ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得

  • 310人登録
  • 3.66評価
    • (13)
    • (39)
    • (21)
    • (10)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 岩田松雄
  • アスコム (2013年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207870

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もともと、「ブランド」とは、自分の家畜などに焼印を施し、他社の家畜と区別するものとして生まれた言葉で、つまり他と区別することをさす。

    著者は「ブランド」と「ミッション」は表裏一体で、
    外から見えるイメージはブランドで、その下に氷山のように大きなミッションが隠れていると表現してます。

    自分にはそれらを「ブランド」「ミッション」と定義していることに違和感があり、すっきり頭に納まっていません。

    内容的には合意するところが多いですが、その言葉の使い方が今ひとつ言いたいことを不明にしているように思います。

  • 「ミッションとブランドは表裏の関係である。」
    ブランドは突如にして作られるものではない。
    志を持って仕事をする。

    なんのために仕事をするのか。
    悩んだときに勇気づけられる本です。

  • ブランド力をつけること=使命感を持ち真摯に向き合うこと

    CMやキャンペーンなどの販促宣伝を行わずしてスターバックスのブランドを確固たるものにしたCEOが語るブランディングについての本。
    著者流ジョハリの窓(共通認識、アピールすべきこと、フィードバックをもらうべきこと、未見の我)はとても参考になったし、コモディティ人材ではなく自分自身をブランド化すること、またそのためには小手先のセルフブランディングではなく、信頼を築き感動を創出することが大切であると学んだ。
    そのために、まずは志を持つこと。自分の人生を「ミッション」を通して自分のものにしていくこと。分かりやすく良い本でした。

  • 帯文:”「自分ブランド」を築く48の心得” ”あなたの価値が10倍になる!”

    CONTENTS:序章、第1章 「一流ブランド人」になるために知っておきたい5つのポイント、第2章 あなたをブランド人へと導く「ジョハリの窓」、第3章 一流企業に学ぶブランドの築き方、第4章 「一流の人」と「どこにでもいる人」のちょっとした違い、第5章 一流は「相手の幸せ」を探す、おわりに

  • 自分をブランディングする
    あなたは、なにの誰さんなのか



    基本動作のできる人、

    なにを顧客に提供したいのか

  • 【No.77】「自ら内に秘めた志が、他人にはどう見えているか。それを認識することから始める」「一流の人は、人より少し身長が高いとか、お金を持っているとか、マンションの高層階に住んでいるとか、そんな細かなスペックにこだわらない。もっと大きな視野で自分や世の中を見ている」「志をもって愚直に進む人に対して、人はよいイメージを持つ」「さほど意識していなかった相手でも、内面にどんな思いが存在するのか、どんな背景が隠れているのかを知る機会があると、共感し、惚れ込み、尊敬し、応援し、一生付き合えるような関係を築けることがある。またそういった人の風貌は素敵に見えてくる」「どんな言葉で自分がタグ付けされているかを考える」

  • 前著の「ミッション」と表裏一体となっているのが「ブランド」。それは企業のミッション(使命)を実現するために必要不可欠な要素である。そして、これは個人も同じ。感動よりも、具体的な事例が多く今の私には「ブランド」のほうが、ヒットだった。
    特に印象に残ったのは「未見の我」。自分も他人も知らない自分には無限の可能性が秘められている。「必要は可能である」という言葉を思い出した。出来る出来ない、向いてる向いていないではなく、やらなければならない。ミッションを持った人の情熱は図り知れない。その積み重ねが、他にはない、替わりの効かない存在「ブランド」となる。
    私にとっては人生の指標ともいえる。
    仕事に、自分に迷った時、いつも読み返して、気持ちを新たにしたい。

  • 26.8.31読了。
    スターバックス・ジャパン元CEOの岩田松雄氏のパーソナルブランディングに関する本。
    自分が社会に対して何を為していくのかという、ミッションとブランドは表裏一体だということを話の根底に置きながら、「Aさんと言えばB」というような「自分ブランド」の構築のための心得について書かれている。
    具体的な方法論ではなく、心得であり、岩田氏の経験に対する自己評価、解釈も多分に含まれており、内容はかなり主観的に書かれているように思えたが、幾つかの会社の代表をし、社会に対して「価値」を提供してきた岩田氏の考えや思想の一端を知ることができ、良い本だったと思う。

  • ・社会的な肩書きは会社のミッションを全うするためのポジションに過ぎなく上下はない

  • 元スタバCEOの語る「自分ブランド」の話。
    一番興味を持って読めたのは、「ジョハリの窓」についてでした。

    1.「自分知っている、他人知っている」 共通認識、定評
    2.「自分知っている、他人は知らない」 アピールする必要がある
    3.「自分は知らない、他人が知っている」 フィードバックをもらうべきこと
    4.「自分は知らない、他人も知らない」 未見の我

    2と3が大切ではありますが、やはり、4に期待して、自分を磨き続けてブランド力をつけたいと思いました。

全32件中 1 - 10件を表示

岩田松雄の作品一覧

岩田松雄の作品ランキング・新刊情報

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得を本棚に「積読」で登録しているひと

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得の作品紹介

なぜ、まったく宣伝をしないスターバックスが、人々から「ブランド」として認知されたのか。日本のスターバックスのブランディングを見事に成功させた元CEOが、その秘密を明かしながら、あなた個人の「ブランド」を築くための心得を教えます。あなたの価値を10倍にする渾身の書。

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得のKindle版

ツイートする