束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 小川久美子 
  • オークラ出版 (2012年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775518496

束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    旅先で出会った相手に捨てられて傷心のキャリーは、故郷で傷が癒えるのを待っていた。彼とは熱く激しい関係を持ち、心から信頼することができた。だけど、身も心も捧げたのに、彼女はホテルに置き去りにされたのだ。早く彼のことは忘れたい―切望するキャリーの前に、彼女を捨てたマックスが現れた。「話がしたい」と言われたものの、キャリーはマックスを殴って追い返す。しかし、簡単にあきらめるマックスではなかった。マックスは、キャリーをふたたび自分のものにしようと動くが、彼には秘密があった。それがあるかぎり、キャリーと正直に向き合えなくて―。

  • ロマンス的にフリー設定でもOK!の人向き。ストーリー性には疑問符。

  • アブノーマルな愛のコルター一家シリーズ3作目 妹のキャリー・コルターと、富豪のマックス・ワイルダー。今回は逆ハーでは無くSMで支配と服従がテーマ(でも、過激すぎるプレイは無い)。気が強く自立しいるキャリーの方が服従側。一度キャリーを捨てたマックスが”約束を破ってもキャリーを選ぶ”で戻ってくるが、約束が思わせぶりにしては、大した理由で無く誤解ってのはイマイチだが、面白くて読了はあっという間です。

  • 『罪深き愛につつまれて』 『愛とぬくもりにつつまれて 』続編

    セス、マイケル、ディロンの妹 キャリー・コルター。

  • 前前作「罪深き愛につつまれて」読破。
    前作「愛とぬくもりにつつまれて」読破。
    本書は末っ子娘の話。
    我慢出来ずに喜々として購入し一気に読んだ。
    最高に面白かった!
    ただ、本音言うと期待してた……3対1だと。
    でも!すぐにそんな事気にしないぐらいヒーローとヒロインのちょっと?変わった関係にハマったw
    それに家族たちの大きな愛が読めて嬉しかったw
    不満を言うならもう少しページ数を増やして、コルター家の日常を読んでいたかったぐらいかなw
    本書読んで、PCで前前作の小話を読んで、もっともっとこのシリーズが好きになった。
    新しい関係のロマンス小説を読みたい方にはオススメ。

全5件中 1 - 5件を表示

束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)を本棚に登録しているひと

束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)を本棚に「積読」で登録しているひと

束縛という名の愛につつまれて (マグノリアロマンス)はこんな本です

ツイートする