ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~

  • 44人登録
  • 3.84評価
    • (3)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 神原一光
制作 : 神原一光 
  • アスコム (2011年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776206477

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
横山 秀夫
池井戸 潤
喜多川 泰
村上 春樹
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
高野 和明
池井戸 潤
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~の感想・レビュー・書評

  • スゴイ!!!
    勇気をもらえる一冊。
    辻井さんが楽しんで挑戦する姿に勇気付けられ、視覚障がいを持っていることを忘れてしまうほど・・・
    それを支える川上先生もスゴイ!!!

    (以下、本文より)
    『辻井は演奏を通して、音楽とは文字どおり音を楽しむことであり、ただ耳で「聞く」のではなく、じっくりと「聴き」そして最終的には心で感じるものだということを世界各地に伝え続けている』

    『「教育」という言葉には、ただ教え育てるのではなく、共に育つという「共育」の意味も含まれている』


    伝えることの大切さを改めて認識した。
    ぜひ、TV番組も見てみたいと思う。

  • 辻井さんの心がいつも情熱で、驚かしたい!、という純粋な気持ち。とても心がきれいな人だと思った。

  • 友人神原くんの渾身の一作です。盲目のピアニスト辻井信行の“奇跡の音色”がなぜ生まれたのか、そこにはひとりの指導者がいました。

    「自分の分身を作るのは指導者の役割ではない」すべての先生、すべてのコーチ、すべての親、すべての上司に聞かせたい言葉です。才能、個性を邪魔しないでも、でもただ任せるわけではなく、その成長を促進する。目指すべき姿がそこにはありました。ぜひみんな読んでください。

    で、で、で。ここに僕は本書を積ん読のまま読んでなかったことを告白します。神原くんごめんw でも、買ったやつだから許してw(2012.11.11読了)

  • 最近読む本が偏っているので、
    ちょっと毛色の違う本を紹介。
    一言で言うと感動の本。これはおススメです。

    世界的に有名なコンクールで優勝して、
    一躍有名になった辻井さんの半生記。
    辻井さんと12年間辻井さんを教育した川上さんのお話です。

    目の見えない子供がピアノを与えられて、
    水を得た魚のように音楽にのめり込んで
    成功していく過程を読むと、
    自分の天職をいかに早くに見つけれたかが
    一つのキーポイントだったような気がします。

    そして、教師の川上さんの指導方法も
    辻井さんにとてもマッチしていたのだと思います。
    徹底的に強みを伸ばす、型にはめ込まず考えさせる、褒める等、
    音楽教育だけには留まらない教育のヒントが詰まっています。

    久々に心が震える本を読むことが出来ました。

全4件中 1 - 4件を表示

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~を本棚に「積読」で登録しているひと

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~の作品紹介

NHK総合テレビドキュメンタリー番組「こころの遺伝子」で放送。辻井と川上の往復書簡も特別掲載。

ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~はこんな本です

ツイートする