くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)

  • 48人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 森本あき
制作 : 小椋ムク 
  • オークラ出版 (2013年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775520147

くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)の感想・レビュー・書評

  • 友人関係同棲ヤッホー!!!と読み進めるも、中盤から「ええっ そっちの路線なの?!」とややしょんぼり。受けが案外となよっとしているというか、女々しい感じで、ケンカップル的なものを期待して読んでいたので「なんか違うなあ」と思ってしまいました。序盤の軽口の応酬などは大変に萌えたのですが・・・・・・。わちゃわちゃ系ではなくて切ない系路線でした。
    全体の三分の一くらいのページ数で収録されている短編は、本編のその後ではなく「前日譚」。これも後日譚好き的には寂しかったです。
    でも「売れっ子作家」な攻めと「しがないライター」の受け、という関係性、慕情とプライドの板ばさみ、攻めの俺様クズっぷり(!)、そして雰囲気ある友人関係描写はニヤニヤできて大変に良いものでしたので、同棲ホモップル日常モノ好きには一読の価値があるやも。

  • 私的にはパズルのピースがはまったごとく、お互いの足りない所を補えるステキなカップルに見えました♪♪♪

    ☆小説家志望で芽が出ずライターとして生活する麦太郎と、小説家で芽が出て悠々自適な生活を送る元公務員志望の勲斗。

    ふたりの過去と現在が交差し、思わぬ恋心に胸がキュンとしました〜 (*^ ^*)

  • 趣味が悪いね、と苦笑いしたくなる。名前がまた何でこれなのかと思うが、終盤になるとかわいく見えたり。

  • 小説家を夢見るが落選続きの麦太郎と、人気作家だけれど将来は公務員になりたいという勲斗。
    俺様な勲斗の正直すぎる性格が清々しくて、ただのセフレだった大学生時代が、実は麦太郎の片思いだと知り、切ないけれど萌えました♪

    小説家になる夢は諦めた(んだよね?)麦太郎だけど、フリーライターとして本が出せて良かった!しかも売れてよかったw
    公務員になる夢を諦め、麦太郎を選んだ勲斗に惚れました♪

    今作はとってもキャラが深いお話でした♪

  • キュンキュンです。萌えツボ直撃。めっちゃ好き。切なくてしめつけられます。イラストがまたいい!裏表紙のぬいぐるみがまたいい。

全5件中 1 - 5件を表示

くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)を本棚に登録しているひと

くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)の作品紹介

麦太郎は、小説家を夢見るフリーライター。とはいえ、30歳過ぎても花咲かない自分の才能に最近少し疑いが…。一方、大学からつるんでいる同居人の勲斗は、今売れに売れてる人気ミステリ作家。でもって、投稿作が落選して落ち込む麦太郎の前に、「どこでも紹介してやる」と編集部の名刺をずらっと並べるような無神経なヤツだ。ある日、うっかり酒(麦太郎はやけ酒…、勲斗は祝い酒!)を飲み過ぎてしまった2人は-。

くされ縁 ~人気ミステリ作家としがないライターの場合~ (プリズム文庫)はこんな本です

ツイートする