たいふうがくる

  • 161人登録
  • 3.71評価
    • (11)
    • (22)
    • (29)
    • (0)
    • (0)
  • 33レビュー
  • BL出版 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776403791

たいふうがくるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • >金曜日、ぼくは悲しい。
    明日は家族そろって海へ行くのに、台風が近づいているから。
    空はどんどん暗くなり、雨も強くなってきて……。
    少年の不安を表すようなモノクロの絵の中で、ただ1色使われた青色が印象的な絵本。
    第25回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作。

    みやこしあきこさん最初の絵本。
    モノクロの絵だけど、色の濃淡であったり、目線の工夫などでそれぞれの絵がとても表情豊かでした。
    台風が来る前の不安感や、夜にかけて雨風が強くなってきて布団にもぐり込んだ経験は子どもの頃何度もあったので懐かしい気がしました。
    夢の中の冒険も素敵でした。

    翌朝目覚めると台風が通り過ぎていて・・・モノクロの中で唯一の青空!
    予定通り家族で海に行けたかな?

  • みにぴ ミク氏 2011.04.23

  • 631
    4y0m
    意外と好きで可愛い
    最初に好きになった白黒の本?

  • 子どもの頃、台風が近づくのに妙にワクワク感があったことを思い出した。
    みやこしあきこさんの出世作。ニッサン絵本大賞グランプリ作品。

  • 夢はかなうよ

  • 図書館で借り。

    こないだの台風で、私の住んでる町内は避難準備情報が出たため。幼稚園も休園だったし、5歳児に台風についてお話するいい機会かな、と思って。

    主人公は小学校低学年くらいの子みたい。「げこう」とかの言葉は少し補足しておいた。

    途中から、台風をやっつける(?)ファンタジーに。モノクロの画面と青空のコントラストが楽しい。

    そういや、私も子どもの頃は台風とかで、停電とかものすごい音がしたりしてた時は、何も手につかなかったなあ。

  • 28年度(4-1)
    3分

  • ≪県立図書館≫
    絵が好き。
    台風の雨音を思い出しながら読んだ。
    お出かけがダメになる残念であきらめきれない気持ちも、思い出した。

  • パーっと開ける場面。色が差し込む。諦めない、立ち向かう。

  • たいふうのワクワク感。無色から伝わります。

全33件中 1 - 10件を表示

たいふうがくるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たいふうがくるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする