医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

  • 1403人登録
  • 3.66評価
    • (80)
    • (204)
    • (159)
    • (25)
    • (11)
  • 209レビュー
著者 : 近藤誠
  • アスコム (2012年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207641

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
OJTソリューシ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法の感想・レビュー・書評

  • 著者の本はこれで3冊目。
    どれも同じことが書かれているので、もうこれ以上は読まなくていいかなと思う。
    ただ、3冊読んできて、自分の考え方が段々変わってきた。

    今までの2冊の自分のレビューを読み返すと、そうだよなあと思いながらも迷ったり疑ったり悩んだりしている。
    家族は相変わらず皆、健診は受け(ざるをえない)、病院・薬好きで、それを私がやめさせることはできないと思う。

    しかし、私自身はこの本に書かれているように生きようと思うようになった。
    ただひとつだけ、やはり不安がある。
    痛みを和らげ、こちらが望む通りの、QOLを下げない程度の治療だけをしてくれる医師や場所が、近藤先生以外のところでどこに存在するのか?ということだ。

  • 著者は慶応義塾大学医学部放射線科講師。乳房温存療法のパイオニアとして、抗ガン剤の毒性、拡大手術の危険性など、ガン治療における先駆的な意見を世に広め、2012年に菊池寛賞受賞。


    「血圧130で病気」なんてありえない、がん検診はやればやるほど死者を増やす、などなど、病院好きの人にとってはおったまげるような内容がズラり。

    そもそも本当に転移するような悪性のガンと、「ガンもどき」を見分けるのさえ、困難で、乳がんではないのに乳がんと診断されて摘出手術され、それはガンではなかったと、後になって医師から告げられたという告白も紹介されていた。


    日本において、病院も、外科医も、製薬会社も、全てがビジネスなはずなのに、それがどこか、権威や膨大なカネによってねじ曲げられてしまう。
    日本以外の国であれば、自宅で療養するような病気であっても、日本ではすぐ医者に行って薬をもらってしまう。

    そこにどれだけのお金が動いているのか。
    副作用と言う名の主作用がどれだけあるのかなんて、考えもしない。
    医者を心底信頼する、まじめで潔癖な国民性につけ込むこの人たちのビジネスは、本当に上手いと思うと同時に、すごく残酷だとも感じされられる。

    著者は、やはりその道のプロなだけに、ガンに関しては、なるほどと思う事ばかり。

    ただ、少し、「日本の食生活」に関しては疎い(ご存じない)気がした。

    その辺りは小薮 浩二郎氏の『食品メーカーは今日も、やりたい放題』、『悲しき国産食品』を合わせて読むのも良いかと思った。


    普段の食事プラスアルファ(栄養補助)は必要。
    でも、薬と医者は最低限に。

    そうすることが一番人間にとって幸せを全うして、ぽっくり楽に終わりを迎えられるのかもしれない。
    いろんなところを切り取って、チューブを通して、薬付けにされるのが幸せなことなのか、それぞれが再考しないといけないのでは。

  • 医者に行く人ほど、早く死ぬ。

    医師の世界で異端とされつづけている近藤氏ですが、かといってトンデモ本というわけでもありません。きちんと彼自身の経験やデータに基づいた主張だったりします。

    仕事柄、医者の話をよく聞きますが、「医者は神ではない」というのは同意するところです。
    医師にも分からない事はあるし、ミスもする。権威になればなるほど、できない事もあったりする。そして一般的に思われている以上に、「まだ医療の世界では分からない事・証明されていない事」がたくさんある。(さらに、日本の医療はグローバルに見ると結構ガラパゴスです。。。)

    全面的にこの本が正しいと言うわけではありませんが、特に日本人は全面的に権威を信頼してしまう部分があるので、きちんと知り、考え、判断するように意識する必要があると思います。
    (一応弁護しておくと、医師というのは非常に尊い仕事であるし、志を持った素晴らしい医師もたくさんいます!)

    こういう意見やデータもあるんだ、という事は、どんな人にも知っておいてほしいと思い、挙げさせてもらいました。

  • ガンは放置がいいんだね。

  • この著者の「がん理論」は賛否両論あるようですが20年以上の実績を考えれば決して無視出来ない考え方だと思います。

    自分の身体を自分自身で責任をしっかり持てば、病院や医者に丸投げするような意識は生まれないと思います。

    病院や医者との関わり方、そして健康や死について考えさせられる一冊です。

  • 近藤誠医師が1996年に発表した『患者よ、がんと闘うな』で展開した、癌の治療に関して基本的に「放置」という方針をとる考え方は、今や「近藤誠理論」と呼ばれて広く知られており、2012年には、「乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療おける先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績」により菊地寛賞を受賞している。
    本書は2012年に出版された、近藤医師のベストセラーのひとつ。
    一方、近藤医師の過激かつ医学界への敵対的な主張に対しては多数の批判本が出ており、自説にとって都合のいい根拠ばかりを集めてくる、少数のケースを一般法則にすりかえるなどと指摘されているし、近藤医師の考え方が完全に正当なのであれば、医学界でもっと支持されるはずであり、弱点があるのは間違いないのであろう。
    それでも私は近藤医師から学ぶべきことはあると思うが、それは、「癌は放置せよ」というピンポイントの主張ではなく、「医者や製薬会社(やメディア)の言うことを鵜呑みにせずに、自ら考えて判断せよ」という部分であり、本書でも、そうした視点から以下のような材料を与えてくれる。
    ◆医者の医療行為・処方する薬の多くは、根治療法ではなく、対症療法である。
    ◆検診は基準値の設定次第で“正常”、“異常”が変わる。高血圧や高コレステロールの判断はその典型。
    ◆(一般の)病院も製薬会社も健康食品会社も営利団体であり、患者・利用者が存在することによりビジネスとして成り立つ。
    ◆癌については、切除をせずに様子を見るという選択肢がある。
    いざ病気(癌に限らない)になったときに最終判断をするのは自分である。そうしたときに、医者や病院の言いなりにならずに、自分自身で判断できるよう、様々な考え方(近藤誠理論だろうが反近藤理論だろうが)を知っておくことは無駄ではないだろう。
    (2014年2月了)

  • 【健康】医者に殺されない47の心得/近藤 誠/20140317(26/201)

    ◆きっかけ
    ・日経新聞広告

    ◆感想
    ・信じる者は救われるとあるが、医者に関してはあてはまりにくい状態。簡単に信じてはいけない。
    ・医者を疑い自分で調べること。それが自分の体を守ることにつながる。

    ◆引用
    ・コンビニ感覚で病院へ行ってないか?とりあえず病院はおいしいお客。
    ・血圧もコレステロールも高い方が長生きする。
    ・一度に3種類以上の薬を出す医者は信用するな。
    ・40度まで熱があがっても、脳に影響はない。
    ・医者から薬をもらうのを習慣化してはいけない。
    ・検診はやぶへびになる。(日本の医者はがんと診断しやすい、精密検査をするほど、がんもどきを発見してしまう)
    ・なんでも食べて少し太ったほうが長生きする。
    ・毎日、牛乳と卵。天然サプリ。
    ・コーヒーはがん、糖尿病、脳卒中、ボケ、胆石、しわを遠ざける。
    ・最良の健康法:早寝早起き。
    ・石鹸、シャンプーをつかわないほど、肌も髪も丈夫になる。
    ・医者の選び方:ネット等で情報収集、患者としての直感、あいさつしない、顔を見ない医者、見下す医者は×、説明をうのみにしない、医者の誘導に気をつける、薬の副作用、後遺症、生存率をしっかり聞く、質問をうるさがる医者はやめる、セカンドオピニオン、サードオピニオンを求める、検査データやレントゲン写真は患者のものだから、おくすることなくなりだす。
    ・手当でストレスを癒やす。1日20分触れることで、暴言や暴力がなおる。タッチーワーク。指圧、気軽に触れ合う。
    ・インフルエンザ予防:人込みを避ける。
    ・リビングウィルを用意する。どんな死に方をしたいのか?

    ===qte==
    いっさいの延命治療をしないでください

    私は今日まで自由に生きて行きました。
    ××才まで、好きなことに打ち込んで、幸せな人生でした。
    そして、自分らしく人生を終えたいと思っています。
    今、私は意識を失っているか、呼びかけに少し反応するだけだと思います。
    すでに自力では、呼吸もほとんどできないかもしれません。
    このまま命が尽きても、何も思い残すことはありません。
    だから、決して救急車を呼ばないでください。
    すでに、病院にいるのなら、人工呼吸器をつけないでください。つけられているのなら、はずしてください。
    自力で飲んだり食べたりできなのなら、無理に、口に入れないでください。
    点滴も、チューブ栄養も、昇圧薬、輸血、人工透析等を含め、延命のための治療を何もしないでください。すでに行われているのなら、すべてやめてください。

    もし私が苦痛を感じてるいるようなら、モルヒネ等の痛みをやわらげるケアはありがたくお受けします。
    今私の命を延ばそうと力を尽くしてくださっている方に、心から感謝します。しかし、恐れ入りますが、私の願いを聞いてください。
    私はこの文書を、冷静な意思のもとに書き、家族の了解を得ています。
    いっさいの延命治療をしないでほしい。
    この最後の願いを、どうぞかなえてください。
    決して後悔しないことを、ここに誓います。


    ××××年××月××日
    住所
    自筆署名
    証人署名

    ×歳 印
    ===unqte==

  • 末尾に文献の参照元がひとつもなくて笑った。何でこれ図書館で借りたんだろ

  • 賛否両論ある、近藤誠氏の総括的本。
    結論は自己判断ということになるだろうが、医学界にかかわらず、現代において一般マスコミから知りうる画一的情報や、常識がほとんど利害関係者による虚妄だとする立場に立つとすれば、多くの真実が含まれている可能性がある。
    自分の、そして自分の身内のがんに対して、その対応の一助には大いになると思う。

  • 知れて良かったことがたくさん。
    最終的に医者に行く、行かないは個人の判断だけれど、当たり前と思っていることがそうではないことを気付かせてくれる良い本だと思う。

  • ボクは肩が凝ったら、ときどき、経堂の「ほぐしの達人」に行く。60分で2980円ととっても安い。そこでマッサージをしてもらったときに、担当の方が話していた本。気になったので買ってみた。

    著者である近藤誠先生は、他にもいろいろ著作がある方のようだ。ちょっと有名なお医者さんというところだろうか。

    『余命3カ月のウソ 』
    『がん治療で殺されない七つの秘訣』
    『どうせ死ぬなら「がん」がいい 』

    などなど、普通の医者が絶対言わないようなことを主張している先生だ。だが、慶応の医学部を卒業され、米国・ロスアラモス国立研究所にも勤められていて、決してヤブ医者の類ではない。この先生を有名にしたのは、乳癌の乳房温存療法のようだ。著作にもあるが、安易な手術に警鐘を鳴らし、ときに放置することを勧める。ここは、賛否両論あるだろうが、乳房温存療法は、現在は主流になってきている。その活動の功績をたたえて、2012年は「菊池寛賞」を受賞したらしい。

    さて、本書だが、たとえば次のようなタイトルだ。

    心得01:「とりあえず病院へ」は、医者の”おいしい”お客様
    心得04:「血圧130で病気」なんてありえない
    心得08:「早期発見」は、実はラッキーではない
    心得14:「抗がん剤を使えば寿命が延びる」という医者を信用するな
    心得21:「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」
    心得27:体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ
    心得35:石けん、シャンプーを使わないほど肌も髪も丈夫になる
    心得41:「ほっときゃ治る」を、いつも心に

    いきなり信じろって言ったって、という感じだけども、納得できる点もある。だが、どれも要するに医者のいうことを絶対だと信じるな。いろいろな情報があるから、それも踏まえて考えろ。そういうことだと思う。

    コレステロール、血圧など、現在の健康診断のガイドラインとはまったく異なることも言っている。実際、自分も数値が上回っているから考えさせられる。さて、どうしたものか。もう少し、近藤先生の本を読んでみるかな。

  • ☆3.5があればいいのに・・・
    確かに医薬品会社がバックについているのは知っていたけど、他国と比べた時に日本がこれまでとは思っていなかった。
    もちろん、これがすべとは言わないけれど、データも示して極端なことは言っていないように感じるし、たくさんの人に読んでもらって自分で受ける医療のことを決めてほしいと思う。
    医者任せではなく、自分で自分のことを決めれるようになることは日本人にとって非常に必要だと感じる。
    同じ系列の本ばかり読んでいてはいけないので色んな側面から見て、自分のことを決めていく。
    その補助となる一冊であることは確かだろう。

  • 分かる所と分からない所がある。

    近藤氏の意見も一部は理解はできるが、全ての抗がん剤を意味なしとする説には疑問が。抗がん剤も今では毒性の強い殺細胞型だけでなく、分子標的型や免疫活性化型が開発されています。現在既に一部のがんでは個別化医療が対応できるようになっています。それを知らずに放置してしまうのは如何なものか。。。

  • 大体私の病院のイメージ通りでした。それにしても、ここまでがん治療はデタラメなものだとは、びっくりです。血圧の話も、私の祖父が元気だったのに高血圧と診断され、無理やり血圧を下げられて以来元気がなくなったことを思い出しました。

    どう生きるか、こういうところでも自分の選択が大事な時代なんだなと思い知らされました。

  • コレステロール高くてもOK的なこと書いてあったけど、善玉悪玉の区別が無かったなあ。ああ、気になる。

  • 癌が痛いのではない、治療するから痛むのだ。という論は、末期癌の母を見て実感していたことなので、この本の趣旨にはうなずくことが多かったです。

  • 医療がビジネスである、ということを認識させてくれる1冊。この本は読んでよかったな~と思いました。そして、その気になれば調べることなんていくらでもできる世の中になってきたのに、医者のいうことだけを信じて出された薬を飲むとか、副作用を疑わずに自分の体が悪いと考えるとか、原発の被ばくには敏感なくせに医療被ばくに無頓着とか、そういった人もまだまだたくさんいるんじゃないかなと思いました。健康的な生活ができているかといわれると自分は全然できていないので、これを機に少し見直してみようかな。まずはもっと歩くことから。

  • 健康とか美とか食品添加物とかに興味があります。
    それらに関する本をいろいろ読んでると、特に健康に関するエピソードは数年経ったら覆ることが多い。

    にしてもこの本はなかなか刺激的。

    そうそう薬って毒なんですよね。
    病気になったら読み返してみよ(笑)。

  • 目から鱗の内容がけっこうあり、これまでの常識が覆される。すべてを鵜呑みにするわけではないが、知っておくことは重要だ。

    読み終わってみて、さらに感銘を受けた。何人か、薦めたいたい人がいる。

  • エビデンスレベルが高いのか低いのかわからない論文の引用と著者の体験談を並べ立ててある。素人に対しては説得力のある文章かもしれない。
    ただ、この本に書いてあることが真実であるかどうかは不明。全てを否定することは出来ないし、肯定することも出来ないけど、おそらく、同じ論法で抗がん剤治療やがん検診がとても有益であると説得力のある文章を書こうと思えばたぶん書ける。医学論文には、正反対の結果が出ているものがたくさんあるし、抗がん剤治療で救われたという人もたくさんいるはずだから。
    エビデンスを引用している(引用文献が書いていないのは問題だが)点では民間療法の宣伝よりもましだけど、ストーリーの強引さは大して変わらないと感じた。
    医師の言うことを鵜呑みにしてはいけないというよい警鐘にはなっていると思う。素人である患者も勉強して理論武装しなくてはいけないという点は正しい。

  • この本はガンの治療を長期間されてきた医師が書かれた本で、著者である近藤氏の経験をベースに癌に対して「放置治療(=なにもしない)」の有効性を紹介した本です。世の中では、早期発見・早期治療が全盛で、最新鋭機器を用いて早期にガンを発見して、小さいうちに手術や薬による治療をするのが常識となっていますが、近藤氏は、この本で「ガンとガンもどき」は異なることを強調しています。

    本当の癌は転移速度が速く、見つかっても手遅れ、癌細胞と診断されても進行の遅いものは「ガンもどき」なので放置で充分というのは、患者にとっては有りがたいことですが、薬品・機器メーカにとっては一大事なので、近藤氏はかなりバッシングされているようです。

    最近もガンワクチンを接種した後の副作用で体の調子を悪くしたケースが報道されていましたが、親としても娘にそれを打たせるのは躊躇してしまいます。私たちは、自分の健康を守るために賢くならなければならないと思いました。

    特に、この本では最初の14ページまでの「はじめに」の部分で、著者の言いたいポイントが凝縮されています、そこだけでも多くの方に読んでいただきたいと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・病気の9割は医者にかかっても治るわけでも回復が早くなるわけでもない、そして副作用や後遺症のリスクは大きい(p4)

    ・対症療法薬は、回復は遅れる、発熱と咳などの症状は体がウィルスを追い出そうと闘っているサイン、薬は体の治癒力を邪魔する、インフルエンザをワクチンで防げるとか、リレンザで治せるという医学的証拠はない(p5)

    ・長い間、高血圧は160mHgであったが、2000年には140,2008年のメタボ検診では130mgHにまで下げられた、50歳を過ぎたら「上が130」というのは一般的なので、たいてい高血圧患者にされる(p6)

    ・コレステロール低下薬のスタチン類は、年間2600億円の売上、関連医療費はその3倍(p6)

    ・血圧やコレステロールを薬で下げると、数値は改善しても早死にするリスクは高くなるのは、世界中の数万人規模の追跡調査で明確になっている(p6)

    ・抗がん剤は猛毒、効くというのは「がんのしこり」を一時的に小さくするのだけで、癌を治したり延命には役立たない、特に固形がん(胃がん、乳がん)には全く無意味(p7)

    ・早期発見と治療をしても、1960年代から、がんで死ぬ人の割合は下がらない、症状が無くて見つかったガンはほぼ、命を奪わない「がんものどき」だから、本物なら既に転移している(p7)

    ・著者の姉も「乳房温存療法」を選んでくれて、30年経過した今も元気(p11)

    ・がんで苦しみぬいて死ななければならないのは、がんのせいではなく、「癌の治療のせい」、でも医者は「癌のせい」にする(p14)

    ・今の日本で大人のかかる病気はたいてい「老化現象」で、医者にかかったり薬を飲んだりして治せるものではない(p27)

    ・コレステロールは細胞を丈夫にするので「へらさない」ことが大事、福井市の5年間追跡結果により、コレステロール値が高いほど死亡率が低いことが判明(p29、37)

    ・医療に満足している人(医療や薬にお金をかける)は、5年程度追跡すると、死亡率は高いことが判明(p32)

    ・放射線をかけたり、局所手術により治って転移がでてこないのは、「がんもどき」(p49)

    ・原発事故で国が避難の目安にした年間被ばく総量は 20ミリシーベルト、胸部CT検査は1回で10ミリシーベルト、造営CTはさらに1回加わる、腹部・骨盤CTは1回で20ミリシーベルト、造営CTでその倍(p61)

    ・WHOでは270種類もあれば十分としている薬の種類を、日本では1万種以上も認可... 続きを読む

  • 私の死生観を確立させました。病気と戦わない生き方を選びます。

  • 全ての人が知っておくべき内容。
    この本の内容通りに行動するかは別としても通常の医療に対する考え方の対抗勢力として脳内にとどめておくべき。

  • 色々と考えさせられる一冊。自分の生き方、死に方は自分でしっかり考えておきたい。

  • この本、よく出版されたと思う。出版に関しては、まだまだ救いが残されている。しかし、経営的に追い詰められている良心的な出版社は多い。良書は必ず買って支援しようと思う。

    読むほどに今までの思い込みが晴れてくる。つまり医療による洗脳状態だったのでは?・・・

全209件中 1 - 25件を表示

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「積読」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法はこんな本です

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法のKindle版

ツイートする