「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)

  • 185人登録
  • 3.53評価
    • (9)
    • (19)
    • (15)
    • (6)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 小倉広
  • アスコム (2011年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776206637

「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)の感想・レビュー・書評

  • 人間関係について知りたくて読書。

    他責しない。無意識に他責しているなら意識して自責とのバランスを取る。

    エネルギーを燃やすために陰徳を積む。

    相手を変えるのではなく自分が変わる。そのほうが早い。

    相手の正義に合わせる。

    過去だけはなく、未来を見る。

    ビミョーな人とどうつきあうとかというノウハウよりもビミョーな人を反面教師にして自分がそう思われない、そうならないための事例紹介という印象。

    読書時間:約1時間10分

  • この本を読んで自分も色々ビミョーな点があるなと改めて感じ、反省することができた。例えば仕事を任せるときは、細かく指示命令するか放ったらかしかどっちかに近いものが多かった気が…

  • 変わるべきは自分自身。

    ビミョーな人とつきあう技術というタイトルだが。。。変わるべきは相手ではなく自分自身。過去と他人を変えることは出来ないが、未来と自分なら変えられる。「緊急でない重要事項」をどれだけ成し遂げたかでその人の人生が決まる。この瞬間、今だけを生きる。今だけに集中する。価値観を他者依存にすると、人生は揺れ、苦しい。価値観が内にあると人生は揺れず、苦しみがない。ストレスマネジメントは意図的に行う責務である。

  • タイトルはビミョーな人と付き合う技術ですが、それについての技術だけがたんたんと載せられているわけではなく、著者の体験談で具体例を見ることで人間関係の形成のしかたを分かりやすく学べました。上司や部下だけでなくプライベートの関係性などの見直しにとても役立ちそうです。
    人間関係で悩んでいる時に読んだので大きな助けになりました。

  • 自己啓発本的なのを久しぶりに読んだけど、これは良作。
    表題のような内容はあまり書かれていない!(◎_◎;)けれども、最後まで読めばその理由に納得することになる。なるほどですな。

  • 空気の読めない人、つまり微妙な人とどう付き合うかとあるが、内容はお仕事論
    例えば、経営コンサルの会社で、入社したての新人に何を教えるか、ドラッカーを引用して中堅企業の社長に薀蓄を立てて、自社のプランを売り込ませるために、新人教育でドラッカーを教えるわけじゃない。
    新人教育では、社会人として必要な基礎から教える。将来的にはドラッカーの知識は必須になるにしろ、必要と感じた段階で教えるべきと、

    新人教育で自社の分野の知識を教える事は悪い事じゃないが、確かに必要だと感じてない眠くなるような座学だ。


    しかし、経営コンサルは胡散臭いな!

  • 自責思考と自己開示を前提とした言語化が素晴らしい分、タイトルとの違和感が…



    元リクルートでおそらく組織コンサルティングの部署に所属していて、今は独立して課長クラス向けの本や日経ビジネスオンラインに連載を持っている小倉広さんの本。

    ビミョーな人と付き合う技術というタイトルだけど、あまりそこのボリュームは多くない。

    微妙な人とは相手の期待に応えようとしながらも相手の期待とはズレた頑張りをしている人と定義し、 ズレの多くは何かしらのエゴや利己主義的から発生している。そして、その身勝手な色が透けて見えると周囲から微妙と捉えられるとしている。

    ただ、そこはそんなに割合は多くない。

    基本的な本書のテーマは、自責で発想することを言っていると感じた。

    筆者が配信しているメールマガジンからの抜粋との事だが、ご自身の経験や感情を開示しながら説明されている点や流石というのも失礼であろう言語化力で非常に分かりやすい。
    でも僕が一番感じたのは、「失敗から学ぶんだ」という著者の凄い覚悟感でした。
    すごくその意思があるので、自分の失敗を執拗に分析 しようとしているし、そのためには開示を怠らない部分は凄いと思った。

    経験を自身の能力に変える能力が高いと思うし、そこは僕自身そうでありたいなと思う。

    ちなみに、24時間前に知っておきたかった言葉は下記2点。
    自分が正しいと思う事は相手にもそれを求める。
    あらゆる仕事先には、相手がいる。それを感じて仕事ができるのかそれともそれを感じずに作業できるかが大きな分かれ目だ。

  • よくある自己啓発本の一形態。新鮮味のある内容はなし。

  • ■マインド
    1.人は自分の価値観や信念をもとに行動を選択する。そしれ自然に相手にもそれを求める。
    2.何を語ったかではなく、誰が語ったかが、人の心を動かす。
    3.変わるべきは相手ではない自分である。
    4.金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない人である。(小林一三)
    5.「後でやろう」と後送りしたことは、ほとんど実現されない。緊急ではない重要事項をどれだけ成し遂げたかでその人の人生が決まる。
    6.徹底的に複雑さを排除して単純化し、マネジメントサイクルに落とし込む。
    7.世界に変革を求めるなら、自分自身を変えることだ。(マハトマ・ガンジー)
    8.「他責」になてしまう部下が9割以上であることを織り込んだ上で、組織をつくっていかなければならない。
    9.死を意識した時に初めて生の有限性、稀少性に気付く。
    10.相手に矢印を向けている限り何も解決しない。すべての問題の原因は自分にある。

  • 著者の本は「上司は部下より先にパンツを脱げ」に続いて2冊目ですが、
    前回同様様々な気づきをもたらしてくれました。

    まず、最初の
    「人は自分の価値観や信念をもとに行動を選択する。
    そして自然に相手にもそれを求める。」
    という言葉にガツンとやられた。。
    著者はそれをエレベーターでの譲り合いで学んだそうな。
    ほんのささいな体験から、様々な学びを得ている著者にただただ驚いた。
    自分も「本来ならば学ぶチャンスがあったのに、
    何気なく通り過ぎていないか?」と反省させられる。。

    著者の体験や出来事から、一般論へ話が進んでいくので、
    わかりやすくて、すーっと腹に落ちていく感じ。

    オススメです。

  • 「ビミョーな人」とつきあう技術、とあるが結局「ビミョーな人」がでてきたのは最初のごく一部で実は著者(小倉広)の経験に基づく啓発本。というよりも、「ビミョー」たらしめている根本は自分自身ということ。これはこれで面白い。この著者に対し若干のひいき目もあるけど。もっかい読み返しアウトプットだ。

  • 久しぶりに一冊の本を1日で読んだのだけれど、非常に示唆に富んだ本だと僕は思う。

    「ビミョーな人」といううくくりだが、自分との向き合い方に関して考えさせられる本。

    「相手を指差した時、その三倍の数の指が自分の方を向いている。相手に原因があると指摘する時、自分にその三倍原因があると考える。」

  • おしゃべりだけを武器に、

    中・高生の「なりたい自分になる」努力のお手伝いを生業としている私。

    広い意味で言えば、

    受験指導も「コンサルティング」の一種と言えなくもないので、

    コンサルティングのプロのこの方の本を読んでみました。

    感想 : これはいい本だ!

    経営者から中間管理職、新入社員、そして、家族関係に悩むお父さんやお母さんまで、

    どんな立場の人が読んでも、何かしら、心に響く部分があると思う。

    まず、タイトルにある「ビミョーな人」の定義ですが・・・

    【ビミョーな人】

    相手の期待にこたえようとしながらも、その期待とはズレたがんばりをしてしまう人のこと。

    一見エネルギーに満ちているが、ことごとくズレている場合が多く、そのズレはなにがしかのエゴや身勝手な自己主義に端を発している。

    本人に自覚はなく、自分は「相手のためにがんばっている、教えている」と信じている場合が多い。


    つまり、基本的にはいい人なのだが、何か迷惑なことをする人。

    本人なりにはがんばっていることがわかるので、叱るわけにはいかず、

    かといって、迷惑なのでほめることもできない。

    「ダメな人」「残念な人」とまではいかないまでも、改善の余地ありというレベルで、

    周囲の評価は、まさに「ビミョーな人」。

    う~ん・・・

    これは、どんな人でも、状況次第では「ビミョーな人」に分類されてしまう可能性があるのでは・・・

    自戒の意味をこめて、蛍光ペン片手に気合いを入れて読んでみた。

    仕事やプライベートのいろいろな局面で、

    すぐに、今日からでも実行できるヒント満載なので、

    蛍光ペン大活躍。

    仕事でなんとなく行き詰まりを感じている。

    人間関係でいつも失敗してしまう。

    子どもが何を考えているのかわからない。

    そういう悩みを持っている方は、この本からエネルギーをもらえるかも。

    たぶん、著者の小倉広さんがそういう方だからなんだと思うけど、

    「ビミョーな人」に対する愛が、ページからあふれている。

    だから、読み終わった後、イヤな後味が残らない。

    いい本と出会えた。

    小倉広さん、ありがとう。

  • ビミョーな人と付き合う技術ではなくて
    普通のビジネス系自己啓発書な感じがしました

    最後のモチベーション編は良かったです
    参考になりました

  • 一気に読んでみてビミョーな気分になった。
    読んでいる最中は感動を与えてくれる良い本。
    でも読み終えてみて、自分はビミョーな奴らが好きなんだなと
    思って、なんか落ち着かない。

  • ビミョーな人への対処法というよりは、こういう人にならないように気を付けましょう、という指南書。
    人のフリ見て我がフリ直せとはまさにこのこと。

  • 元リクルート、現フェイスホールディングス代表 小倉さんの新刊。
    ビミョーな人とつきあうため、というよりも自分がビミョーな人とならないために戒めとして活用できれば、と手に取るが、さすが人事コンサルタント。
    一つ一つの話が魂のこもった物語であり、そこで語られている情景が脳裏に浮かび上がって、大きな納得感へとつながる。
    特に印象深かったのは「感謝してからお願いする」。明日から実践しようっと。

  • この一冊に出逢えてよかった!私のするべきことが見えた。著者の日常を追体験しながら、自分が成長していくことを感じられた。私にとって、著者の気づきの多さと深さに、人の素晴らしさを感じずにはいられなかった。
    「ビミョーな人」とは、『期待に応えようとしながらもズレた頑張りをしてしまう人』と定義している。きっと誰にでも日常にある姿かもしれない。
    すべての問題の原因が自分にあり、その解決も自分の中にある、その生き方で世界は変わると私は信じる。アイ・メッセージ(「あなたは」ではなく、「私は」を主語にして話す話し方)を自然に使いこなしたい。
    本のタイトルが人の目にもっと止まるものに変わったら大ブレイクする一冊だと思う。

  • 郊外型書店で
    P.F.ドラッガーの隣に平積みしてありました。
    サブタイトルと帯に惹かれて買ってきました。

    “ことごとく期待を裏切る「わたし」の正体”
    “ビミョーな「わたし」にならない為に”

    って見えました(汗) 真摯に読みはじめます。

  • 今の仕事を運命と受け入れ120パー集中→成長、やることリスト仕事プライベート、習慣で毎日同じ朝ごはんは大前研一厳選鮭茶漬け。イチローもカレーなの思い出した。ノムさんの無視、賞賛、非難の話も好き。

  • 自分自身の振り返りをしていて、本屋さんでふと気になって手に取りました。
    正直、この手のタイトルのビジネス書は、内容が薄っぺらいことが多いので、
    あまり期待していなかったのですが、思っていた以上に良かったので書評を起こします。

    良かった点は著者が実体験を肉声でつづってる点で、個々の主張が臨場感を持って伝わってくること。

    著者の小倉広さんは、リクルート出身の人・組織のコンサルティング会社の代表。
    ご経験に基づき、「ビミョーな人」(相手の期待に応えようとしながらも、相手の期待とはズレた頑張りをしている人)、
    にならないために気をつけること、そういった人がそばにいたらどう対処するか、について論じています。

    要点まとめ
    ・アサーティブな相互コミュニケーションにとって必要な、適切な「境界線」の存在
    →コミュニケーションは攻撃的でも受動的でもいけない
    ・上司や社長とは争わない
    →他人と過去は変えられない、変えられるのは自分と未来
    ・「優先順位」をつけるよりも、重要だけど緊急なことはその場で処理したほうがいい、という逆説
    ・やることリストは4×2にコマ分けして管理
     →「フランクリン・プランナー」の各役割ごとのタスク、に似た概念
    ・学校の学びは「理論→演習問題」、社会の学びは「演習問題→理論」

    著者らしい、独特の言い回しで語りかけられます。

    反面、いまいちな点は後半(第3章あたり)から、タイトルとはほぼほぼ関係のない、
    自身の半生や人材教育に携わってきたなかでの気づき、が散文的に語られていること。

    ご自身が発行してきたメルマガから珠玉の文章を抜粋して制作、とあとがきで書かれてますが、
    それゆえに全体としてのまとまりに欠け、本のテーマが何であるのか、がぼやけてしまっています。
    文章はおもしろく示唆的な内容が多いにも関わらず、
    これでは「人材コンサルティング会社の代表の方が書いた本」としか勧めようがありません。

    これは著者というよりも、出版社側に原因があるように思います。
    一般流通を経て出版される本は、「著者の執筆内容」+「出版社の企画編集」が価値であるにもかかわらず、
    メルマガの流用・転載が散文的になされるのであれば、出版社のレゾンデートル(存在意義)を問わねばいけません。

    Amazonが今夏(2012年)より提供する電子書籍出版サービスにより、出版の垣根はかぎりなく低くなります。
    そしてポッドキャストや電子版の普及により、発行部数を落としている新聞と同様の現象が一般書籍でも近い将来、おこります。

    Googleを叩いただけでは出てこない「編集された情報の価値」を、突き詰めていって頂きたいものです。

  • さらっと読める。
    職場の上司 管理職 社長などが読めばいいと思う ビジネス本だった。
    意識研修などの事務局をしていた頃にこの本に出会って居れば、もう少し 受講者の意見を引き出す言葉の知恵を もらえたかもしれない。
    今読んでも、そうだった そうだった その感覚忘れてた! と言う感触。

    自分の枠に相手をはめ込まず、人に伝える際は 言葉を選んで きちんと伝えていけば良い。
    自分にそれが できているかどうか、振り返るには 良いきっかけ本かも。

    タイトルや帯で言われる「ビミョーな人」とは、何だろう?と思った。
    確かに 期待を裏切る人は ビミョーかもしれないけれど。
    いわゆる 天然 とか KY とか、そう言った意味の人を指すものでは無かった。

  • 真面目な内容でおもしろかったわ。

  • 自己啓発系?なのかな。でも押しつけ臭くなくて良いと思います。

  • この本はなかなか分かりやすい。例え話に何度も頷かされる。

全30件中 1 - 25件を表示

「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)を本棚に「積読」で登録しているひと

「ビミョーな人」とつきあう技術  ことごとく期待を裏切る「あの人」の正体 (アスコムBOOKS 11)はこんな本です

ツイートする