燃えてプニ子!! (プリズム文庫)

  • 55人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 犬飼のの
制作 : サガミワカ 
  • オークラ出版 (2015年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775523742

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

燃えてプニ子!! (プリズム文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作家買い。表紙とタイトルから見て犬飼さんはコメディタッチも書けるのかと心の準備をしていました。結果、♪に戸惑いうわっ滑りのまま終了。
    上から目線で相手の気持を確かめて自分の価値を確認する性根が苦手。
    それでも本命が出来ることで仕事もダイエットも一生懸命な姿は楽しめましたし恋するパワーは岩をも割るんだと思った。二ヶ月であの減量は驚異的。
    先生がお好きなのか、相変わらず料理がとても美味しそうでレシピの役目も果たしてくれているのでとても参考になります。

  • 過去の行いでプニ子に萎えたので二人が水に流しても、もやもやした物が残る。そういう事をする人は変わらないと思っているので。なので話しは面白かったがちぐはぐな感じがしてちょっと残念。

  • 超美形でモテモテな愛人業を生業とする子が
    15㎏太って真実の愛を探す話w

    ネタバレになるので詳しくは書けませんが
    結末はハッピーエンドなんだけど上手く表現できない
    モヤッと感が残りましたw

  • 軽快で面白かった。クライマックスのどんでん返しもね。けど、2ヶ月で15キロ…痩せてみたいもんだわ。自分の体質も知ってみたい。

  • ただのアホエロコメディ…でもなかった。うーん、転結が…重いのに軽く流されたようで…。受けの性格・所業を許せるかどうかだけど、個人的には未消化気味。もうあのエピソードで、真実の愛を求める資格ないじゃん…とか、人に冷水ぶっかけといて…とか、全て否定したくなる後味の悪さ。
    エロで★+1です。

  • 犬飼センセのコメディサイド。とても自信満々なプニ子に最初びっくりしますが、まさしくそこが出発点となっていました。笑えるドタバタなダイエットBLかと思ったら、意外にも胸がはげしくキューンとなってしまいました。

    若くてきれいでかわいいから根拠がないわけじゃないけど、どこからわいてくるのかその自信!という感じのヒナちゃん。そのまま何の疑問も感じることなく愛人生活をまっとうすればいいのに、「真実の愛」というものに目覚めてしまったところが面白かったです。
    案外素直で性格がよくて、読んでるうちにだんだん大好きになってしまいます。
    「真実の愛」を確かめようと自分の武器を放棄したところで、まさかの中学時代の憧れの君との劇的再会ww
    運命の人、工藤と付き合うことになって、やっぱりきれいな自分を見てもらいたいとダイエットをがんばり始めるヒナちゃんの、生き生きと輝く姿が眩しかったです!

    ダイエットにも、自堕落な愛人生活をやめて地道な仕事にもせっせと励むヒナちゃんが、スタイルだけじゃなく考え方や生き方もマトモになって身も心も美しくなっていく様子がとてもよかったです。

    …ところが。
    工藤のためにがんばったのに、ダイエット成功直後に衝撃的な展開が待ち受けていました。
    工藤のこと酷いと思いながらも、ヒナちゃんへの気持ちに嘘はないと思っていたので、むしろ理由が知りたくなりました。
    …仕返しするには二人ともオトナになりすぎていましたねw
    でも、わだかまっていた気持ちを互いに吐き出せたのはよかったです。
    復縁できて、ほんとにほんとにホッとしました。
    ヒナちゃんはすごくいいお嫁さんになれると確信です!
    エロ的には、ヒナちゃんがどんな体型であろうとエロかわいくて萌えました。かなりいいエロ。

  • 再会もの変化球。末長くラブラブしてほしい。

全7件中 1 - 7件を表示

燃えてプニ子!! (プリズム文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

燃えてプニ子!! (プリズム文庫)の作品紹介

完璧な容姿と若さを武器に、超贅沢な愛人生活を送ってきたヒナ。だけど、もう27歳…そろそろ将来の保障付きの『真実の愛』を見つけたい。そこで、美貌だけに群がる男どもの目を欺くため15キロの贅肉を身にまとい、愛を求めて二丁目のバーへ繰り出した。するとなんと、初恋相手の工藤先輩と偶然再会!中学時代ちょい悪だった先輩は、イケメン度1000%の爽やかゲイ青年実業家に変身していた。こんな美味しい『運命の相手』を前にして、うかうか太ってる場合じゃないって!!

燃えてプニ子!! (プリズム文庫)はこんな本です

ツイートする