考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法

  • 151人登録
  • 3.28評価
    • (6)
    • (10)
    • (22)
    • (7)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 萩原京二
  • アスコム (2010年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776205814

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マインドマップの利用•活用方法について。書き方についてはあまり深く触れず。
    継続、習慣化して自分のものにできるかどうかがキー。
    遊び心のある考え方、プレゼンの組み立て方に繋げる。

  • 将来ヴィジョン→潜在意識のナヴィゲータ

    ビジネス・プランを立てる
    商談ツールとして利用する
    スピーチ・講義のシナリオを作る

    MMで学ぶ、英語で学ぶ

    ▼MMの機能
    ①情報の記録・整理(構造化)
    ②記憶ツール
    ③アイデア発想支援
    ④プランニング・問題解決などの思考支援
    ⑤コミュニケーション・ツール(提案・交渉・講演)

  • 実践例ということで、他のマインドマップ本とは視点が少し違う。
    手法ではなく思想を理解して初めて有効な成果が出るのかなと漠然と感じた。
    とにかく、深く考えずにマインドマップをなるべく使ってみるというのもありかも知れない。

  • ☆合格するための3カ条
    ①やるべきことを明確にする
    ②スケジュールをきちんと立てる
    ③決めたことを実行する

  • 以前から知ってはいたものの、活用していなかったマインドマップについての本をなんとなく読んでみた。
    今まで触れてきたマインドマップ関連の本では、「こんなことに役に立ちます」「こういうルールで書くんですよ」と言ったものが多かったが、この書の中では実際の活用例が書いてあってわかりやすく感じた。

    この本のレビューからマインドマップによる読書メモを活用することにしてみる。効果が出るかどうかは今後わかるだろう。

  • マインドマップの活用法を知りたくて読書。

    マインドマップのいい復習と今後の仕事や日常生活での使い方について知ることができる。

    ・マインドマップのルール再認識。
    ・8つの仕事力。
    ・フォトリーディング。
    ・英語。

    という4つのブランチを書いてみる。

    原稿を書くときの準備としてマインドマップを有効に使ってみようと思う。
    目的、構成、必要な情報とネタ、締め切り管理など。

    マインドマップについての本なので、思い出すように読書感想文をマインドマップで残してみた。見直すと実に昨年7月11日以来だった・・・、反省。

    より直感力と予測力を生かしてみたいと思う。英語の読み方は語順が同じ中国語と共通項があるので少しずつ両言語とも取り組んでみたいと思う。

    もっと生活のあらゆる面でマインドマップを応用できることを氣づきをもらう。

    読書時間:約50分

  • マインドマップを使って、資格試験にでもチャレンジしようかなぁ…
    この本では、マインドマップを活用した新たな手法には出会えませんでした。

  • 具体的に例が挙げられていてわかりやすかった。

  • マインドマップって、すごく便利そうなんだけど、いまだに使い方がよくわからないんだよなぁ。

  • マインドマップの書き方を知っているという前提で書かれている本かな。少しは書き方について記述はありますが、別で一冊入門書を読んでおくといいかも。

全15件中 1 - 10件を表示

考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

考えがまとまる!マインドマップ実戦勉強法を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする