傲慢な王子といらいら姫君 (プリズム文庫)

  • 79人登録
  • 2.65評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (4)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 森本あき
制作 : 小椋ムク 
  • オークラ出版 (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775516829

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

傲慢な王子といらいら姫君 (プリズム文庫)の感想・レビュー・書評

  • 絵に釣られて買ってしまったのですが、森本さんのお得意とする元気溌剌なタイプではなくて残念。
    タイトルももう少しあったものにしたら印象が変わったのかもしれません。
    それにしても、月朝の心配をよそにステファンを自由に扱う天然風雅。いつの間にそんなんになったのでしょうか。
    もうちょっとドタバタしてほしかったです。
    身近にしっくりとおさまりすぎていて残念でした。

  • 大金持ちの問題児兄弟の兄・マティアス×日本人大学生・月朝
    &問題児弟・ステファン×月朝の親友・風雅のカップル2組です。
    卒業旅行でヨーロッパの僻地の島に来て
    御屋敷に招かれて・・・
    1組目のカップルは、意地っ張り月朝が風雅を助けようとして
    マティアスと取引をするってお話です。
    こちらの本では、お話の前半部分って感じです(^^)

  • 悪くはない。悪くはないんだけど「1冊」でこの内容?ってくらいなんか中身が薄いんだよねー。なんで???
    卒業旅行に雑誌で見た写真の景色を求めて北欧の島にやってきた月朝。連れは一番大事な親友の風雅。性善説に基づいて行動するかのようなお人好しの風雅にひやひやしながらやってきた島で、美形の兄弟に拉致されてしまう。
    彼らは問題ばかり起こすのでお金持ちのおじいさまにこの島に閉じ込められていて、「遊び相手」として月朝と風雅を選んだという。
    風雅の身の安全を守るため月朝は自分の身を投げ出すが・・・。

  •  雑誌でチラッと写っていただけの景色を見に来た月朝。
     そこは、、北欧の小さな島で、親友の風雅を誘って卒業旅行にやってきたのだ。
     風雅は、性善説を信じているような素直でまっすぐな青年で、何でも疑ってかかる月朝とは正反対。誰の言われたことでも素直に信じ込んでしまう。ところが、それでいて自分を決して曲げることがないから、口の悪い月朝でも遠慮なく何でも口にすることができた。
     けれど、島に着いて早々、入国管理官だという双子の美形兄弟の弟・ステファンの車になんとも疑いもせず、乗ろうとするなんていただけない。
     必死で月朝は止めるけれども、結局、月朝も一緒に同情することになる。
     けれど、案の定、連れて行かれた先は、二人が宿泊する予定であったホテルではなく、双子のお城のような自宅。
     気の強い月朝を気に入ったマティアスは月朝に、月朝を好きにさせる代わりに、ステファンに風雅に手を出さないように伝える、という約束をしようと言ってくる。
     軟禁状態の月朝は、しぶしぶそれを飲むしかなくて……

     という話でした。
     島についたら、いきなりキラキラした美形兄弟に連れ去られて、軟禁状態にされて……という。しかも、相方のはずの風雅は全然、それをわかっていなくて、危機感がゼロ。
     月朝にとっては頭の痛い話なんですが……。
     これ、実は思い切り途中で終わってて、「ああああああ」ってなりました。
     とりあえず、風雅を守るために、自分の身体を差し出した月朝だけれど、その後再会した風雅とステファンはなにやらいい感じで、それに危機感を募らせた月朝は、それを邪魔するために、今度はマティアスに自分から取り引きを持ちかける、というすっごくいいところで、終わっていて、じたばたとしました。
     その代わり、「冷酷な王子とほんわか姫君」という風雅視点の話が入ってるんですが……。
     ど、どこがほんわかなんですか……?
     という感じの風雅の性格がなんとなくすけて見えて、こっちは冷や汗ダラダラ。
     多分きっと、風雅は月朝が思ってるよりもずっといろんなことがわかっていて、自分の魅力も十分知っているんではなかろうか……? というところがチラホラ。なんとなく、作者さんは「ほんわか」のつもりで書いてるのに、微妙に失敗しているだけのような気もしなくもないですが、これなら逆に腹黒なんじゃ……と言いたくなるレベル。
     よっぽど、月朝の方が素直でかわいいような気がします。
     完全に、ステファンを手玉に取る、小悪魔でしたよ……?

     まぁ、そんな感じで、二組のカップルが織り成すきらきらな王子様との春のバカンスなので、続きを用意してから一気に読むことをオススメします。

  • 攻は二人の双子。受は仲の良い友人二人の2カップル。
    受二人は全く性格が異なっていて可愛かった。思いっきりの意地っ張りと思いっきりの天然。攻二人も本質は似ているけど現れ方が全く異なってて面白かったです。ただ、真っ黒な性格ですけどね。
    ただ、読み切りかと思ったら思いっきりの続きものなのでびっくりしました。後編が来月出るとのこと。

全6件中 1 - 6件を表示

傲慢な王子といらいら姫君 (プリズム文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

傲慢な王子といらいら姫君 (プリズム文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

傲慢な王子といらいら姫君 (プリズム文庫)はこんな本です

傲慢な王子といらいら姫君 (プリズム文庫)のKindle版

ツイートする