mini版頭がいい子が育つ家庭 (アスコムmini bookシリーズ)

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松永暢史
  • アスコム (2011年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776206590

mini版頭がいい子が育つ家庭 (アスコムmini bookシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりに子育て本を読んでみたいと思い、手に取った本。
    著者は前書きで「的確に始動すれば90%の子供が成績上位30%に入れる」と断言している。
    また「家庭」という言葉に興味を惹かれた。

    内容としては、こんなとき親はどう接するか?といった具合な問いが3択形式で書かれていて読みやすい。
    その中で私の心に留まったものがいくつかある。

    「頭がよくなっているとき」

    面白い表現であるが、子供は何かに夢中になっているとき、頭がよくなっているときであるとしている。
    もちろんテレビゲームに夢中になっているときは別であるが。
    子供は工作でも絵を描いているときでも、何かに夢中になっているとものすごい真剣な表情になる。
    脳の中で何かが起こっていて、確かに頭がよくなっているのかもしれない。


    「片方が厳しく片方は静観」

    これは他の子育て本でも読んだことがあるが、両方の親が頭ごなしに叱っても、子供は委縮してしまう。
    我が家ではいつの間にやらこのようなシステムになっており、私が叱れば嫁さんは後からフォロー、また逆もしかり。
    これで我が家のやり方が間違っていなかったと確認できた。


    「勉強机はいらない」

    これも他の本で読んだことがある。
    ダイニングテーブルを広く使って、親の目の届くところで学習させるのが良いようである。
    どうしても形にこだわりたくもなるが、少なくとも小学生のうちはこれで十分であろう。


    「得意分野を徹底的に伸ばす」

    著者は、苦手科目を無理にやらせるより、得意科目をどんどん勉強させて、できる楽しさ、そしてわからないことを学ぶスキルを伸ばすことを重視している。
    小さいうちに苦手科目を作らないよう、徹底して教え込みたいところでもあるが、著者の例がおもしろく納得してしまった。
    誰でも得意・不得意があり、不得意なものを嫌々やらされても面白くなければ、やる気もなくなる。

    それであれば、得意なものをとことんやって、他のこともやってみようという気になるほうが近道なのかもしれない。

    他の有名子育て本と同様の内容もあり、再確認しながた読み進めた。
    すべてを実践するつもりはないが、自分のやり方を見つめなおすいい機会としたい。


    まずは親の我々が手本を示し、一緒に学んでいくことが大切だということが再確認できた。

  • 会社員だった頃を思い出すと、所詮学歴ではないのだ、と思う。高学歴だってつかえない奴はたくさんいるし、低学歴だって高給取りはたくさんいるし。
    この本では、頭がいい=高学歴とは書いていない。もちろん塾をすすめてもいない。
    身の回りのことができ、勉強に苦手意識を持たず、すこし芸術に興味をもつ。そんなこどもを育てる、親の通知表といった感じ。
    設問に対して三択解答があり、模範解答と違う場合は、反省をうながされます。

    うーむ、と考えさせられた、「勉強はできるのに試験になると点数がとれないこどもへの対処」。場の雰囲気に負けてしまう弱い子にハッパをかけるのは逆効果なんだと。
    小学生のときは気が小さかったけど、中学生になったらしっかりしてきた、という子は多いらしく、焦るな、と書いてある。
    焦るな、と言われてもねぇ…

全2件中 1 - 2件を表示

mini版頭がいい子が育つ家庭 (アスコムmini bookシリーズ)を本棚に登録しているひと

mini版頭がいい子が育つ家庭 (アスコムmini bookシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

mini版頭がいい子が育つ家庭 (アスコムmini bookシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする