うできき4人きょうだい (グリム絵本)

  • 20人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Bernadette Watts  福本 友美子 
  • BL出版 (2009年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776403357

うできき4人きょうだい (グリム絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 王様、ナイスアイデア!

  • 貧しい家に産まれた四人兄弟。父は息子達が大きくなると自立する為仕事を覚えてくるよう言い渡します。数年後どろぼう・星のぞき・狩人・仕立屋になって四人は再開します。ちょうどその頃 王様のお姫様が、りゅうにさらわれてしまいます。さて四人はどんな活躍をするのでしょう!?   
    グリム童話をホフマンが美しく描いています。

  • グリム原作

    むかし、あるところにお父さんと4人の息子がいました。息子達が大人になると、自立して仕事をするようにお父さんは言いました。4人はそれぞれの旅で出会った師に仕事を教えてもらい、4年後、再会した。
    長男はなんでも盗める泥棒に。
    次男は魔法の望遠鏡を持つ星のぞきに。
    3男は銀の鉄砲を持つうでききの狩人に。
    4男はなんでも縫い合わせる針を持つ仕立屋に。
    4人はお父さんにそれぞれの腕前を披露した。

    そんな時、この国のお姫様が竜に連れ去られてしまった。国王のおふれで、姫を救い出した者には婿に迎え入れるという。
    4人は力を合わせて竜を退治し、お姫様を救い出す。
    しかし、お姫様は一人。
    4人はお姫様と結婚するかわりに、国土の半分をもらい、父親と一緒に仲良く暮らしましたとさ。

  • 2013年9月10日

    <THE FOUR SKILFUL BROTHERS>

  • 2009.5.17

全5件中 1 - 5件を表示

うできき4人きょうだい (グリム絵本)の作品紹介

「これからよのなかにでて、ひとりでやっていけるように、なにかしごとをおぼえてきなさい」とおとうさんがいいました。4人きょうだいは、家をで、みちが4つにわかれたところまできたときに、いちばん上のむすこがいいました。「ここからは4人べつべつのみちをあるいていこう。ちょうど4年たった日に、かならずここであおうじゃないか」4人は、それぞれのみちに、わかれていきますが…。

うできき4人きょうだい (グリム絵本)はこんな本です

ツイートする