もつれた関係 (マグノリアロマンス)

  • 12人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 出水 純 
  • オークラ出版 (2015年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775524145

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クレスリー・コー...
クレスリー・コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

もつれた関係 (マグノリアロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男性側の一人称のみで語られる珍しいパターン。でも読んでると納得!話には聞いてたけど、ドリューの俺様ぶりはホント半端なかった!見た目ヨシ、仕事はデキル。同じ女とは二度目は無い、朝まで添い寝はしないがモットー。でもモテまくる。こんなキャラクターの魅力(?)を描ききるには女性目線では描ききれないだろうな。そんなドリューが「ただ1人」の女性・ケイトに出会ってしまった。同じプレゼンを競い合った時の低レベルの争いも、深く傷つけてしまい、汚名返上のモラハラ、パワハラ、セクハラを駆使しまくった作戦もメチャクチャ笑える!ケイトも素敵な女性でした。

  • ありがちなコンテンポラリのすれ違いロマンスだけど、男性視点というのがユニーク。
    楽しかった。

  • 男性目線の一人称で語られていくロマンス小説では珍しい作品でした。
    ヒーローの残念っぷりに終始ニヤニヤしながら読了。おバカ加減が突き抜けてて笑いが止まらなかった。
    ヒロインにしたことはけっこうヒドいかもしれないけど、その間の抜けたひどさすら可愛く思えたり(ケイトからしたら迷惑極まりないですが笑)

    姪っ子のマッケンジーにも癒されました。
    こんな可愛い姪っ子ちゃんがいたら汚い言葉使わなくても貯金箱にお金入れてしまいそう。

全3件中 1 - 3件を表示

もつれた関係 (マグノリアロマンス)を本棚に登録しているひと

もつれた関係 (マグノリアロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もつれた関係 (マグノリアロマンス)の作品紹介

俺の名前はドリュー。仕事はできるし女にモテる。俺が落とせない女はいないと思っていたのに、なぜかクラブで出会った極上の美女だけは俺を袖にした。その女-キャサリンは、なんと俺のいる会社の新入社員だったのだ。絶対に…なにがあっても…女を抱かないと誓った職場に狙った相手が現れるとは、まったくついてない。一夜かぎりの関係をつづけてきた俺にとっては、どんなに強く彼女を欲しても職場恋愛はできない。修羅場になるのはごめんだからだ。でも、俺の体はそんな気持ちを裏切って-。男の本音が満載の異色ロマンス!

もつれた関係 (マグノリアロマンス)はこんな本です

もつれた関係 (マグノリアロマンス)のKindle版

ツイートする