銅版画家の仕事場

  • 35人登録
  • 4.11評価
    • (7)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Arthur Geisert  久美 沙織 
  • BL出版 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776400844

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デビッド マッキ...
湯本 香樹実
ヘレン クーパー
マージェリィ・W...
エリサ クレヴェ...
ジョン・クラッセ...
アーサー ガイサ...
はた こうしろう
酒井 駒子
レミー チャーリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

銅版画家の仕事場の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [墨田区図書館]

    先日読んだ、「ふわふわブイブイ気球旅行」から借りてきた同じ著者の本。

    この方自身の特徴ある絵は、数冊読んで、その著者紹介を読むことで、「どうやら銅版画家として描かれているからのようだ」ということが判明してきたところにこの本も発見。もしかしたらご自身の紹介かとおもったけれど、おじいさんと孫?の"銅版画家"としてのある日常を切り取った、物語風の絵本。でもきっと、このおじいさん、もしかしたら孫こそがご自身の実際の歴史なんじゃないかな?読者との距離を縮めようとしてではなく、自分の幼少期を描いている気配を感じた。

  • おじいさんとぼくの、年に一度の大仕事、年末大売出し。
    どちらかが欠けても仕事にならない。
    おじいさんとの信頼関係や流れる時間、この工房の漂う空気感がたまらない。
    プレス後の紙をめくる瞬間の、おじいさんの眉間のシワや口角、ぼくのワクワクした表情も共感。
    本棚に保存版がほしい。

  •  モノづくりの工房ってどんな業種でも共通の雰囲気があるなぁ。他ではあまり見かけないような道具が雑然と並んでいると、なんだかワクワクしてくるのだけど、そういうガレージ内部の様子が事細かに描かれています。子供の頃からおじいさんの仕事を手伝い、自身も銅版画家になった作者は、きっとおじいさんが大好きで仕事をするおじいさんの姿を誇らしく思っていたのでしょう。

  • 興味深いお仕事場。

  • 06152

  • その名の通り、銅版画家の仕事場や仕事が事細かに紹介されている。この絵本の繊細な絵は、すべて銅版画というのが素晴らしい。

全6件中 1 - 6件を表示

銅版画家の仕事場を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銅版画家の仕事場を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銅版画家の仕事場を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銅版画家の仕事場を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする