伯爵の花嫁 (マグノリアロマンス)

  • 21人登録
  • 3.54評価
    • (2)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 芦原夕貴 
  • オークラ出版 (2009年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775514238

伯爵の花嫁 (マグノリアロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとヒロインがじゃじゃ馬すぎて、愛せなかった…ちゃんと自分の行動を振り返って反省はするのだけど。。

  • シリーズ① ヒロインは勝気で逆境にも全然めげすグイグイ前向きに進んでいく ヒーローは過去は捨てたと言いつつ実際は過去に囚われている どこまでも明るいキャラのヒロインと寡黙なヒーロー 二人がお互いの利点を見いだし少しずつ歩み寄っていくかと思いきや政治が絡んできて一筋縄ではいかない 
    全P448 面白いけどサクサクとはいかなかった
    “著者あとがき” の史実が面白い 事実は小説よりも奇なり イングランド史ってややこいけど深いわw

  • すれ違いのとこが切なかった。噛み合わないお互いの想いにやきもきはするけれど、ヒロインがきっぱり思いぶつけたり貫く我が儘も不幸な生い立ち故で苛々は少なかった気がする。
    ヒーローはヒロインにやさしくて無自覚で夢中なのがよくわかる。

  • 【あらすじ】男爵家に生まれたグウィネスだが、両親の死後、叔父の家族が城に移り住んだことによって、使用人同然に扱われるようになった。そのうえ、日照りを止めてもらうためにと、森に住む魔術師のもとへ花嫁として差し出されることに。いけにえとして魔術師との結婚を選ぶか、それとも―死を選ぶかを迫られたのだ。しかし、魔術師と呼ばれるアリクの正体は高名な騎士である伯爵だった。いままでにたくさんの死を見つめつづけてきた彼は、グウィネスの死を見るのがいやで結婚を承諾する。けれど、グウィネスに自分の正体を明かそうとはせず…。

    三部作の1。
    思いのほかヒロインがおしゃべりだった。
    だからではないけど、ヒロインにイライラ。
    でもヒーローめちゃくちゃ尽くすタイプにニヤニヤw
    最終的に考えたのが、王道的逆転夫婦ロマンスなんだねって事!!
    いつもは暴慢なヒーローに抱擁力のあるヒロインが癒し情熱の波に乗る話が大好きで、そうゆう系ばかり読んでたけどw
    本書は行動派過ぎる(我侭?)妻ヒロインを抱擁力のある(ヘタレではない)夫ヒーローが奮闘する話。
    たぶんそうと違うかな?
    ヒロインをすぐ好きになれなかったけど、あれぐらい肉食妻でないと奥手夫を引っ張り出せなかったと思うしね。

  • 薔薇戦争末期のイギリスを舞台にしたヒストリカル。例のロンドン塔で殺された(と言われている)兄弟が重要な鍵となる……がロマンスの方はねぇ……。戦に疲れて身を隠した伯爵×男爵の忘れ形見で叔父にやっかい者扱いされている令嬢の話だけど、伯爵が自分の爵位を弟に正式に譲りもせずに隠遁するとかありえないのじゃなかろうか。なんだかとってつけたようなホットシーンも含めて「なんちゃってヒストリカル(やや残酷描写あり)」だったような。
    何故こんなに点が辛いのか自分でも不思議だけど、多分私は男が(身分を隠してたくせに)女を自分の財産目当てとか思い込む話が嫌いなんだと思う。

  • 中世後期のヒストリカル・ロマンス。
    歴史背景の書きこみが充実している。
    ヒロインが気が強くて即物的なのがはじめ気になったけれど、
    成長物語とも読め、読後感はさわやか。

  • ヒストリカル・ロマンス、面白かったです。

  • ヒロインは地位やお金に固執していて、貧乏で身分の低い(ように見えた)ヒーローをなかなか受け入れることができない。城の女主人になることが彼女の夢なのだが、それは権力欲ではなく幼い頃に両親に先立たれ淋しく育ってきた彼女が誰かに自分を必要として欲しいと願って希望しているように私には思え、まだ子供っぽさが残るところとあいまって、ほほえましく、嫌な頑なさではなかった。でも、最後にヒロインが「裕福でも幸せになれないことがある」と気付くので、本当はお金に固執していただけだったっぽく、私は良く解釈してあげすぎたかも。とはいえ、まだ若いヒロインが女主人以外の生き方を知らなかったゆえに固執してしまったのも無理ないと思う。ヒーローは時に鈍感ながらも、ヒロインに辛抱強く優しく接するので好印象。ドラマチックな話ではなかったが、穏やかで良い話系。

全8件中 1 - 8件を表示

伯爵の花嫁 (マグノリアロマンス)のKindle版

ツイートする