ハワイ プチ富豪の成功法則

  • 110人登録
  • 3.21評価
    • (7)
    • (11)
    • (36)
    • (6)
    • (3)
  • 21レビュー
  • アスコム (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776201427

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
デイル ドーテン
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハワイ プチ富豪の成功法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時間に束縛されない自由
    場所に束縛されない自由
    だれからも行動の束縛を受けない自由
    経済に束縛されない自由

    物欲に負けると、より大切なこの4つの自由が手に入らない。

    ビジネスの成功は「稼ぐ」ことではなく、「残す」こと

    株で儲ける13のセオリー
    【購入時】
    200円以下の有名銘柄に集中ー小さい値動きでも利益率が高く、かつ売りやすい
    下落率ランキング5位以内に着目
    出来高ランキング10位以内に着目
    日経平均が下がっている日に注目
    上記条件に当てはまった時、コメント、ニュース、を見て株価下落の理由を調べるー理由がはっきりしている場合は1週間待つ
    はっきりしていない場合ー証券会社の操作の可能性がある。その証券会社と同じ行動をする。

    【売却時】
    日経平均が上がっている日に注目する
    上昇率ランキングの15位以内に着目
    出来高ランキングも15位以内に着目
    30%の利益が出た時
    値上がりの理由がある時は2,3日待つーまだ上がる可能性がある
    理由がない場合ーすぐに売却
    意に反して値下がりした場合は20%で損切り

  • 金持ちの壁を低く、Y=(a+b)X+Cの公式を大事に、不動産投資による、海外生活の本。

  • たぶん、アーリーリタイヤに興味ある人にとってはモチベーションをアップさせるためにとてもよい本だと思う。何しろ各章がそれを目標にすることを前提に書かれているし、著者自身がそういう生き方を体現しているので。でもアーリーリタイヤに全く興味がないので、なんで私この本手にとったんやろと思った。
    ただ、チャップリンの引用で「3歳の子どもにとっての悩みも60歳の老人にとっての悩みも本人にとっては同じ重さだ」というのがあって、そこにはすごく共感というか救われたというか、好きだった。
    あとは、投資対象としての不動産購入に対して少し興味をもつきっかけになったかな。

  • 具体的な目標や行動が示されていて 考え方も新しく感じられました

  • 割とオレオレ感があって、ちょっとやだなぁと思うけれど、この人はコンプレックスから抜け出すため、成功しようと泥沼をもがいて今の穏やかな生活を手に入れたのだなぁと思う。
    自分の参考になる要素はなかったけれど、まぁこういう人もいるのだなぁ。

  • 「非常識な成功法則」と似ていて
    俗に言う成功本にある
    心を高めようだとか素直になろう
    という類ではなく、
    リアルなお金儲けや人生を
    教えてくれます。

    人を信じすぎない
    金持ちの壁が存在し、
    それを乗り越えるのには
    自分のコンプレックスが役立つとあります。

    多くの書籍では
    長所を伸ばせと
    ありますが、
    著者は短所を改善したときこそ
    マイナスをプラスに変えたときこそ
    「人間は変われる」

    だから短所を見過ごすな!
    と教えてくれます。

  • 今まで読んだビジネス書の中で一番具体的だったと思う。

    ハワイでカイトサーフィンしながらのんびり暮らしたい。月100万は不労所得が欲しい、ではどうすればよいか。

    それに対する答えが書いてあった。

    それを出来るかどうかは置いといて、読んでみる価値はあると思います。

  • ・気がつけば、27歳から34歳にかけて、わずか7年でガラリと人生が変わりました。


    ・意識改革のための方程式を定めたとたんに、生活がガラリと変わりました。
     今は、ハワイのマウイ島に住み、定職は持たず、年収は約3000万円
     [4つの自由]のある富裕層の生活を手に入れていたのです。


    ・私の目標とは何か、それは、<生活のために働かなくてもいい暮らし>でした。 
     

    ・私は、マウイ島のさわやかな風に吹かれながら、この原稿を書いています。

    ・今日も午前中は海岸で仲間とカイトサーフィンの練習をしてから、自宅にもどって原稿用紙
     を広げました。


    ・なぜ、短期間でサクセスできたのか。
     具体的にどのようにこの方程式をつかってきたのか。
     そのプロセスとノウハウを、余すところなく記していきたいと思っています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・私は4つの自由を手にしました【場所】【時間】【行動】【経済】の自由です。


    ・そこに至るまでいくたの行動がありました。偶然の幸運もありました。
     人との出会いにも恵まれ、貴重なアドバイスもいただきました。
     
    ・自分自身も集中しましたし、乗るかそるかの決断もいくつも経験しました。

    その先にまっていたのはこんな生活でした。
    1、今からプライベートビーチに来ない?と言われたら、即座に<OK>と言える選択肢を持っています。
     すくなくとも、<旅費がないからいけない>、<会社を休めないからいけない>といいわけする必要は
     ありません。

    2、あるいは、将来子供が生まれたとき、<フランス語で育てたい>と思ったら、迷わずパリに
     引っ越すことも可能です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・それは、生き甲斐のための仕事です。
     
    ・ビジネスへのチャレンジも元手130万円からのスタートでした。

    ・資産を殖やすことが大事なのではない。

    ・現在、私に4つの自由を与えてくれてる資産の中心は、東京の世田谷と目黒に所有するマンション2棟です。
     2棟合計で年間2600万円程度です。

    ・私の生活は、一言でいえば<質素>です。
     格安航空券を探してエコノミークラスに乗ります。もちろんマイレージもせっせと貯めます。

    ・ハワイで4つの自由を満喫しているけど、決してyの値は高くない。
     それが私のライフスタイルです。


    ・私は、投資用不動産は持っていても自宅は持っていません。
     いつでもカバン一つでどこにでも行けるし、携帯とパソコンひとつで100万単位で売り買いすることもできます。

    ・決して自分を甘やかすことはない。けれど自分が本当に欲しいもの、やりたいことが現れたら、
     それに全精力を傾けられる環境がある。

    ・キヨサキ氏の表現力に感心しました。キヨサキ氏の言動を見れば、彼自身がとても高い<金持ちの壁>
     を持っていることがわかります。


    ・本やゲームを販売する会社を経営し、
     不動産を買い
     講演をし、
     執筆活動をしています。


    ・彼より13歳いも若くして快適な生活を得ることができたんだ!
     日本の若者に、<金持ちの壁>の存在を気付かせ、意識革命を勧めてあげたい!
     その時私は、それが自分の使命だと確信したのです。


    ・本当に自分のイメージとして<リタイアメント>と<4つの自由ある生活>が思い描けていないことです。
     
    ・彼は、たくさんの<もの>を所有しています。
     もし彼が本当に4つの自由がある生活をつかみたいなら、所有しているものをすべて手放すことです。
     

    ・それを実現させるために、さまざまな努力をしてきたのです。

    ・<風>を感じ、<風>を最大限に生かせる人が成功する。

    ・極意は、風をつかまえることだと私は思っています。
    ★いかに素早く決断してそれに乗るか。

    ・けれど、私は<風>をつかむためにとにかく行動しました。そして資本金からの出資を得て、
     NYでサーバーを設置し、国際電の総元締めとなったのです。
     これなら、風を全身で受けることができます。


    ・人生はエンジョイすることだ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★生活のための仕事から解放されるための4つの鉄則

    モットー1、質素を心がける

    モットー2、自分との戦いに勝利できるか

    モットー3、他人と同じことをしない。  自分の強み=鉱脈を探すことです。

    モットー4、人みな師 <ああ、この人に出会えてよかった><この人のこの点は自分にないから学ぼう>
           <この人のこの考えは参考になる>と自然に思えるようになりました。


    ・この瞬間に強固な<できる>を持った人。そして目の前の現実を変えるために、今この瞬間
     歩きだした人です。


    ・あの時思い切ってアメリカ大使館に出かけ、リサーチ会社と契約し、英文の手紙を電話会社
     に送ったから状況が開けたのです。机の上で悩んでいただけでは状況は変わりません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    具体的な4つのステップ

    1、イメージする
      
    2、目標に時間軸を

    3、ボーダーライン28歳
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★自分自身の生活と仕事を戦略的に変革することです。
     しかもその成功は、稼ぐことではなく、残すことです。
      
    1、ビジネス抜きに、まず友人関係を築く
    2、商品の説明資料はオリジナルで制作する
    3、クレームを積極的に探しに行く
    4、商品と自分への信頼を武器に新規開拓する

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・そうしてるうちに、ときには夕食に誘われたり、外国人が集まるホームパーティに呼ばれることも
     増えてきました。

    ・最良のタイミングで適切な金額を差し出すと人のモチベーションは上がります。

    ・成功するビジネスで重要なのは、<引き時>を知ること

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・ここで大切なのは欲望に正直になることです。

    ・投資を成功させるポイントはたった一つしかない
     それをいかに短い時間で達成するかが、課題になります。

    ・自分の足を使って情報収集してる最中でした。

    ・社会人になって働き始めたら、まず小さくてもいいから、賃貸物件のオーナーになることです。
     そして余裕ができたら、2軒目、3軒目と増やしていく

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ★自分を変えたければ、環境を無理にでも変えなさい!

     私は、これまでの人生で、何回か、それまでの歩みをすべて振り切って、まったく新しい道に踏み出す
     チャレンジを行ってきました。

    ・最大の理由は、自己表現力を鍛えたかったのです。
     文字と言葉でしっかりと自己表現することが大きな目標でした。


    ・つまり環境を一気に変えることで、一流の人間のエッセンスを学ぼうと思ったのです。

    ・30代も半ばを超えてからのハワイ大学に学ぶ体験

    ・3年間格闘しました。自分でもよくやったと思えます。

    ・時間を見て1枚1枚丁寧にしわを伸ばし、金額順に表をそろえて財布に入れなおします。

    ・徹底的に情報を集めて、そこから最良の答えを出すこと。

    ・友達との輪の中から、<豊さ>を得る。ひとつひとつの積み重ねが<成功>を運んできてくれるのです。

    ・精神的にもスキルアップを目指す。

    ・やがては誰もが土にかえっていく。それが運命です。

    ・LET IT BE あるがまま これは、禅の教えです

    ・すこしでも魅力的なものを見つけたら、すぐに自分の足で情報を集める。それが本当に魅力的だったら、 
     そこに飛び込んでみる。それが行動の基本です。

    ・にじみ出る人柄であり、自分と異なる文化に対する思いやりであり、異国人同士でも共同していこうと
     する謙虚さであります

    ・まず、自分とは何者なのか、何を考えているのか。
     日本人とは、日本の文化とは何なのかをしっかり表現できないと相手にされません。
     自分のベースがしっかりしていないと、相手のことも認められないものです。


    ・今では、自分の目標を一歩一歩達成しています。
     私は、人生を楽しむために生まれてきたと確信しています。

    ・誰にでもチャンスはあります。そのチャンスをつかむか、あなた次第

    ・私は、日本びいきですが、今の日本は外から見ると、<宝の国>だと感じます。
     皆さんもぜひ、いつもと違うアングルから日本を見てみてください。

    ・外から見ると、内側からでは見えない日本がたくさん見えます。
     

    ・自然との触れ合いは、幼いころに体験する方がいいのです。
     私も幼いころ、両親から自然との触れ合いを学びました。

    ・マウイでは毎日が夏休み。毎日がアロハ生活です。コバルトブルーの海に囲まれ、
     毎日自然と戯れる生活をしています。

  • ハワイでのセミリタイアを満喫しているヒロ・ナカジマさんの著書です。自由な生活を満喫されている様子を、読んでいてとてもうらやましく思いました。
    やはり不動産も必要か・・・なんて思ってみたり(笑)マウイ島在住ですが、一度行ってみたいと思いました。

  • 07.12

全21件中 1 - 10件を表示

ハワイ プチ富豪の成功法則を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハワイ プチ富豪の成功法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハワイ プチ富豪の成功法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハワイ プチ富豪の成功法則はこんな本です

ツイートする