くつやのねこ

  • 328人登録
  • 3.82評価
    • (28)
    • (46)
    • (43)
    • (2)
    • (1)
  • 54レビュー
  • BL出版 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776404149

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリー カ...
湯本 香樹実
くすのき しげの...
平田 研也
トミー=アンゲラ...
ビバリー ドノフ...
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

くつやのねこの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 店を閉めようとしている飼い主の貧しいくつやの為にねこは恐ろしい魔物に会いに行くことを決意する。素敵な長ぐつを履いていざ出陣!ねこは魔物と会ってどうするつもりなのだろうか…?
    こういう誰かの為に頑張る話っていいな。しかもこんな小さくて可愛いねこちゃんなら滅茶苦茶応援したくなる♪
    ねこのくるくる変わる表情がいい。真剣な顔、決意の顔、企んでる顔、ガン見顔…。
    魔物のこと怖かったよね。大きなけものを見た時のねこのしっぽ!
    お疲れさま、ゆっくりやすんでね。可愛い寝顔に癒される。愛と知恵と勇気がもらえる絵本。

  • 貧しいくつ職人とねこが暮らしていました。職人はすばらしいくつを作ることができましたが、貧しさから店をたたむといいます。そこで、ねこはある名案を思いつき職人に店一番のくつをつくってもらうことに・・・。

    民話「ながぐつをはいたねこ」をアレンジした作品。
    やわらかいタッチで描かれ、猫の表情も愛らしい絵本です。

  • めちゃめちゃスタイリッシュ

  • あぁ。もう ピンクほっぺがあると なんでもかわいく見えてしまう。
    この猫の顔だけで ☆5つにしてしまうという。
    とっても キュートで うっとり。
    やさしくて あわい色合いも タッチもすきだな。


    読み終わったあとに 裏表紙を見たら
    ここにすべてが 集約されているのねって かんじ。

    長靴をはいた猫と かぶっていると思ったら
    アレンジ版だったのね。

  • 地元の図書館で面陳になってて絵が可愛かったので手に取りました。終始アンニュイな表情の猫でした。
    最後の絵が怖くて気に入ったので、母に話したら、「それ長靴をはいた猫じゃん」って・・・えええ読んだことなかったから知らなかった・・・無知を恥じた・・・

  • イラストの可愛らしさと、お洒落なデザインがページを捲るたびにわくわくさせてくれます。
    猫の知恵に乗せられた魔物の最期が呆気なくて可愛らしく感じました。
    とにかくイラストに惚れました。

  • いまいさんが描くねこが本当にねこらしいです。そして愛らしい。
    民話「長靴をはいた猫」を新しくアレンジしたお話だそうですが、民話を知りませんでしたが、いまいさんの絵本を始めに読めてよかったと思っています。ラストはちょっぴし怖いですが、絵に吸い込めれる絵本でした。

  • 家の近くの靴屋さんに はじめて行ったら、
    待っている間に そこのおじいさんから渡された。

    この人の絵、すごく好き!
    何で今まで知らなかったんだろう っていうぐらい*

    今度、本屋で見つけたら 連れて帰っちゃうかも!
    そして、その靴屋さんも すごく丁寧で良かったー*

  • 2011年12月11日

    <PUSS & BOOTS>
      
    作/今井彩乃

  • 小1の次女のクリスマスプレゼント本。
    長く持っていて楽しんでもらいたいクオリティの作品だと思います。
    次女がどんな反応を示すか楽しみです。

全54件中 1 - 10件を表示

くつやのねこに関連する談話室の質問

くつやのねこを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くつやのねこを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くつやのねこを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする