パパはジョニーっていうんだ

  • 68人登録
  • 4.22評価
    • (10)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : エヴァ エリクソン  Bo R. Holmberg  Eva Eriksson  ひしき あきらこ 
  • BL出版 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776400462

パパはジョニーっていうんだの感想・レビュー・書評

  • 何年か前に購入した本だが
    「パパとママがりこんしたとき」との関連でここに書いておく。

    これは、両親が離婚して母親と暮らす男の子が、
    離婚後はじめてパパと会い、1日を過ごすお話。

    あたたかでやさしい絵。
    そして、男の子のパパへの思慕が
    ひしひしと伝わってくる文章。

    この本を読み聞かせるたびに、
    私は涙ぐんでしまう。

    「パパとママがりこんしたとき」は、ある意味、
    教育的というか、
    大人の意図が感じられてしまうが、
    同じ離婚を扱ったものでも、
    こちらは子どもの親へのあふれる愛情がテーマになっていて、
    内容的な価値はこちらの方がずっと高く、
    傑作だと思う。

  • 絵本を読んで泣いたのは、久しぶりでした。
    子供が生まれてから、親子が別れるシーンではだいぶ涙腺がゆるむようになっていましたが・・。
    別居したパパと久しぶりに会う男の子。その子の語り口で物語が進んでいきます。タイトルや表紙の絵もそうですが、直接的な記述はなくても、パパと会える喜びやパパへの愛情が、ひしひしと伝わってきます。別れの時間が近づくほど、離れたくない気持ちも増していって・・そして、最後の男の子の表情! 静かに微笑む顔に、両親への愛や悲しい運命を受け入れる強さも秘められているような気がします。

  • 大好きなパパに会えて本当にうれしくて・・・。限られた時間の中で精いっぱいパパを愛して、世界一のパパがいることを自慢したくて・・・ 最後は、どっと涙が溢れます。

  • 資料ID:92142414
    請求記号:726.6||H
    配架場所:国際交流コーナー

  • 忘れられない余韻が今も続く。嬉しい、っていう気持ちがタイトルにも物語にも溢れている。

  • ネットのどこかで見た「泣ける本」で紹介されてたので読んでみたんですけど全く感情移入できませんでした。他の方の意見もおうかがいしたいです。

  • ご飯食べながら食堂で読んでて泣きそうになった。

    図書館で探して、家でじっくり読んでたら、やっぱ泣きそうになった。

    次男に、「こんなんで泣きそうになんの」と言われた。

    息子さんよ、お前もいつかそういう気持ちになるときが来るのさ。

  • 父親と離れ離れに暮らしているティム少年というのは理解していたが、その理由(両親が離婚したようだという背景はあえて話さなかったけれど)小学校2年生の長女にはまだ難しかったみたい。
    でも何か感じるものがあったよう。
    久しぶりに会えた父親と過ごす楽しい時間はあっという間に過ぎて・・・
    最後の絵は後ろ姿なんだけれど、「ティムが泣いているみたい」と話していた。
    夫婦としての関係は終わってしまったとしても、ティムにとってはずっと大切なパパとママ。
    読んでいて切なくなりました。

  • 久しぶりに会う父親との時間、子供のひしひしとした思いが伝わってきて悲しかった。

  • ホットドックを二人で食べてたことしか思い出せない

  • 両親の離婚・・・それは子どもにとってはとっても悲しいこと。たとえ離れて暮らしても、こどもにとってお父さんはお父さん。胸がきゅっと締め付けられる思いです。

  • 切ない。離婚を思いとどまれる1冊

全13件中 1 - 13件を表示

パパはジョニーっていうんだに関連するまとめ

パパはジョニーっていうんだを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パパはジョニーっていうんだを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パパはジョニーっていうんだを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする