孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)

  • 58人登録
  • 3.41評価
    • (1)
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 長尾慎太郎  増沢和美  河田寿美子 
  • パンローリング (2007年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775930410

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ダグラス
シーナ・アイエン...
オリバー ベレス
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後の具体的な例はあんまり読む気にならんでした。いくらかマーカーを引いたので参考になるところはなる。

  • 本書は、彼が亡くなった1940年に彼自身の手で書かれた唯一の相場書である。

    14歳から相場の世界に一人で立ち向かった彼がその手法や相場観、そしてリスク管理などを余すところなく明らかにしている。

    これら「リバモア流相場の極意」は現代のトレーダーにとっても福音となるだろう!

  • 簡単にまとめてありそうな本だが、中身は結構難しいこと書いてある。
    論理的というよりも天才肌が書くような感覚的なといった感じ。
    後半の売買記録(当時の売買記録)はすっ飛ばし。

  • 虎口の空売り。悲劇的な最後

  • [ 内容 ]
    相場の世界で大勝利と破産を繰り返した稀代の投機家ジェシー・リバモア―彼はトレーディングにおいて厳しく徹底したルールを自らに課し、ほかからの情報には一切流されず、己の分析のみで相場に挑む孤高の投機家であった。
    独力で作り出した投機のルールとそのルールを守る規律、破産に至った要因、そして数々の挫折から復活を成し遂げた相場の法則と、その後の多くの賢人たちに影響を与えた増し玉の極意とは…。

    [ 目次 ]
    第1章 投機という挑戦
    第2章 株が正しく動くのはいつか?
    第3章 先導株に従え
    第4章 資金の管理
    第5章 ピボットポイント
    第6章 一〇〇万ドルの損失
    第七章 三〇〇万ドルの利益
    第8章 リバモア流マーケットの秘訣
    第9章 ルール解説

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全6件中 1 - 6件を表示

孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)を本棚に「積読」で登録しているひと

孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)はこんな本です

孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library)のKindle版

ツイートする