男子キャバクラ ~純情うさぎ~ (プリズム文庫)

  • 48人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (5)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 神香うらら
制作 : 水樹 氷 
  • オークラ出版 (2011年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775516539

男子キャバクラ ~純情うさぎ~ (プリズム文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学3年×大学4年の年下攻め。初心で純情で世間知らずな受けがゲイ向けのキャバクラでバイトするドタバタラブコメ。ホストとは異なりNO1争いとうの泥臭さは一切なく、終始ホワホワムード。マイペースながらも芯のしっかりした受けをつなぎとめているのは、他方から横やりも入りそうだし案外難しいかと…。攻めが誠実で受けが素直。女装なしのコスプレも新ジャンルで面白い。

  • エロカワイイコスプレが好きな人にはオススメです(エロアリ★★★)

  • 「都内の大学に通う真季は、地味で冴えないメガネっ子。
    実は近くでよく見れば、きめ細かい肌に大きな瞳のなかなかの美少年なのだが…。
    ある日真季は、かつて祖父が所有していた稀覯本を古書店で見つけ、その高価な本を買うため新しいバイトを始める。
    バイト先は、コスプレ姿で男性客をもてなす『男子キャバクラ』。
    ところがその姿を、大学の後輩、それも『キャンパスの帝王』と呼ばれるほど人気者の海翔に見られてしまって―。」

  • 年下攻 女装 健気受

  • チクビとトンチキ設定では期待を裏切らない作家さんだと思います。
    我慢しすぎて暴走しちゃう攻めがいい。受けの天然鈍感っぷりも。
    楽しめました。

  • 表紙でイラストが残念な気がしたけど、作者も気に行ってる通りたしかに攻がいい感じで、中は悪くない。非常にあほな設定なんだが、座敷牢とかより好きなのは、攻のいじらしさかしらん。inしてからがもちょっと長いほうがいいなぁ。

全7件中 1 - 7件を表示

男子キャバクラ ~純情うさぎ~ (プリズム文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

男子キャバクラ ~純情うさぎ~ (プリズム文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

男子キャバクラ ~純情うさぎ~ (プリズム文庫)はこんな本です

男子キャバクラ ~純情うさぎ~ (プリズム文庫)のKindle版

ツイートする