日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)

  • 80人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (9)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
  • アスコム (2012年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207535

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あるある!納得がいっぱい(笑)

  • 自分の日本語は果たして正しいだろうかと興味を持ち購入。

    現代語、と言われている言葉をたまに使用していますが、実は正しい使い方だったり、結構耳にする言葉が間違って使われている事が多いなど、意外な発見がありました。
    新たに知る言葉も登場し、もっと教養を付けておきたいと感じる部分も多々。政治家の言葉をよく観察してみると確かに巧みに日本語を操っているなぁという感想も。

    まとめると、日本語は奥が深く、思いやり、謙虚が基となって作られている反面、曖昧で誤解も招きやすい面倒な言語である、という事がわかりました。
    だからこそ、教養の差が付くとも言えそうです。
    すらすら読めるので子育てで忙しいママにもお勧め。

  • 2013年7月読了。

  • 日本語について、知らないこと間違って覚えていたことがたくさんあった。
    子供や若者の言葉遣いを直すと言うよりも、自分の間違いも含め、一緒に学んでいく姿勢が大事だなと思った。

  • 「ヘンな日本語」というタイトルは煽り文句ということでよしとしよう。著者も”「ヘンな」と言っても、間違った日本語ということではなく、外国人の目から見て奇妙に見えるということです”って前書きに書いているしね。

    「結構」の4つの意味や「よろしくお願いします。」の具体的な使い方など、なるほどと思えるところも確かにある。
    が、本文の端々と章ごとに挿入されている、「日本人が間違えて使っている言葉」の「正しい使い方」解説はどこかで見たことのあるものばかりだし、”正しさ”を押し付けられているようで辟易する。「汚職事件→お食事券」「波浪注意報→ハロー注意報」等の例にいたっては、一体何年前からあるネタなのと突っ込んでしまった。
    著者の長尾昭子さんは欧米人ビジネスパーソンや外交官に教えているとのことなので、言葉の”正しい”使い方に特に敏感なのだと思うが、そこからの知見を母語話者にとってためになる、且つおもしろい内容に仕上げるのは難しいのだなぁということを感じた。

    平易な言葉で丁寧に書かれているので、日本語の上級学習者が超級を目指すときに読むといいかもしれない。

  • ペンネーム も さんからのコメント

    「結構です」には4つの意味があります。

    ・すばらしい・・・結構なお住まいですね。
    ・問題ない・・・・お支払いは後で結構です。
    ・いりません・・・お茶はもう結構です。
    ・とても・・・・・・・結構おもしろいですね。


    OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=9000923143

  • 今まで自分が思っていた意味と逆の言葉が結構あってびっくり!
    確信犯が一番びっくりしたかも!

  • 重いテーマが続いたので、たまにはこういうのも。
    日本語ってホントに難しいなー。ややこしいなー。でも素晴らしい言葉がたくさんある。日本語しか話せないんやから、なるべく正しい日本語を心掛けます。日本語に比べたら英語なんか簡単!なはずやのにぃ〜f^_^;

  • 確かに、日本人でも分かってないこと沢山ありますね。面白かった。

  • 気づかないで使っているヘンな日本語ってどのようなものがあるかを確認するために読んでみました。

    内容としてはアメリカ出身の英語教師の男性と海外に日本語を広めている女性の方の掛け合いで展開していきます。
    海外から日本に来ておかしいと思う日本語を中心に話が展開されていきます。

    書評ブログ:http://ameblo.jp/toshinobook/entry-11527531373.html

全11件中 1 - 10件を表示

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)の作品紹介

外国人にあなたは日本語をちゃんと説明できますか?「ピンからキリまで」の「ピン」って何?「いい加減」は何で悪い意味になったの?日本語って不思議なことばかり。

日本人が気づいていないちょっとヘンな日本語 (日本語再発見BOOK)はこんな本です

ツイートする