ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)

  • 300人登録
  • 3.43評価
    • (13)
    • (26)
    • (42)
    • (10)
    • (1)
  • 29レビュー
  • パンローリング (2005年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775970621

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
リチャード・ドー...
マイケル・ルイス
有効な右矢印 無効な右矢印

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • なかなか面白かった!当時は衝撃的なさくひんだったのではないだろうか。

  •  見出しに書かれている言葉にビビビと来て読んでみた。それは、「投資銀行(証券会社)は巨大な幼稚園!ウォール街は今日も、非常識・無節操だった!」だ。1980年代のソロモンブラザーズという会社に在籍していた著者が織りなすドタバタ劇。今はどうかはわからないが、ニュースで出てくる金融の話題は、リーマンブラザーズのようにクレージーなことが目立つ。あの業界の本質は、そんなに変わっていない証拠か。

     著者のマイケル・ルイスは、あの「マネー・ボール」をはじめとする著書で話題になっている。ロンドン大学で経済学の修士号を取る前に、美術史をプリンストン大学で学んでいたという経歴の持ち主。美術史という金のにおいがしない学問を先行していただけに、ウォール街に完全に染まることなく第3者、文化人類学者がフィールドワークをしているがごとく筆を進めている。

     登場する人物の一人一人には個性が際立っていて面白い。一癖も二癖もある人々に囲まれて生活していた著者が見た投資銀行の世界を垣間見ることが出来て面白い。

     日本人に関する記述もある。研修生に関する記述で、前列に座って居眠りをする。その他にも記述はいくつかあったが、印象に残ったのは、著者曰く「日本人研修生は結局、得体の知れない不気味な存在という以上のものではなかった」と述べていたことだ。この点は、今も変わっていないような気がするが気のせいだと思いたい。

  • 1980年代のソロモンブラーズの内情が書かれてまして、ちと内容としては古いのですが、サブプライムローンの走りなのかな? 住宅ローンの債券化でぼろ儲けする記述もあり、やはり投資銀行ってのは何なんだ?と思う次第です。

  • ウォール街にある投資銀行についての暴露本。

  • やはり、読む前に、債権だとか金融の用語を勉強すればもっと面白くよめたのかもしれない。80年代ウォール街の雰囲気は味わえた。

    途中にでてくる摩訶不思議な日本人集団の記述は面白い。
    外国人からみると、こううつるのでしょう。

  • ウォール街の投資銀行の物語。ある人の本の中で紹介されていたので中身を見る事なくAmazonで購入。200ページまで読んだがどうしても興味を持てずアウト。

  • ソロモン・ブラザーズで債権セールスマンをしていた著者による「社内暴露本」。面白可笑しく書いてはいるが、そこはマイケル・ルイスの本。読み進んでいくうちに、70年代〜80年代のウォール街周辺の金融情勢、ソロモンの浮沈を左右したモーゲージ債やジャンク債についての知識がすっと頭に入ってくる。

  • ソロモンでセールストレーダーとして3年勤めた著者マイケル・ルイス自身による投資銀行白書.著者が新卒として入行した時期から少し遡り,モーゲージ債で絶頂を極めるところから,ジャンク債へのシフトについていけなかった時代までのソロモンの内部を赤裸裸に語る.ルイス氏のあっぴろげな表現はまさしく痛快と言ったところで,本音と建前をコミカル描いている.日本人という集団に対するコメントに爆笑してしまった.住宅ローンの証券化やジャンク債の仕組みも,これまた痛快な解説が載っている良書.

  • 結局のところ儲けるためには安く買って高く売るしかなく、いかに顧客をだまくらかしてそれをやってのけるか。金融工学とか、カッコ良さそうなことを言ってみても、ギャンブルであり、詐欺でしかない。狂ってる感じがよく描けていた。

  • 193番乗り。気になる。でも、2006年頃の本みたいね。(2012/5/5)

  • この手の本、いわゆる投資銀行関係の本は大体において面白く読める印象がある。投資銀行を扱った本は良くも悪くも極端なので、殆ど小説のような感覚で楽しめる事が一因だろう。もちろん、本書はノンフィクションではあるが。
    投資銀行を舞台に語られる「物語」は何もかもが極端だ、事業資金が図抜けていたり(一社員が数億ドルをぽんぽん動かす業態なんて他にあるのだろうか)、描かれる感情が突き抜けていたり(麻雀で2万円負けるだけで惨憺たる気分になるのに、2億ドルも吹き飛んだ時の感情など想像がつかない)、もちろん登場人物は全てが個性的だ(本書においては「人間ピラニア」がお気に入り)。
    だがこれらはいずれも事実なのだ、こういう本を読むと「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったものだとつくづく思う。
    極端な人々が極端な事業を行って極端な感情表現をする投資銀行というところは、さぞかし摩訶不思議なジャングルで一度入ったら2度と出てこれず命を落としてしまうのかと言うとそういう事でもない。(もちろん不幸にもそうなってしまった人々もいるだろうが)。本著者のマイケルルイスを始め、どことなく飄々としているというか、極端な損や得を出して狂乱しているのに何となく冷めた空気を感じる。
    投資銀行勤務経験が無い者にとってこの空気の正体は分かりようが無いのだが、一言で言うと「どんなにヘマしたって死にはしない」という感覚に近いものなのかと推測している。
    生活におけるどんな状況でも血の気が引く場面はあり、仕事の上でもそういう場面を完全に避ける事は難しいだろう。
    とんでもないヘマをやらかした時にはまるで人生が終わってしまったかのよに感じるし、実際に人生を終わらせてしまう人がいるのも事実だ。しかし少し考えてみると、どれほどのヘマをしたとしても死に直結するような事は殆どないだろう。工事現場や工場で働く人には充分に注意して欲しいと思うけども。
    投資銀行物語の大半にそういった諸行無常というか、なるようになる、と言った小気味よい開き直りの精神が感じられる。そして恐らくそういう感覚を持ってる人間でないとまともに勤まらないのでは無いのかとも思える。
    本書からはそういった小気味よい開き直りと著者の皮肉がたっぷり詰まった業界感を存分に楽しめる。そういう業界に興味がある人にとって読んでおいて損は無い一冊だろう。

  • 不気味集団ジャパニーズの描写が面白かった。意外だったのは、本筋とは関係ないが、逆張りをしない理由が投資家としての確信ではなく、本当はやりたいのだが他の人がやっていないことをやって恥をかくのが嫌だという理由が大多数というところ。日本人投資家はコントラリアンが多いとか聞いたことあるけれど、投資に関しては日本人の方が個人主義的なのか? その辺がちょっと気になった。「投資家たちにとってこわいのは、カネを失うことより、孤立してしまうこと、つまりほかの連中が避けたリスクを自分一人で背負うことだ。ひとりだけ損をすると、その失敗に対して言いわけが立たない。投資家には、いや、たいていの人間には、その言いわけが必要なのだ」。例として、USファームクレジット社が倒産しそうになったと見えたときに、政府が倒産させるはずはないと冷静になれば分かるはずなのに、大多数の投資家が社債を廉価で手放したという話などを挙げている。面白い。

  • ソロモンブラザーズ、ウォール街の事を描いている本。
    実際中にいた方が書いているので本当の話なのだろうが、
    僕だったらこの環境で生きて行くのはちょとしんどいなぁ、と思った。
    世界で最も優秀な頭脳がお金を稼ぐシステムの一番上流で凌ぎを削っている。
    人格ではなく、すべて成果。

  • 金融、経済の本というより
    どちらかといえば社内の悪口って感じの本でした。

    矛盾を抱えていない組織も
    出世競争がない会社なんてないですし
    配属めぐってのギスギス感は
    日本でもどこでもあるでしょう。
    後から考えるとばかばかしいものでも。

    ウォール街特有の話では決してないと思うのですが。

  •  かつて一流の投資銀行として覇権を争っていたソロモン・ブラザーズの凄腕セールスマン(凄腕野郎ビッグスウィンギンギディック)であった著者が、当時のウォール街の実態を赤裸々に綴っている。
     
     読んでいて、呵々と大笑せずにはいられなかった。それくらい面白かった。投資銀行というと、トップレベルの頭脳が集まるところとされているが、やってることはまるっきり子供の喧嘩じゃないかということがよくわかって興味深い。(ちなみに副題はウォール街は巨大な幼稚園なので、もっと過激な表現になっている(笑))
     
     ノンフィクションエンターテイメントとして最高なだけでなく、80年代当時の金融革命史が読み終わったときに頭に入っているという一石二鳥の素晴らしい構造になっている。研修生、新人社員(本書では下等生物という表現を使っている)から人間になって、最終的に凄腕野郎になるまでの著者の変遷は興味深く、参考になるだろう。
     
     そんな著者は絶頂期にあっさりとなんの未練もなく投資銀行を辞めてしまう。もともと副業としてジャーナリストをやっていたので、物書きのほうが性にあっていたのだろう。ぼくとしても最高のタイミングで辞めたなと思った。だって正直投資銀行員なんて一生やる仕事じゃないでしょ。

  • 美術専攻(だったかな?)で新卒でソロモンブラザーズに入社した著者が、そこで働いた経験を語っているお話です。

    素直で読みやすい語り口、著者の文章力があるのだろうと思うと同時に、日本語訳がとても上手だと思いました。
    世紀の空売りも同じコンビですが、同じように感じました。

    色んな人が実名で登場しているのにも驚きでしたし、他人の成果物を自分のものにしてしまった同僚の下りなど、すごく生々しい社内政治だなぁ、と怖くなりました。

  • 投資銀行には無い楽しみがメガバンクにあるように、
    メガバンクには無い楽しみが投資銀行にはあるんではないかね??
    そして、モゲージ債について卒論かけないかね??? 

  • 筆者が実際に体験したウォール街の姿が生々しく書かれてある。金融とはかけ離れた美術史専攻という異色の経歴もなんのその。働きだせば、ものを言うのは会社に対していかに貢献するか(利益をあげるか)という一点に集約される点が、ここの働き方らしい気がした。ただ、この中の年代はかれこれ20年前のものなので、どの程度現状と合致するのかはわからない。ウォール街のすさまじい働き方、部門ごとの格差、そして破格の給料。これらに関しては著書以外にも似たような本に書かれているが、この本のいいところとしては、初心者にもサクサクと読めるよう、ところどころに面白さがつまったものになっているといったところであろう。

  • トレーダーとディーラーの馬鹿さかげんと、
    金融業が虚業だということがわかる。

  • とても読みやすく、金融投資?についえ触れられる本。
    こんな世界があることを、みんなが知るべきなのかも。

  • ・ソロモンブラザーズの元社員(債権のセールス担当)の内部ルポ
    ・ソロモンの主業務は債券取引の為、内容も債券取引が中心で、80年代の債券取引の歴史がわかる
    (ソロモンでは株取引は脇役だった)

    【本の内容は大体以下のとおり】
    ・著者のソロモン研修時代(ウォール街の本店)
    ・ソロモンによるモーゲージローンの開発/市場独占の歴史 …昨今のサブプライムローンを彷彿とさせる
    ・著者のソロモン新人時代(イギリス支店)
    ・マイケル・ミルトンのジャンク債が市場で優位を占め、ソロモンが凋落する様子

  • ソロモン・ブラザーズ黄金時代の話。
    この前何人か元ソロモンの人の話聞いたこともあって、興味持って読みました。
    マーケットサイドの話なのでIB志望者にはそこまで関係ないかもだけど、今のご時世にすごくあってる本です。
    モーゲージ債の取引とか。
    正直今この時代に金融業界を目指すことはかなり厳しいけど、少しでも自分の幅を広げるためにいろいろな人に会って、いろいろな本を読むべきだなって思いました。
    ちなみに、読み物としても非常に面白いです!

  • 稼げば稼ぐほど太っていくという記述には思わず納得。(笑)
    日本人が全く活躍していないような記述にはちょっとがっかり。
    ソロモンブラザーズのすごさを感じれた、特に、モーゲージ債部門

  • ディーリングルームの模様は想像通り。社員の人間関係も予想通り。客を騙すところも予想通り。客を騙す程度は予想以上。やりすぎだろ。やっぱりセールスは心を鬼にしないとできない。金融商品って付加価値無いからな。ビジネス・スクール出てそういうことするなよ、何を学んだんだ。80年代のモーゲージ経験したかった。

  • 08'0815

    マーケットサイドの現場が伝わってくる。
    ユーモア溢れるので、読み物としても面白い。
    4年時にまた読みたい。

全29件中 1 - 25件を表示

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)の作品紹介

あのソロモン・ブラザーズのグッドフレンド会長を失脚に追いやり、ウォーレン・バフェットまど登場させた、自由奔放で滑稽、あきれ果てるようなウォール街の投資銀行の真実の物語。

ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)の新書

ツイートする