医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

  • 1396人登録
  • 3.66評価
    • (80)
    • (205)
    • (159)
    • (25)
    • (11)
  • 209レビュー
著者 : 近藤誠
  • アスコム (2012年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207641

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法の感想・レビュー・書評

  • もしがんにかかったときにはもう一度読みたい。

  • 薬や手術の弊害がデータをもとに紹介されている。脳内の血管にできたコブを取る手術をした女性が手術のために半身不随になってしまった例、高血圧の基準をどんどん厳しくして患者を増やし薬を従来の4倍になったなど説得力のある事例も多い。
    ただこの人の話だけを信じて良いかは疑問が残る。

  • すべて鵜呑みにはできないとは思うが、同感ということが多かった。

    本物のがんとがんもどきの違いやそれぞれが発生する機序がわかればより受け入れやすくなるように思った。

  • ベストセラー本読んでみた。
    中村仁一先生の『大往生したけりゃ医療とかかわるな 』
    とよく似た内容だと思ったら
    『どうせ死ぬなら「がん」がいい 』中村先生との共著対談本
    が出てた。

    血圧、コレステロールは高い方が長生きするのはよく聞く。
    がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん。
    でも実際、診断されても素人では判断できないし難しい。

    近藤先生、川島なお美さんの件で結構叩かれてますね。
    難しいなぁ

  • 進行したがん患者の闘病記を読むと確かに治療は体をボロボロにしていて効果もないというのはあるみたいだし、現場でがん患者をたくさん診てきた人でこういう本を出す人がいるのもわかる感じがする。
     
    批判本?(これとか→http://booklog.jp/item/1/4893088483)も出ているみたいだから、批判側も読んでみようかなと思った。

  • 抗がん剤は固形癌には効かない。

    漢方は偽アルドステロン症に注意する 甘草の取りすぎ

    ビタミン剤は無駄 証拠はない

    熱があっても風呂は大丈夫 疲れやすいので長風呂はしないこと
    高熱の時はおでこではなく体を冷やす 首下、わき、足の付け根、太い血管が通っているところ

    飲み過ぎの薬は1週間にひとつずつ減らす

    頭痛は、緊張型、片頭痛、群発頭のの3つ。
    薬物乱用による頭痛 治すには早起き、深呼吸、運動

    欧米では胃がん、肺がん検診は行わない
    健診もガン検診もやめると医療産業が傾く

    リードタイムスバイアス=検診で早期発見すると生存期間が延びる=当たり前

    インフルエンザはむかしは流行性感冒
    スペイン風邪の死因はアスピリン。

    余命は簡単にはわからない。幅が広い。治療しないでも5年10年生きることを目指す

    唾液の殺菌作用 耳の下のマッサージをすると唾液がでる

    動物性タンパク質で細胞膜を強くする
    癌は免疫細胞では防げない=外から入ってきたものではないから
    コレステロールこそガン防止、長寿薬となる

    幹細胞療法や免疫細胞療法は嘘

    治療指針はガイドライン厳守だからセカンドオピニオンも同じようになる

    子宮頸がんゼロ期はおできと同じ

    抗生物質の使いすぎ=耐性菌を生む

    ガン放置は固形ガンはの対処
    胃がん肝臓ガン食道がん子宮がんは最後まで痛まない
    痛み止めアセトアミノフェンをのむ、リン酸コデイン、モルヒネ、フェンタニル
    痛みをコントロールすれば食欲もでて延命につながる

    遺伝子治療は効果がない
    粒子線、免疫治療も同じ

    腹ペコ療法=鬱病に効果あり ご飯のことしか考えなくなる
    そうなったら焼き肉=徳川家康の薬食い

    ベジタリアンでは100歳を超えられない
    玄米菜食と断食は早死にする

  • 医者に良く行き、薬をもらって安心するような患者は、そうでない患者と比べて逆に早く死ぬという調査報告を紹介している。
    全体を通して感じたことは、医者の言葉を鵜呑みにせずに、他のルートで裏を取る。(セカンドオピニオン)

    元気に長生きする4つの習慣
    ・救急の時以外は病院に行かない
    ・リビングウィル(終末期の医療、ケアについての意思表示表明書)を書き残す
    ・転倒を防ぐ
    ・ボケを防ぐ

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • ガンは放置がいいんだね。

  • この著者の「がん理論」は賛否両論あるようですが20年以上の実績を考えれば決して無視出来ない考え方だと思います。

    自分の身体を自分自身で責任をしっかり持てば、病院や医者に丸投げするような意識は生まれないと思います。

    病院や医者との関わり方、そして健康や死について考えさせられる一冊です。

  • 近藤誠医師が1996年に発表した『患者よ、がんと闘うな』で展開した、癌の治療に関して基本的に「放置」という方針をとる考え方は、今や「近藤誠理論」と呼ばれて広く知られており、2012年には、「乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療おける先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績」により菊地寛賞を受賞している。
    本書は2012年に出版された、近藤医師のベストセラーのひとつ。
    一方、近藤医師の過激かつ医学界への敵対的な主張に対しては多数の批判本が出ており、自説にとって都合のいい根拠ばかりを集めてくる、少数のケースを一般法則にすりかえるなどと指摘されているし、近藤医師の考え方が完全に正当なのであれば、医学界でもっと支持されるはずであり、弱点があるのは間違いないのであろう。
    それでも私は近藤医師から学ぶべきことはあると思うが、それは、「癌は放置せよ」というピンポイントの主張ではなく、「医者や製薬会社(やメディア)の言うことを鵜呑みにせずに、自ら考えて判断せよ」という部分であり、本書でも、そうした視点から以下のような材料を与えてくれる。
    ◆医者の医療行為・処方する薬の多くは、根治療法ではなく、対症療法である。
    ◆検診は基準値の設定次第で“正常”、“異常”が変わる。高血圧や高コレステロールの判断はその典型。
    ◆(一般の)病院も製薬会社も健康食品会社も営利団体であり、患者・利用者が存在することによりビジネスとして成り立つ。
    ◆癌については、切除をせずに様子を見るという選択肢がある。
    いざ病気(癌に限らない)になったときに最終判断をするのは自分である。そうしたときに、医者や病院の言いなりにならずに、自分自身で判断できるよう、様々な考え方(近藤誠理論だろうが反近藤理論だろうが)を知っておくことは無駄ではないだろう。
    (2014年2月了)

  • タイトルは過激ですが、内容を読むと、著者は、患者本位のお医者さんだと思います。医者を簡単に信じないで、自分で調べて考える癖を身につけること、医療と薬を遠ざけることを薦めていらっしゃいます。「ほっときゃ治る」でしょうか!w 信用してはいけないことは、①軽い風邪で抗生物質を出す医者 ②一度に3種類以上の薬を出す医者 ③抗がん剤を使えば寿命が延びると言う医者 だとか。薬の作用はすべて「主作用」で、「副作用」というのは薬害が起きた際の口実だそうですね。「老化現象ですよ」という医者は信用できるそうです(笑)

  • 情報にあふれている現在で,その情報との付き合い方を考えさせらえるという点では役に立った。内容にはそうだろうなと思うところもあるが,がんに関するデータの扱いなどには宗教的な感じさえする。断定的な言い方は疑ってかかる,一つの情報だけを信じすぎない,というようなことを意識していきたい。

  • これも一つの考え方。その通りにする必要はありませが、参考になることが書かれていました。唯し、良い事は、思いと実際の間がある為、数字での裏付けが、充分に必要だと思います。

  • センセーショナルなタイトルだが、データ的な論拠の乏しさを感じる

    がん放置のすすめ

    がん検診
    「早期発見、早期治療」に役立つというハイテク機器等で、医学界はがん検診マーケットを飛躍的に拡大させているp51

    最新鋭機を使って早期発見しても、みつかるのは「もどき」 本物のがんはそのはるか前、できてすぐにあちこちに転移している

    甲状腺がんで亡くなる人は、がんによる総死亡者数のわずか0.1%、年間300人

    がんは放置が一番p81
    抗がん剤は「がんのしこり」を一時的に小さくするだけ。必ずまた大きくなる。

    放置すれば痛まないがんは、胃がん、食道がん、肝臓がん、子宮がんなど。もし痛んでもモルヒネで完璧にコントロールできる

    胃がん、肺がん、大腸がんなどかたまりをつくる「固形がん」には、抗がん剤はつらい副作用と「縮命」効果しか及ばさない

    医者の余命判断はあてにならないp78

    ★「がん放置治療法」p94
    「がんもどき」なら転移の心配はない。「本物のがん」なら治療をしてもしなくても死亡率に差がなく、延命期間も同じ。ならば、そのがんによる痛みや機能障害が出た時に初めて、痛み止めや放射線治療、場合によっては外科手術をすればよい

    点滴で「溺死」p98
    46時中点滴すると、点滴の量がオーバーして体が水ぶくれしてむくんでしまう。そのむくみが肺に及ぶと、肺は水浸しになりプールで溺れたときのように呼吸はハアハアゼイゼイし、セキやタンも出て、それはもう大変な苦しみ

    がん検診はヤブヘビp103
    ①検診は「がんもどき」でもがんと診断されやすい
    ②CT、PETは放射線被ばく量が多い
    ③本物のがんならすでに転移している
    ④精密個別検診も「もどき患者」を生み出すだけ

    免疫療法にも注意p126
    免疫細胞は、外から入ってきた異物を敵と認識してったく。がん細胞は体内の正常細胞が変わったもの。免疫細胞には異物とは認識できない

    リビングウィル
    人口呼吸器拒否、延命治療拒否

  • ①病院との付き合い方は?
    ・老化現象ですよという医者は信用できる
    ・医者によく行く人ほど早死にする
    ・一度に3種以上の薬を出す医者を信用するな、5種は危険

    ②健康を維持するためには
    ・日本人はコレステロールが高いほうが長生き
    ・血糖値を下げるくするは飲まない→歩く
    ・がん検診をしてもしなくても死亡率は一緒(米国での実験)
    ・食事療法などで、急にやめると癌が増殖しやすい

    ③気づき
    ・高血圧のガイドラインは下記の様に変化
     160→140(2000)→130(2008)
     血液降下剤2000億円売上(1988)→1兆円(2008)
    ・がんで苦しむのではなく、がん治療のせい
    ・口を動かす人、体を動かす人ほどボケない
    ・1980年、がん検診をやめた村(信州泰阜村)
     胃がんの死亡率が6%→2.2%に減った
    ・早期がんはがんもどきが多い
    ・全身CTで0.08%の人が被ばくで発がん
    ・ヨーロッパではインフルエンザでも薬を出さない
    ・マンモグラフィー検査法と死亡率の関係はない
    ・ほとんどが乳腺症
    ・カロリー20%オフのアカゲザルはSTDと寿命が変わらない(NIAアメリカ国立老化研究所2012)
    ・高齢でも脂肪摂取が長寿の秘訣
    ・コーヒーはがん、糖尿病、脳卒中、ボケ、胆石、しわを遠ざける
    ・5杯で肝臓がん発症率1/5
    ・早寝早起きは最高のダイエット
    ・路上生活者にハゲなし
     1か月髪を洗わないと、ツンドラ状

  • 薬に頼らず生きていくためにも普段から健康に気をつけようと思った。

  • 健康診断を受けない方がいいと思えてくる本。でも、やっぱり必要な治療や手術はある訳で、見極めは難しいと感じました。人間ドックを受けたら要精密検査となり、やはり検査しにいこうと思っている私。
    でも、こういう考えがあると知っておくのは悪くないかな。「がんより怖いがん治療」とあわせて読むと近藤先生の包括的な考えが知れてよいと思いました。

  • 乳房温存療法のパイオニアとして抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療における先駆的な意見を発表、啓蒙し第60回菊池寛賞受賞。
    (著者紹介より)

    この本はどう思おうとも一度は最後まで読むのをオススメしたいです。
    …というのもあたしは途中でわからなくなってしまった。
    この人、何が言いたいんだろう…と。
    矛盾してくるからだ。

    でもそうではなくて。
    だって、医学は日々進歩していて。というコトは
    人間の体はまだまだわからないコトが沢山あって。

    結局のところ、
    『自分はどう死にたいか?』
    ではないだろうか、とあたしは思う。いや、
    『自分のQOLをどこに保ち、どう死んでいくのか』
    かなぁ。
    病名とかの問題でなくて、体調不良に対して自分がどう係わっていくのか。

    この本の前に読んでいた『薬をやめれば病気は治る』と
    共通するところも多くみられていて、
    特に『ドクターズルール』は興味津々です。

    こちらは世界的に見た医療についても詳しく書かれている。海外ではとっくに解っているコトが日本では広く知られていないとか。

    がん、高血圧、気になる方は一度読んでみて欲しい一冊。
    あたしも病院へ行って
    『それは老化現象ですよ』
    って言われてみたいです!!

  • こういう意見もあるってことは知っておいて損はない

  • 大病する前にこの本に出会えたことに感謝。

    いろいろな情報の中の一つとしてとても
    勉強になりました。

  • ちょうど2週間ほど前のNHK「特報首都圏」で温存治療法の是非が問われていたところだった。
    http://www.nhk.or.jp/tokuho/program/150313.html
    それを信じ込んでしまうのも危険、ということだったので、当書は軽く飛ばし読みにしようかと思っていた。
    でも、読み進めるに従い、「そうなのかもしれない。別の情報から裏を取った上で、自分で判断する必要がある」と思うようになった。
    とくに先月引いた風邪はインフルエンザのようだったのだが、これについては、知人が「インフルエンザの予防接種は効果が無い」と強く言っていて、その根拠がこの本で言われていることと同じだったので、毎年受けていた予防接種を来期はどうしたものか、考えて見る気になった。

  • 医者である近藤誠氏の本。
    素人である私たちは医者の言うことを信じがち。
    この本の内容は新鮮。
    鵜呑みにしないで、しっかり考えてみようと思った。

全209件中 1 - 25件を表示

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「積読」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法はこんな本です

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法のKindle版

ツイートする