ジベルニィのシャーロット

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : メリッサ スウィート  Joan MacPhail Knight  Melissa Sweet  江国 香織 
  • BL出版 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784776400509

ジベルニィのシャーロットの感想・レビュー・書評

  • 『画家にとっちゃ天国だよ』

    20世紀初頭、モネ以外にも多くの印象派の画家たちがジヴェルニーの美しさに魅せられ長期滞在し光を描き続けていた。
    小さな町は夢をみる芸術家達で賑やかだったことだろう。
    そんな彼らの煌めく生活を画家の娘シャーロットが日記で綴った絵本。
    季節ごとの可愛い挿絵そしてコラージュ、さらに画家達の描いたジヴェルニーも見応えあり。

    こんなにもみんなを魅了するジヴェルニーとはなんなのだろう。
    次は、ついに原田マハさんの「ジヴェルニーの食卓」だ。
    私のジヴェルニーへの旅はまだまだ続く…

  • アメリカ人のシャーロットは家族と一緒に、印象派の画家が多く住むフランスのジベルニィにやってきます。
    日記形式をとっており、中の印象派の絵画・挿絵・コラージュ・写真が
    本を素敵に仕上げています。

全2件中 1 - 2件を表示

ジベルニィのシャーロットの作品紹介

1892年、アメリカからフランスのジベルニィにやってきたシャーロット。彼女は、印象派の画家たちが多くすむこの土地をたちまち気に入ります。仲よくなった新しい友だち、覚えたばかりのフランス語、興奮して眠れなかったモネの娘の結婚式。彼女は日々の出来事をみずみずしい感性で日記に綴っていくのです…。史実をまじえながら、数々の名画や、愛らしいコラージュをちりばめたフィクション。

ジベルニィのシャーロットはこんな本です

ツイートする