」を使って、怪炎が誕生した時間へと鴉を誘う。そこは、妖魔「虚舟」によって廃市と化した戦国時代の京の都であった!あらゆる技や術をよせつけぬこの妖魔に対し、時の将軍は、「悪魔忍者」と呼ばれる非道の七戦鬼を召集する。菊之助は、この悪魔忍者の一人こそが、怪炎だと語るのだが…。

シノビガミ悪 七人の悪魔忍者 (Role & Roll Books)はこんな本です

ツイートする