医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

  • 1414人登録
  • 3.66評価
    • (81)
    • (204)
    • (160)
    • (25)
    • (11)
  • 210レビュー
著者 : 近藤誠
  • アスコム (2012年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207641

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デール カーネギ...
佐々木 圭一
三浦 しをん
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の本はこれで3冊目。
    どれも同じことが書かれているので、もうこれ以上は読まなくていいかなと思う。
    ただ、3冊読んできて、自分の考え方が段々変わってきた。

    今までの2冊の自分のレビューを読み返すと、そうだよなあと思いながらも迷ったり疑ったり悩んだりしている。
    家族は相変わらず皆、健診は受け(ざるをえない)、病院・薬好きで、それを私がやめさせることはできないと思う。

    しかし、私自身はこの本に書かれているように生きようと思うようになった。
    ただひとつだけ、やはり不安がある。
    痛みを和らげ、こちらが望む通りの、QOLを下げない程度の治療だけをしてくれる医師や場所が、近藤先生以外のところでどこに存在するのか?ということだ。

  • 著者は慶応義塾大学医学部放射線科講師。乳房温存療法のパイオニアとして、抗ガン剤の毒性、拡大手術の危険性など、ガン治療における先駆的な意見を世に広め、2012年に菊池寛賞受賞。


    「血圧130で病気」なんてありえない、がん検診はやればやるほど死者を増やす、などなど、病院好きの人にとってはおったまげるような内容がズラり。

    そもそも本当に転移するような悪性のガンと、「ガンもどき」を見分けるのさえ、困難で、乳がんではないのに乳がんと診断されて摘出手術され、それはガンではなかったと、後になって医師から告げられたという告白も紹介されていた。


    日本において、病院も、外科医も、製薬会社も、全てがビジネスなはずなのに、それがどこか、権威や膨大なカネによってねじ曲げられてしまう。
    日本以外の国であれば、自宅で療養するような病気であっても、日本ではすぐ医者に行って薬をもらってしまう。

    そこにどれだけのお金が動いているのか。
    副作用と言う名の主作用がどれだけあるのかなんて、考えもしない。
    医者を心底信頼する、まじめで潔癖な国民性につけ込むこの人たちのビジネスは、本当に上手いと思うと同時に、すごく残酷だとも感じされられる。

    著者は、やはりその道のプロなだけに、ガンに関しては、なるほどと思う事ばかり。

    ただ、少し、「日本の食生活」に関しては疎い(ご存じない)気がした。

    その辺りは小薮 浩二郎氏の『食品メーカーは今日も、やりたい放題』、『悲しき国産食品』を合わせて読むのも良いかと思った。


    普段の食事プラスアルファ(栄養補助)は必要。
    でも、薬と医者は最低限に。

    そうすることが一番人間にとって幸せを全うして、ぽっくり楽に終わりを迎えられるのかもしれない。
    いろんなところを切り取って、チューブを通して、薬付けにされるのが幸せなことなのか、それぞれが再考しないといけないのでは。

  • 医者に行く人ほど、早く死ぬ。

    医師の世界で異端とされつづけている近藤氏ですが、かといってトンデモ本というわけでもありません。きちんと彼自身の経験やデータに基づいた主張だったりします。

    仕事柄、医者の話をよく聞きますが、「医者は神ではない」というのは同意するところです。
    医師にも分からない事はあるし、ミスもする。権威になればなるほど、できない事もあったりする。そして一般的に思われている以上に、「まだ医療の世界では分からない事・証明されていない事」がたくさんある。(さらに、日本の医療はグローバルに見ると結構ガラパゴスです。。。)

    全面的にこの本が正しいと言うわけではありませんが、特に日本人は全面的に権威を信頼してしまう部分があるので、きちんと知り、考え、判断するように意識する必要があると思います。
    (一応弁護しておくと、医師というのは非常に尊い仕事であるし、志を持った素晴らしい医師もたくさんいます!)

    こういう意見やデータもあるんだ、という事は、どんな人にも知っておいてほしいと思い、挙げさせてもらいました。

  • ガンは放置がいいんだね。

  • この著者の「がん理論」は賛否両論あるようですが20年以上の実績を考えれば決して無視出来ない考え方だと思います。

    自分の身体を自分自身で責任をしっかり持てば、病院や医者に丸投げするような意識は生まれないと思います。

    病院や医者との関わり方、そして健康や死について考えさせられる一冊です。

  • 近藤誠医師が1996年に発表した『患者よ、がんと闘うな』で展開した、癌の治療に関して基本的に「放置」という方針をとる考え方は、今や「近藤誠理論」と呼ばれて広く知られており、2012年には、「乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療おける先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績」により菊地寛賞を受賞している。
    本書は2012年に出版された、近藤医師のベストセラーのひとつ。
    一方、近藤医師の過激かつ医学界への敵対的な主張に対しては多数の批判本が出ており、自説にとって都合のいい根拠ばかりを集めてくる、少数のケースを一般法則にすりかえるなどと指摘されているし、近藤医師の考え方が完全に正当なのであれば、医学界でもっと支持されるはずであり、弱点があるのは間違いないのであろう。
    それでも私は近藤医師から学ぶべきことはあると思うが、それは、「癌は放置せよ」というピンポイントの主張ではなく、「医者や製薬会社(やメディア)の言うことを鵜呑みにせずに、自ら考えて判断せよ」という部分であり、本書でも、そうした視点から以下のような材料を与えてくれる。
    ◆医者の医療行為・処方する薬の多くは、根治療法ではなく、対症療法である。
    ◆検診は基準値の設定次第で“正常”、“異常”が変わる。高血圧や高コレステロールの判断はその典型。
    ◆(一般の)病院も製薬会社も健康食品会社も営利団体であり、患者・利用者が存在することによりビジネスとして成り立つ。
    ◆癌については、切除をせずに様子を見るという選択肢がある。
    いざ病気(癌に限らない)になったときに最終判断をするのは自分である。そうしたときに、医者や病院の言いなりにならずに、自分自身で判断できるよう、様々な考え方(近藤誠理論だろうが反近藤理論だろうが)を知っておくことは無駄ではないだろう。
    (2014年2月了)

  • 【健康】医者に殺されない47の心得/近藤 誠/20140317(26/201)

    ◆きっかけ
    ・日経新聞広告

    ◆感想
    ・信じる者は救われるとあるが、医者に関してはあてはまりにくい状態。簡単に信じてはいけない。
    ・医者を疑い自分で調べること。それが自分の体を守ることにつながる。

    ◆引用
    ・コンビニ感覚で病院へ行ってないか?とりあえず病院はおいしいお客。
    ・血圧もコレステロールも高い方が長生きする。
    ・一度に3種類以上の薬を出す医者は信用するな。
    ・40度まで熱があがっても、脳に影響はない。
    ・医者から薬をもらうのを習慣化してはいけない。
    ・検診はやぶへびになる。(日本の医者はがんと診断しやすい、精密検査をするほど、がんもどきを発見してしまう)
    ・なんでも食べて少し太ったほうが長生きする。
    ・毎日、牛乳と卵。天然サプリ。
    ・コーヒーはがん、糖尿病、脳卒中、ボケ、胆石、しわを遠ざける。
    ・最良の健康法:早寝早起き。
    ・石鹸、シャンプーをつかわないほど、肌も髪も丈夫になる。
    ・医者の選び方:ネット等で情報収集、患者としての直感、あいさつしない、顔を見ない医者、見下す医者は×、説明をうのみにしない、医者の誘導に気をつける、薬の副作用、後遺症、生存率をしっかり聞く、質問をうるさがる医者はやめる、セカンドオピニオン、サードオピニオンを求める、検査データやレントゲン写真は患者のものだから、おくすることなくなりだす。
    ・手当でストレスを癒やす。1日20分触れることで、暴言や暴力がなおる。タッチーワーク。指圧、気軽に触れ合う。
    ・インフルエンザ予防:人込みを避ける。
    ・リビングウィルを用意する。どんな死に方をしたいのか?

    ===qte==
    いっさいの延命治療をしないでください

    私は今日まで自由に生きて行きました。
    ××才まで、好きなことに打ち込んで、幸せな人生でした。
    そして、自分らしく人生を終えたいと思っています。
    今、私は意識を失っているか、呼びかけに少し反応するだけだと思います。
    すでに自力では、呼吸もほとんどできないかもしれません。
    このまま命が尽きても、何も思い残すことはありません。
    だから、決して救急車を呼ばないでください。
    すでに、病院にいるのなら、人工呼吸器をつけないでください。つけられているのなら、はずしてください。
    自力で飲んだり食べたりできなのなら、無理に、口に入れないでください。
    点滴も、チューブ栄養も、昇圧薬、輸血、人工透析等を含め、延命のための治療を何もしないでください。すでに行われているのなら、すべてやめてください。

    もし私が苦痛を感じてるいるようなら、モルヒネ等の痛みをやわらげるケアはありがたくお受けします。
    今私の命を延ばそうと力を尽くしてくださっている方に、心から感謝します。しかし、恐れ入りますが、私の願いを聞いてください。
    私はこの文書を、冷静な意思のもとに書き、家族の了解を得ています。
    いっさいの延命治療をしないでほしい。
    この最後の願いを、どうぞかなえてください。
    決して後悔しないことを、ここに誓います。


    ××××年××月××日
    住所
    自筆署名
    証人署名

    ×歳 印
    ===unqte==

  • 末尾に文献の参照元がひとつもなくて笑った。何でこれ図書館で借りたんだろ

  • 賛否両論ある、近藤誠氏の総括的本。
    結論は自己判断ということになるだろうが、医学界にかかわらず、現代において一般マスコミから知りうる画一的情報や、常識がほとんど利害関係者による虚妄だとする立場に立つとすれば、多くの真実が含まれている可能性がある。
    自分の、そして自分の身内のがんに対して、その対応の一助には大いになると思う。

  • 知れて良かったことがたくさん。
    最終的に医者に行く、行かないは個人の判断だけれど、当たり前と思っていることがそうではないことを気付かせてくれる良い本だと思う。

全210件中 1 - 10件を表示

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法を本棚に「積読」で登録しているひと

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法はこんな本です

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法のKindle版

ツイートする