スター・ウォーズ/ジェダイクエスト (3) 危険なゲーム

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 西村 和子 
  • オークラ出版 (2007年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775509234

スター・ウォーズ/ジェダイクエスト (3) 危険なゲームの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セブルバとの再会やブーンタ・イヴ・クラシック優勝後に売り払われたアナキンのポッドレーサーの行方がフォローされているなど、『EP1』の後日談としての色が濃いです。言うことを聞かない弟子や手癖の悪い友人、横暴な競技委員会に振り回されっぱなしのオビ=ワンがかつてないほどイライラぴりぴりしているため、読んでいて結構ストレスが溜まります。そして結末がジュニアノベルとは思えないくらいにシビアなのですが……。

  • オビ=ワン、アナキンともに見せ場があってなかなか面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

スター・ウォーズ/ジェダイクエスト (3) 危険なゲームに関連するまとめ

ジュード・ワトソンの作品一覧

ジュード・ワトソンの作品ランキング・新刊情報

スター・ウォーズ/ジェダイクエスト (3) 危険なゲームの作品紹介

銀河競技会の警備をするために惑星ユーセロンにやってきたアナキン・スカイウォーカーは、非合法のポッドレースが行われると聞きつけ、師のオビ=ワン・ケノービにはないしょでレース場に足を運ぶ。そこで知りあったのは、タトゥイーンのレースでともに戦ったラッツ・タイレルの息子であるディーランドとドビーだ。彼らの妹・ジャラが、アナキンのかつての宿敵セブルバの奴隷となっていることを知って助けたいと思うが…。ポッドレースにしかけられた罠に、アナキンはどう立ち向かうのか。

スター・ウォーズ/ジェダイクエスト (3) 危険なゲームはこんな本です

ツイートする